« 2008年2月3日 - 2008年2月9日 | トップページ | 2008年2月17日 - 2008年2月23日 »

2008年2月10日 - 2008年2月16日の5件の記事

2008.02.16

黒門燈

バレンタインデーのプレゼントとして、今年はののさんのリクエストでふぐを食べに行くことにしました。
前にも行った青山のお店でもいいなぁと思ったのですが、予約間際にたまたま知ったお店が中々良さそう。
ということで、今回はそちらにしてみました。

青山通りからほんの少し入った高級住宅街の、落ち着いた佇まい。
店名の入った明かりも、とっても素敵です。
2008021611
ドキドキしながら中に入ると、中も高級感がいっぱい。
着物の女性が出迎えてくれ、半個室になったテーブル席に案内されました。

で、まずはいぃ~香りのヒレ酒。
2008021602
普段は日本酒はほとんど飲まないし、飲んでも冷酒ばかりですが、これだけは別です。

そして、いよいよお料理が運ばれてきます。
にこごりなどの前菜の後、ふぐ刺し。
2008021604
素晴らしく歯ごたえが良くって、二人とも思わず笑顔になっちゃいます。

そして、とっても楽しみにしていた白子の茶碗蒸し。
2008021605
もー、とろっとろ!
上に薄く切った皮の入った餡がかけられていて、そちらが旨味をUPさせています。

目と味とでた~っぷり楽しみながら、ついついお酒も進んじゃいます。
珍しくののさんも追加でビールをオーダーしたので、それならと私もワインいただいちゃいました♪

から揚げの後、籠に入れられた具が運ばれてきていよいよお鍋。
2008021607
皮を使ったコラーゲン鍋を、女性スタッフが手際よく作っていってくれます。
料理長から直々にトレーニングを受けて、合格しないとやらせてもらえないとか。

最後はお雑炊にしてお腹パンパン状態でしたが、もちろんデザートは別腹です。
2008021610
あ~、抹茶のアイスねーと思ったらさにあらず。
なーんと玄米茶のアイスでした。

最後の最後までサプライズの連続で、すっごく満足感の高いお料理でした。
また行きたい~!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.15

ドラマ・死ぬんじゃない!

一年前に自殺しようとした女性を助けようとして殉職された、宮本警部のドラマを観ました。

現場となったときわ台には母の実家があり、幼い頃からとても馴染みのある街です。
私も20年位ときわ台やその近辺に住んでいたし、当然ながら事故の起きた踏み切りも宮本警部が勤務されていた交番もよく知っています。
ご主人が親しくされていた様子が何度となく出てきた焼き鳥屋さんは今は改装中で移転していますが、元々は交番のまん前にあって、とても美味しいので時々買いに行っていました。
いろいろと辛い事故は多いですが、周りの状況がわかるだけにこの事故は特に辛かったです。

自殺しようとした女性を一人では止め切れずに今回の悲劇となった訳ですが、実際そういった場面での力というのは、例え女性といえども凄まじかったのでしょう。
以前総合病院に勤めていた時に精神科に通院していた若い女性患者さんが暴れてしまい、男性職員が3人がかりでようやく取り押さえたことがあったのですが、本当にものすごい力だったそうです。
誰か一人でも手助けしてくれていたらとも思ってしまいますが、中々そうはいかないですよね。

ただ、ご遺族には本当に本当にお気の毒でなりません。
どんなにその勤務ぶりを褒められても、その行動を絶賛されても、家族にとっては運動が苦手で不器用だけど優しい普通のお父さんなのです。
ドラマでは随所に実際の写真や映像、ご遺族の姿やメッセージが織り込まれており、更に涙を誘いました。
このことが注目されて人々の意識や助けるためのシステムが向上し、自殺者が減ったり事故が減ったりするならそれはそれで素晴らしいことですが。

あらためて、宮本警部のご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LE BIHANのパン

少し前にリニュした大丸東京店は、お惣菜やパン、スウィーツ系が大充実しています。
前にも一軒行っているのですが、実はその時通りかかったお店にちょっと気になる方がいらっしゃいました。

それは、LE BIHANのルビアン・ミッシェル氏でした。
とっても優しいあったかな目をして、たくさんのお客様を見つめてらっしゃって、その時はあまりの人の数に諦めてしまったのですが、少し落ち着いたかな~と行ってみたのです。

たーくさんの品揃えのショーケースの中、厳選に厳選を重ねたのがこちら。
2008021614
ひまわりの種のパンが、特にお気に入り。
ルビアン氏のあったかさが伝わってくるような、心がこもったパンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.14

ハリネズミを食べちゃった!

