カテゴリー「浜田省吾」の97件の記事

2010.12.27

懐かしい歌声

日中初雪も降った寒い夜。
繁華街を歩き、ほろ酔いかげんで帰宅した。

お茶の飲みながら、ののさんが録画してあった

「日経おとなのバンド大賞2010」

を、わぁわぁ言いながら観る。
次々登場する、全国から集まった同世代たち。
なんとなく懐かしい感じの音を楽しんでいた。

すると・・・。

東京地区代表の「氏泉風」が登場!

えぇぇ~~~っ!?

とTVの前に駆け寄ると、懐かしい氏原さんの顔がっ!

ビックリしている間もなく、亡くなったメンバーの追悼コンサートをきっかけに再結成したというエピソードが紹介された。

・・・DAVE奥野さんのことだ。


浜田さんのコピーバンドに助っ人で演奏していたDAVEさんは、知り合った当時氏泉風のメンバーだった。
オリジナルCDも作っていて、

”LUMさん、今度ウチのバンドのライブにも来て下さいよー。”

と、デモテープを渡されたことも。

結局行かないままになってしまったけれど、氏原さんの歌を聴く機会は何度かあって、顔位は覚えていた。

それが、こんな形での再会となるとは。


氏泉風は、惜しくもグランプリは逃したものの、優秀賞(準グランプリ)とのこと。
やはり、実力があるバンドなのだ。

DAVEさんも、あっちの世界で目を細めてくれているのかな。
自分も一緒に演奏したかったんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.23

若かりし頃の浜田省吾氏

今年もいよいよ押し詰まって参りました。

一年のうちにあったいろーんなことを思い出しつつ

来年のムフフな予定をあれやこれやと妄想している訳ですが。

おっきなイベントとしてはやはり!

”SHOGO HAMADA  ON THE ROAD 2011
    "THE LAST WEEKEND"アリーナツアー”

まぁ、これに尽きる訳ですけども♪

再会する浜田さんは、おにゅーなサングラスでご登場なのかしらん?
やーっぱカッコいいんだろうなぁぁぁ!!

なんてね。

いえね。

これでも長年ファンやってたりするものですから、
トレードマークのサングラスについても、いろいろ変遷を見てまして。

結構いろんなのがあるのですよ。

ずい分前の、まだ若かりし頃のなんて、

なんと!

かわいいおメメが透けてたりなんてのも!!

うっきゃー♪

てなことを考えてましたら。

見つけちゃいましたよ、またまた!

そんな、若かりし頃の浜田さん!!

そんなまさかって…。

ホントですってば!!








P1030503_2




ゴメンナサイ!!(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.05.20

浜田島Ⅱ

ジャズと歌舞伎に熱中してて忘れそうですが、これ外しちゃあかんやろー!ってことで、「浜田島Ⅱ」初日に行って参りました~♪

P1010502_sp0000

そういやたまたまなんですが、前回横浜で開催された時も初日に行ったんですよね。
今日と同じくな曇り空だったのを思い出します。
FFFついで(仙台でしたが 汗)に帰省しようとしたらの開催だったので、
  ”それは行かねばならぬ~!”
だったのです。

そして今回は、何と大阪での開催。
しかも会場のNAKANOSHIMA BANKSは、我が家の「リビング」から20分かからないような距離。
  ”それは行かねばならぬ~!!”
浜田島が、私に合わせて追っかけてくる感じです(笑)。

てなことで、前回オープン直後は行列だったという話を聞いていたので、シッカリ時間を調整しつつ午後イチで会場入り。
雨上がりで、吹いてくる川風も爽やかです。

P1010501_sp0000

会場は4つの建物に分かれています。
まずはギャラリー。
浜田さんをモチーフにした、ジャケット写真を中心とした作品群です。

P1010497_sp0000

中に入って驚いたのは、横浜の時と展示物はほとんど変わらないのに、会場の雰囲気がまるで違うので、違ったものに感じること。
作品の背後に水が見えていて、しかも明るいというのは、横浜ではなかったことです。
夜になるとまた雰囲気が変わりそうですが、作品の印象も変わりそうです。
ここは2階もあったのですが、たまたま誰もいない空間で鑑賞ができました。

  ”うわー、今、浜田さんに私だけが囲まれてるぅぅ~。”

なーんて、ハーレム状態(笑)。

続いて映像、他のアーティストなどを含む田島さんの仕事、そしてグッズ販売へと続きます。
田島さんのお仕事コーナーでは、田島さん作詞&作曲の作品が流れていました。
歌詞は浜田さんの今までをモチーフにしてある感じですが、歌ってるのは女性アーティスト。
爽やかで素直な歌声、聴いたことがあるような~という声でした。

