« 夜もサプライズ! | トップページ | 「恋のうたがきこえる」がまだ聴けない »

2009.01.26

映画「禅 ZEN」

中村勘太郎クン主演ということもあってと~~~っても気になっていた、「禅 ZEN」を観て来ました。

全体にすべからく流れている、とにかく清廉でストイックな空気の中、勘太郎クンの熱演ぶりは本当に素晴らしかった~。
そしてまた、乱世と言う言葉が余りにも似合ってしまう鎌倉時代に、暴力や権力を使うことなく人の心を穏やかにさせる人がいたのだということをあらためて知り、深く感動してしまいました。
道元の成長と共に勘太郎クン自身も成長しているようにも思えましたが、元々歌舞伎役者さんだけあって姿勢や所作が本当に素晴らしく、ピッタリなお役。
他の役者さん達も舞台役者さんが多く、それぞれの気迫が感じられるような、静かで熱い映画でした。
特に、北条時頼役の藤原竜也クンはさすがでしたね。

ところで。
どーでもいいことなんですが、寂円、そして源公暁役の役者さんて、某漫才コンビのボケ担当氏にすんごい似てるんですよ。
かなりシリアスなマジメ~な映画なんですが、最後まで
”これって、あの人じゃ???”
ってそればっかり気になってて、エンドロールをガン見しちゃいました。
全然違う方でしたけどね(笑)。

|

« 夜もサプライズ! | トップページ | 「恋のうたがきこえる」がまだ聴けない »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/43866870

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「禅 ZEN」:

« 夜もサプライズ! | トップページ | 「恋のうたがきこえる」がまだ聴けない »