« 揺れる日本で | トップページ | 静岡の親友から »

2011.03.14

仙台駅の惨状に

地震による、特に東北地区の惨状は目を覆うばかり。
あまりに酷い映像ばかり流れてくるので、時々TVをお休みして音楽を聞いたり、録画してあった番組を観たりもしてます。
悲惨な報道を見続けることは、精神的にも良くないのだそうです。

東北地区には浜田さんのファンを中心に、たくさんの仲間が住んでいます。
何人かは無事が確認されましたが、全てではありません。
誰かが住んでいた街の被災状況が報道されると、どうしているかととても心配な気持ちになります。
きっと大丈夫だと自分に言い聞かせてはみるのですが、確信は持てません。

そんな中。

被害を受けて立ち入りが禁止されている、仙台駅の映像が公開されました。
あまりにも酷い…。

言葉を失いました。

仲間たちと待ち合わせた玄関ホール、わくわくと降り立ったホーム、遊び過ぎて新幹線の時間にギリギリになり、地元の仲間に先導されて必死で駆け上がった階段…。

懐かしい景色の何もかもが一変しています。
コンクリートが崩れ、中の鉄骨がむき出しになり、砂埃が舞っていました。

地下鉄が復旧したというニュースもあり、少し光が見えていると感じていただけに、本当にショッキングな映像でした。

また元の日常生活に戻れるまでは、かなりの時間が必要かもしれません。
でも、少しずつでも希望を失わずに前に進んで欲しい。
私も微力ながら、何かのお手伝いができたらと思っています。

|

« 揺れる日本で | トップページ | 静岡の親友から »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/51118278

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台駅の惨状に:

« 揺れる日本で | トップページ | 静岡の親友から »