建物ごとの入り口でチケットを見せての入場ですが、どこから観てもまた引き返したりは自由。
私はさら~っと観て来ちゃいましたが、じっくりゆっくりもOK。

浜田島のblogでも紹介されてますが、会場の目の前にあるリーガロイヤルホテルでは、半券提示で飲食が10%引きになるんだそうです。
たくさんのレストランやバーがあるので、この機会に行ってみるのもいいかも。

ずーーっと前に聞いた話ですが、浜田さんはこのホテルがお気に入りで定宿にしてたとか。
今もそうなのかしらん?

私は前売り券を買って行きましたが、受付でメモリアルチケットを渡されます。
これだけで、何だかテンション上がりますよねー。

P1010506_sp0000

チラシは、中之島駅で見つけて速攻入手したもの。

前回遠くて行けなかった西日本のファンには、待ちに待ったという感じでしょうか。
私はたまたま2回行っちゃいましたが、1回行ったからと迷ってる方にもお勧めします。
会場選びの大切さを、すごーく感じられた「浜田島Ⅱ」でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.11.17

浜田さんがハワイにいた!

「食堂かたつむり」の主題歌の話はあるものの、ツアーやらの話もない浜田さん。
ファンとしてはFeirlifeででもいいから、”お姿”を拝見したいところです。

今って、どんなことされてるのかしらん?
次のアルバムに備えて、曲を書き溜めてたりするのかな。


でもね…。

よく、”合間”の時に海外にいらっしゃった話も聞きますよね。

でね。

見つけちゃったんですよ~。

某サッカー中継なんですけど、バッチリ情報が出ちゃってます。

あ、もちろんですが、

”実は、アヒルなんですよー。”

なんてオチではありません。

ちゃんと”浜田さん”で、間違いないです。

情報が出るまでちと長いですが、わくわく探してねん。


わかりましたよねー?
せっかちな浜田さんファンは、3:20辺りから観て下さいまし。


そっかー…。

そういや浜田さんて、新婚旅行先がハワイでしたもんね。

ナットクナットク(笑)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009.11.07

映画「食堂かたつむり」の主題歌に

予定を全てドタキャン(☆)の、と~ってもクリアな土曜日。
某浜田な友人から、お知らせ一斉メール着信。

映画化が決まっていた「食堂かたつむり」の主題歌について、スポーツ報知に記事が出たそうです。

で、ちょいとぐぐってみたところ・・・。

浜田さんの方の会報にはなーんも出てなかったんですが、ポルノグラフィティのファンクラブ会報には、曲名やカップリング曲までシッカリ出ていたのだそう。
・・・情報遅いよ、ロースカ(ぼそ)。

それによると、映画の主題歌は「旅せよ若人」。
何だか昭和な雰囲気のタイトルですが、作詞は当然ながら春嵐さん。
浜田さんが作曲とコーラスで、ボーカルが岡野さんというFairlifeスタイル。
カップリングの方は、浜田さんボーカルで「てがみ」という曲だそうです。

既に試写も終わったとのことで、公開は来年2月。
私、実は原作未読です。
内容も、ウワサレベルしか知りません。
やっぱり買っておこうかな。
昨日、ブックオフで見かけたし♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.05

再会、また再会

ライブが終わったらオフ会という名の、打ち上げ大宴会。
会場そばの居酒屋さんに、延べで50人位いたんじゃないかしらん?
とりあえず、すんごい人でした。
まー、いつものことだけどね。

仙台のオフ会って、何年振りだろう?
とりあえず、浜田さんのツアーではむかーしみちのく杜の湖畔ライブに来たきりなくせして、オフ会では何度も来ている本末転倒な私。
仙台でしか会ってない関東の方も多く、この日もそんな方たちとたっくさんの再会を果たしました。

久々なだけに、

名前は覚えてるけど、顔が~

とか
ご挨拶はされたけど、誰だっけ?

