« 2009年5月31日 - 2009年6月6日 | トップページ | 2009年6月14日 - 2009年6月20日 »

2009年6月7日 - 2009年6月13日の8件の記事

2009.06.13

グリーンブルグ・バウムクーヘン

公園の帰り道に、雑誌か何かで見たことがあるバウムクーヘンのお店の前を通りかかったので、オヤツで買ってみました。

2009061302

買ったのは、プレーンと抹茶。
優しい味でした。

もう閉店時間が近いのか、売り切れちゃってるのもありました。
大人気のお店らしく、私の前のお客さんは車でわざわざいらしてホールで購入。
すごいなぁ。

カフェも結構広そうですが、お休み中みたい。
再開したら、行ってみたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪城公園をお散歩

今日は、大阪に来てから初めて美容院に行ってきました。
東京では10年以上ずーっと同じ方にオマカセだったのでほんっと困っちゃったのですが、とりあえず最寄に(汗)。
終わってそのままランチにと思ったのですが、お天気も良かったので、サンドウィッチとコーヒーを買って、大阪城公園まで行ってみました。

公園内に入ると、何だかすごい人!
それも若い女性がうじゃうじゃいる~。
なんでしょ?と思ったら、東方神起のコンサートでした。

P1130066

うひゃー!

人波をかいくぐり、天守閣を眺めながらコーヒーを飲んでいると、どこかからギターの音。
広い広い公園だし、やっぱりみんな、音楽を楽しんでるんだなぁって嬉しくなったりして。
ということで、食事を終えると音のする方に行ってみました。

すると、野外音楽堂があって、なーんとハナレグミがリハ中。
既にたっくさんの方が、会場の外でリハを聴きながら開場を待っているのでした。
そっかー、私もこっちに越してくることもなければ、大阪城といえば城ホールってイメージだったもんねぇ。

その後もぐーるぐると歩き周っていると、突然噴水があったり、広い梅園があったり、記念碑があったりと、さすがに多くの歴史を経てきた場所だけあって、見どころは満載。
でもやっぱりここまで来たら…。

P1130052

ここ、行っとくしかないでしょ!!

いきなり最上階まで上がって階段で下りてくるってーのは、確か海遊館も同じだったかと。
大阪は、どこもそうなのかしらん??
ともあれ、歴史紹介も結構凝ってあれこれ作ってあるし、ゆかりの展示品もたっくさんあって、夕方行っちゃったので時間がちょっと足りなくなって残念でした。
まだまだ知らないことがたくさんの大阪、まだまだ勉強しなくっちゃ。

そうそう、帰りにののさんが興味深げに石垣を見上げているのでどうしたのかと思ったら、これでした。

P1130060

逞しき、生命力~。
んにしても、お城と多肉植物の取り合わせって…(汗)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.06.12

スタジオパークから仁左衛門

何とな~く鼻が利いてネットのテレビ番組表を見てみたら、NHKの”スタジオパークからこんにちは”という番組に、片岡仁左衛門さんが出演されるとの記載が!
それは見逃しちゃいけないでしょ!ってことで、携帯のアラームを設定し、5分前にはスタンバイしました。

いつもは生放送の番組ですが、今日は録画。
今日この時間は、仁左衛門さんは歌舞伎座にご出演中なのです。

お話はこれまでのご活躍や苦労された話、お孫さんの千之助ちゃんのこと、来年建て替えられる歌舞伎座の思い出など、いろいろVTRを織り込みながら盛りだくさんでした。

かなりコーフン気味の女性アナウンサーのつんのめり気味な質問や感想に苦笑したりしつつ、いつも通りのやんわりとした笑顔の仁左衛門さんでした。

話題にもなっていた”女殺し油地獄”は、先日私も観てきたばかり
ご本人にはいろいろ思いもあるのでしょうが、この演目は確か仁左衛門さんでしか観ておらず、他の役者さんでというイメージがわかない演目です。
”一世一代”と銘打ってはありますが、前回も”これが最後”というお話だったそうで、ファンとしてはできれば再演をとコッソリ思ってしまいます。

問題は、相手役、かな。
やっぱり理想は、玉三郎さんなんですよねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.10

