« 2011年1月23日 - 2011年1月29日 | トップページ | 2011年3月13日 - 2011年3月19日 »

2011年3月6日 - 2011年3月12日の1件の記事

2011.03.12

揺れる日本で

昨日の地震は本当に凄かったですね。
2つの大地震が続けて起こったことにも驚くし、東北で起きた地震で大阪の我が家までかなり揺れたことにも驚かされます。

あ…今もまた余震が…。
昨日からずっと、地震酔いの状態です。
遠く離れた私ですらこんなですから、現地の方たちはどんなにかと思います。

そして今回の地震は、首都圏での震度がかなり大きかったことで更に広く報道もされたように思います。
東京に暮らす家族や友人も、多くが被災。
母と妹も「帰宅難民」となりました。

日中出かけていた母は、私とは電話が繋がらなかったとかで、私は妹からのメールで無事を知らされていました。
でも、実際に声を聞くまではすごく心配で…。
ようやく動き出したバスで帰宅したのですが、家に辿りついて電話が来たのが深夜1時過ぎ!
乗るまでに2時間、乗ってから2時間半かかったそうです。

駅にはたくさんの方が押し寄せていたでしょうし、寒い中、そして余震が続く中で皆さんさぞ不安だったと思います。
母もたった一人で、心細かったに違いありません。

ところが帰宅した母の声は、思いの外はずんでいました。
もちろんとても疲れてはいたようですが、帰るまでに多くの方に親切にしていただき、助けられたのだとか。
バスに乗る時も、満員で次にされそうだったのを前の方が代わって下さり、先に乗せてくれたそうで。
こんな時に、本当に有難いことです。

一方妹は、母にも言われたとのことでそのまま会社に。
同僚と3人で会社の応接室に泊ったそうですが、ちょっとしたお泊り会状態で楽しげでした。

と言うのも。
何と取引先の方が、わざわざ差し入れを持って来て下さったんですって。
エレベータも停まったままのビルの10階まで階段で!
食べきれないほどの差し入れがテーブル一杯に広がる前で、ニヤついてる写真が送られてきました(笑)。

なんのパーティーだよ(笑)。

でも本当に、有難い。
何もできない自分が歯がゆいばかりですが、助けてくれた皆さんひとりひとりにお礼を言いたいです。
ほんと、涙が出ます。

被災者とは言え東京の母や妹はのんびりしたものだったようですが、東北の方々は遥かに悲惨な状態が報道されています。
哀しい報道も繰り返されています。

まだ揺れ続ける日本。
こんな時こそ力を合わせていきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月23日 - 2011年1月29日 | トップページ | 2011年3月13日 - 2011年3月19日 »