な方もいたりして。
徐々に記憶は蘇ってはきたけれど、ほーんと人の名前を覚えるのが苦手なんですよね。
ポカン顔を見せちゃった皆様、本当にすみませーん。

受付と同時にハンドルネームと住んでる都道府県を書いたネームカードを渡されて、それを胸に貼ってたんですが、かなりの人が私が大阪にいるってことに驚いていました。
ライブ最終日だったし相変わらず関東組は多かったですが、静岡以西の方は見かけませんでした。
まー、そりゃね。
”どこでもLUM”ですから、しゃーないですわ(笑)。

それからせっかく浜田島初日経由で行ったので、

そんなアホなヤツぁ私だけやろー

とばかりに浜田島限定Tシャツを着てったのですが、そんなアホが何人もいて(神奈川からいらした方もいますからね)ビックリでした。
そういやFFFの時、浜田さんが私をじぃぃと見てたように思う(←思い込み?)のですが、多分Tシャツが目についたんでしょうねー。

居酒屋では、更にビックリな再会が。
某知り合いと話していたら、隣で聞いていた女性が、

”あのー、さっき、隣の席でしたよね!?”

ええええー?と顔を見たのですが、隣の席の方の顔なんて見てないですよー。
でも彼女は、多分私のTシャツを見てわかったんでしょう。
ライブ中、どこから来たか調査(そういや年齢調査はなかったなー)があったんですが、彼女は宮城からのところで拍手されてたので、オフ会に誘ってみようかな~と思いつつそのままにしちゃってたのです。
いや~、ここで会えるとは思いませんでした。


その後、カラオケ屋さんに移動。
一曲目は、この曲。

P1130223

仙台に集まったメンバーにはかなり思い入れのある曲で、ちょっとウルッときちゃいました。
もちろん、盛り上がる曲では何人もの女性が椅子の上にあがっちゃうのは相変わらず。
懐かしく、そしてやっぱりちょっぴり哀しかった仙台の夜でした。
みんなー、また、元気で会おうね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.04

100%FAN FUN FAN最終日

そんなこんなで今回の旅の第一目的、FFFに行って来たわけです。
4月下旬にスタートして、2か月ちょっとかけて15公演目。
自分の名前が入ったチケットとファンクラブの会員証、それに身分証明書の3点がないと入場できないシステムで、転売やら重複参加やらを少しでも食い止めようというしてました。
メンドーだったけど、まぁ、仕方ないですね。

席番も、入場する時にチケットをかざすとにゅーっとレシートみたいなのが発券されてきます。
ふつーだったらチケットが入手できた時点で席番がわかってるのですが、今回はその時までわかりません。
更に私は仙台でのライブを観るのは、なーんとみちのく杜の湖畔公園で観て以来約20年ぶり!
浜田さんの仙台でのホールコンサートには、来たことすらありませんでした(←ふつーはないのか 笑)

当然この会場も初めてで、しかもわかりにくい造りのホール。席番を見てもどこなのかわからず、座席表を見てもやっぱりよくわからず…。
座席に付いている番号をひとつずつ確認しながら探して行くと…

あれ?ここでいいの?うっそぉぉぉ!!

ってな席に。
長いことあちこちしてますが、今までで一番の席じゃないかしらん。
すんごいビックリしちゃいました。

ごめんねー、地元の皆様。
私が当選しちゃったおかげでおあぶれちゃった方もいるだろうなーと思うだけで申し訳なかったのですが、更に…。
お許しくださいまし~。

興奮状態の私の耳にその時入って来たのが、なんとここ5年ほど頻繁に聴いている”ALL OF ME”。
客入れの曲って大抵はPOPS系の曲ですが、さすがに今回はスペシャル♪
私の大好きなビッグバンドジャズがずーっと流れていて、幸せな気分でした。


オペラでも観るような雰囲気のゴージャスな幕が左右に開いて、いよいよ開演。
向かって左サイドに黒系でキメたバンドメンバー達、右サイドに白系でキメたストリングスの皆さん。
あちゃー、譜面台だらけでミュージシャンの顔が見づらいです~。

第一バイオリンは、久々にお顔を拝見した矢野晴子さん!
んーーー、本当は第一バイオリンは金子飛鳥さんのはずで、楽しみにしていただけにちょっと残念でしたが、浜田さんファンにとっては矢野さんの方がしっくりくる感じもあったかも。

1曲インストがあって、いよいよ浜田さん登場~。
なぜか(後で説明がありましたが)、浜田さんだけいつもと同じジーンズ姿でヘンでした(笑)。
曲は’70~’80年代の曲中心にレアな曲がたっくさん盛り込まれ、ミックさんのコントラバス演奏なんていうこれまたレアもんを拝聴できちゃった盛りだくさんぶり。
オシャベリやら映像やらが多かった今までのFFFとは一線を画した、とっても音楽的な、そしてスペシャルな構成でした。