ミナミあちこち

せっかく松竹座に行ったので、あーんまり一人では出かけない”ミナミ”を、あちこち歩いてみました。

実は、観劇前にもかーなりさまよいつつなんばで一軒お目当てのお店をチェックしてきたのですが、さすがになんば駅は広い~。
なんとなーく知ってる名前のビルもあったし、何度か通ってるところはあったんですが、ひとりで歩くとなると全然違いました。
ここを全部把握するのは、池袋駅近辺を把握するのと同じくらいスゴイかも。

観劇後に向かったのは、南堀江。
東京では”インテリアストリート”沿いのマンションに住んでいた私ですが、この界隈も関西版のインテリアショップ密集エリアなのだそうで、あれこれ買いたい物もあるので一気にチェックするつもりで歩いて来ました。
まぁ、今回はなーんとなく歩いてみるつもりで、地図も持たずに特に詳しい下調べもせずに行っちゃったのですが、基本は古いビル街なのに思っていた以上に素敵なカフェとかが多くって嬉しい発見がたくさんありました。
次は、カフェ目当てで行ってもいいかも。

一通り歩いて心斎橋方面に向かうと、すぐにアメリカ村。
小さなお店がひしめき合って、東京で言うと竹下通りを思わせる雰囲気です。
御堂筋を超えれば大丸、そごうという大きなデパートがどどーんと。

ちょこっと歩くだけでいろんなジャンルが楽しめて、それだけにいろんな人が歩いています。


この夏には閉店が決まっているそごう本店に入ってみると、入り口には閉店セールのポスターと店長さんのご挨拶ボードが並んでいました。

2009061010

全国で閉店するデパートは多いですが、これだけ大きなデパートの本店が閉店してしまうのは、かなり珍しいケース。
大阪初心者の私でも、ちょっと淋しい気がしますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

市川海老蔵 特別舞踊公演(道頓堀・大阪松竹座)

前々から行きたい行きたい~と思っていた道頓堀の松竹座に、海老蔵さんの公演でようやく出陣。
海老蔵さんの出演はもちろんチェックしていましたが、舞踊公演だけだしなーって思っていたら”にらみ”があるってことで、そりゃー行かないと!ってね。

劇場のある場所が場所だけに何度も前は通っているけど、あらためて見るとさすがに歴史を感じさせる建物です。

2009061002

斜め前には、道頓堀名物のひとつも見えます。

2009061004

んにしても、”千秋楽”の紙を張り出すのが開場直前ってーのは、どうなんでしょ?

2009061006

■ 保名(やすな)
恋人の死を嘆くあまりに気が狂ってしまった男性が、その恋人の小袖を手にふらふらとさまよう様子を清元が歌いあげる作品。
いつも愛用しているイヤホンガイドはなく、チラシにもあらすじなし。
毎月の歌舞伎座公演では必ずもらっている抄本もない上に、パンフレットも買わなかったので、どういうじょうきょうのお芝居だったか記憶をたどりつつ鑑賞してました。
美しき二枚目さんがお決まりとなっているのですが、海老蔵さんはピッタリ!
荒事で有名なお家柄ですが、この方はこういう線の細ぉ~い役も難なくこなしてしまいますねぇ。

一幕終わって、早速お弁当。
と言っても12時開演だったので、結構お腹空いちゃいました。
どうしようかと迷ったんですが、初めてだしってことで開場前に予約購入。
3階席と言いつつ5階にある客席から1階のロビーまで降りてお弁当とお茶を受け取り、また上へ…。
途中、1階席ロビーの椅子が空いていたので、そちらで急いでいただきました。

2009061008

歌舞伎座でも3階席からだと遠いんで、地下食堂には行かなくなっちゃったんですが、5階から1階また戻って~は大変かなぁ。
次は別の対策を考えなくっちゃ。

■ 雷船頭(かみなりせんどう)
一幕目の優男がピッタリと思った海老蔵さん、粋な江戸っ子船頭さんもまた素敵ー!
本当に、どんなお役を演じても似合っちゃうのはすごいなぁ。
ってことは、ここは隅田川なんだろうなぁと思っていたら、登場したのが雷さま。
あー、やっぱりねぇ、などと思いつつ、コミカルな踊りとやり取りを楽しみました。
この雷さまの役って結構難しいと思うのだけど、チラシその他には役者さんのお名前なしでした。
大部屋さんだったのかもだけど、好演だっただけにお名前知りたかったな~。

■口上(こうじょう)
続いて、お待ちかねの口上。
これって、口上だけは最初からあったものだったのかしらん?
数日前には橋本府知事もご覧になったのだそうで、ニュースで見たけどえらく感激されてました。
もちろん、場内を埋め尽くした大阪のおばさま達も大感激の大拍手!
え?もちろん私もですともさ♪
インフル騒ぎも一応の落ち着きを見せているし、このままずーっと沈静化してくれるといいですよね。

■歌舞伎十八番の内 七つ面(ななつめん)
”歌舞伎十八番”に入っていながら長年上演されていなかったのを、今年のお正月に新橋演舞場公演で海老蔵さんが舞踊として復活させたのだそう。
私も観るのは初めてでしたが、いろんなお面を次々付け替え、それに応じてガラリとそのお面のお役になってしまうのには目を見張りました。
最後には早変りもあって、客席をさーんざん沸かせて幕。
拍手がしばらく鳴りやみませんでした。


ん~~~、なんだかんだ言っても、やっぱり海老蔵さんって、すごいわぁ。
また関西公演、今度はお芝居公演で来て欲しいです。

帰りにロビーで、鎌倉権五郎景政を発見しました。

2009061009

脇にあるお知らせとセットで見ちゃうと、今回の公演を象徴するようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.09

梅雨入り

気象庁の発表によると、大阪も梅雨入りしたようです。

確かに、朝からど~んより。
空気が重たいです。

朝、”梅”ジャムを食べた後だったので、何だか可笑しかったです。
やっぱり、梅の季節ってことですね。

雨は嫌いじゃないけど、ベランダからのキラキラした眺めが変わっちゃうかな。
新しい発見もあるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅ジャム作りました

先日小石川植物園に行った時に、入り口に
”ご自由にお持ちください”
と置いてあった梅で、ジャムを作ってみました。


2009060901


まだまだ完熟ではないので、かなり青みがかった色。
苦味もある、大人の味です。

作っている途中でののさんが仕事から帰ってきたので、

”これからまだ、お砂糖を足すんだけどね~。”

と言いつつ味見してもらったんですが、
”これはこれでえぇんちゃう?”

ってなことだったので、お砂糖は足さないことに。
その都度好みと気分でハチミツを足して、甘みは調節します。

今日はトーストに塗って、その上から少しだけハチミツを垂らしました。
あとで、プレーンヨーグルト買ってこようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.08

人生大逆転の歌声

今朝、「とくダネ!」に、ポール・ポッツさんが出演していました。

イギリスのオーディション番組に出演し、さえない中年男の大活躍で世界中を沸かせてから、もう2年以上が経ちます。
最近また、同じ番組に今度は女性が登場してさらに大騒ぎですが、こちらが元祖というところでしょうか。

今回の来日はツアーではなくて、丸ビルで行われるイベントへの出演がメインだそう。
テレビ番組で歌うのはもちろん唯一だそうで、オーディションの時にも歌われた、オペラの名曲”誰も寝てはならぬ”と、なーんとポップスのスタンダード曲”青い影”を歌っていました。
オペラの曲はさんざんテレビなどで放映されて聴いていましたが、”青い影”はちょっと意外。
もちろん素晴らしい歌声で、聴けてラッキーでした。

携帯電話販売員だって立派なお仕事ですが、夢を叶えて世界中で活躍している今の姿はまさに人生大逆転と言っていいと思います。
イベントは明日ですが、きっとたくさんの人が並ぶんだろうなぁ。


ところで。
今回はそんな訳で東京のみの滞在らしいのですが、番組中ちらりと聞こえたインタビューのお答えによると、
”大阪にも行ってみたい”
と言っていたようで。


大阪?

たこ焼き食べたい?

吉本見たい?

道頓堀を歩きたい?

それとも…


私に会いたいのかしらん?(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月31日 - 2009年6月6日 | トップページ | 2009年6月14日 - 2009年6月20日 »