良かったなぁ、今回みたいなのが私は好き。
派手なパフォーマンスやら寸劇やら長いおしゃべりやらは、楽しいけどね。
できれば、次はジャズアレンジ編をお願いしたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナイショナイショ

仙台に着くと、ホテルに荷物だけ預けてとりあえずライブ会場に行ってみました。

今回の旅の目的は、浜田さんのファンクラブイベントです。
まさかと思いながら第一希望を最終日にしてみたら、ラッキーにも当たってしまったのです。
地元の方の中で外れてしまった方もいらっしゃるかと思うと申し訳なく思うのですが、久々に仙台の仲間たちにも会いたかったので当たって本当に良かったです。

降り出した小雨の中を歩いて行くと、10分ほどで到着。
7月の予定表があったので見てみると、あららー、7月4日のところは真っ白です。

P1130211

いわゆる通常のライブではないので、他の会場でもあんまり表示とかしてないみたい。
行った人もWeb上で書き込みしたりは禁止の、ナイショナイショのライブなのです。
そのせいか、東京の会場だったJCBホールでは、間違ってドームに野球を見に来たオジサマが列に並んじゃったなーんてこともあったそうです(笑)。

でも、階段を上ってホール入り口にはちゃーんとポスターが。

P1130213

なんだかホッとしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.03

浜田島初日

浜田島の初日に行ってきました。

2009070303

なーんて書くと、

”相変わらずだねぇ。”

って言われちゃいそうですが、たーまたま仙台に行く用事があって実家前泊の予定でいたら、たーまたまその日がそーんなイベントの初日だったんですよ。
え?言い訳がましい?(笑)


せっかくだからと大阪に引っ越す時に忙しくって会う時間が取れなかった友人2人と待ち合わせ、3人で鑑賞。
後で聞いた話ではオープン直後はかなり並んだそうですが、午後遅い時間だったせいかそんなこともなく、すすっと入場し、じっくりゆったり観ることができました。

友人たちとも話したのは、

”これは、浜田さんをモチーフにした田島さんの作品展”

だってこと。
もちろんアルバムその他でお馴染みの作品がメインな訳ですが、特にアートっぽい作品が多かったように感じました。

浜田さんの写真って、私たちはステージの写真もたくさん観ているわけで、やはりそちらとは一線を画しています。
スナップ系ではなく、企画して造りこんだ「作品」なんだなぁというのを、あらためて感じました。
絵コンテがあったり、写真を元にした大きな油絵があったり、空いていたので少し離れた場所からも鑑賞することができて、とても良かったです。

今回は、特にグッズのレベルが高く、普段はほとんど買わない私も、図録、Tシャツ、ポストカードにペンまで買っちゃいました。
特に、図録はずっしりと重くて大充実。
旅の途中に買うにはちょーっと辛かったですが、それだけの価値はあったと思います。

他の方の話を聞くと見逃してる部分もあったようなのでできればもう一度行きたいとこですが、

”でも、そりゃ無理だぜ!”

なのでした(汗)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.19

夢のお告げ

ネットで詳細を書くのは禁止なので詳しくは書けませんが、浜田さんのファンクラブイベントが今全国で行われています。
既に行っている友人たちからの話だと、今回もかなり楽しめそう。
私はこれからなんですが、今からワクワクしています。

ところで。

今回のイベントはファンクラブ会員限定ということもあってか、かなり入場チェックが厳しいみたいです。
もちろん一人につき一枚しか買えないチケットには、何と名前まで印刷されています。
そして驚くことに、席番が印刷されていません。
これは転売防止ってことなんでしょうねー。
浜田さんのライブチケットは超プラチナチケットなので、転売されるケースも多く、当然席によって金額も跳ね上がります。
関係者さん達、いろいろ考えたんですね。

そして入場の時には、前にもあったんですが、このチケットの他に会員証と身分証明の提示が求められます。
この会員証ってーのがクセ物で、すんごいおっきくてパスポートより大きなサイズで携帯不便なシロモノ。
前のはクレジットカードのケースに入れて持ち歩いてたんですが、そうなると持ち歩けないのでしまいっきり。
お引っ越しの時に他と紛れてしまわないように、かなり気を使いました。

実際いらした方たちの話を聞くと、身分証明を忘れたり会員証を忘れたりして入り口でスッタモンダした方もいらっしゃるらしく。

明日は我が身だー、忘れないように気をつけなくっちゃ!

と思っていたら、会員証を忘れて大騒ぎする夢を見ちゃいました(滝汗)。
夢のお告げだと思い、早速チケットと一緒にしまうことに。

イベントまでもう少し。
楽しみ楽しみ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