久々に学芸大学のm-sizeに行って来ました。
久々だったこともあり、見たことのないパンもいくつか並んでました。

その中のひとつに、思わず目が釘付けにっ!!

2008020601

何とこれ、ハリネズミだそう。
その名も、ハリー!
…安易だ~(笑)

デイリーで出しているパンもあるのだけど、決まった曜日にしか出さないのもあるそうで、こちらは水&木曜限定。
いつもは金曜に行くことが多いので、だから今まで知らなかったのですねー。

食べてみると、ピリリとスパイシー。
なるほど~、ハリネズミのハリな感じなんですね。
中にはスモーキーなソーセージが入っていて、ボリュームもまずまずです。

それにしても、つい最近ノアールのライブで「ハリネズミのワルツ」を演奏する時にジプシーがハリネズミを食するという話が盛り上がったばかり。
その時は、えー!?って思ったのですが、こんなに早く自分が食べることになるとはー(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.10

完全復活だぜ、べいべー♪

「忌野清志郎 完全復活祭」と題して、あの”いつもの”武道館にキヨシローが帰ってくるってんで、いぇい♪と行って来ました。
ガン告白から約2年。
ついこの前もNHKでほんのちょこっとの番組だったけどライブで歌う、前とおんなじなキヨシローの姿が見られたけど、本当に武道館でできるんだなぁって感慨深いものがありました。

即日完売のチケットに更に立見席を追加したということで、武道館の周りは人だらけ。
とにかくみーんな(私もだけど)あちこちで写真も撮ってるし、グッズ販売の列はすんごい行列になってるしで、ホントに大騒ぎ。

で、タイトル看板。
2008021001
いいねー。
これって、本人の字でしょ。
絵も描ける人だし、ホント才能の塊だわ。

でもって、お花もすんごい。
2008021002
事務所系や放送局関係、それから及川ミッチーとか大竹しのぶさんとかのミュージシャンや俳優さん、とにかくいろーんな人からのお花がズラリ。
さすがですね~。

入場する時には、なーんと快気祝いもいただきました。
2008021003
こういうベタなのが、またいいですよねー!

席はステージの後ろっていう楽しい席だったのだけど、こっちを観て盛り上がってるアリーナも一緒に観られちゃうし、何よりステージにめっちゃ近い。
私は2階だったけど、1階だと本当に目の前でキヨシローが歌ってるのです。いいなー。
本人も途中で、
”近いな。話できちゃいそうだな。”
なーんて言ってましたが(笑)。

曲は、もう20年近くちゃんとしたライブに行ってなくてアルバムも聴いてないヘタレな私でもわかるような曲がたくさんあって感動&感激の連続。
1曲目が始まった時に
”えー?何これ、知らないよー。”
って思ってたら、”JUMP”でした(爆)。
この辺のは、こんな有名なのでもサビしかわかんない。
でもいいんだ。彼の歌は、知らなくても充分楽しめるし。

でもホント、元気に歌ってハモニカも吹いて、広いステージを歩き回って、階段上って高いとこで歌って。
汗まみれで歌い続けて、とても病み上がりとは思えないくらい。
キヨシロー本人も
”静かな曲で、一人で歌うことになるかと思ってたけど、バンドでできるのが嬉しい。”
って言ってて、もー泣けましたね~。
っていうか、最初っからずぅっと泣いてましたが、私(笑)。

途中からチャボも入って本日のメンバーが揃ったのだけど、本当に豪華な布陣はキヨシローも入れて総勢9名。
すっかりカッコよくなっちゃった(私が観てた頃はまだ新人さんだったし)三宅伸治クン、何だか大工の棟梁みたいな新井田耕三サン、この人どーなっちゃってんの状態に動きが軽やかなドクトル梅津氏、渋さのライブ以来だった片山広明さん、まーさかここでお会いできるとはーな、元デラルスのゲンタさんと久保田利伸氏のデビュー当時にサポされてたキタローさんのお二人。
思えば、いろーんな人のいろーんなライブで今まで観てきた人たちが何人もステージで演奏している、ちょっと不思議な気分がしちゃったライブでした。

でもやっぱり、チャボとキヨシローが1本のマイクで歌ってたりする姿って、すっごく観ていて嬉しかったし感激でした。
「チャンスは今夜」とか、もう半分忘れかかっちゃってた(汗)ような曲もやったし、1曲だけキヨシローがステージから降りてチャボだけが演奏した「コーヒーサイフォン」とかいう曲があったんだけど、それは二人で始めて作った曲だったそうで。
チャボが歌う前に
”これまで支えてきた事務所、スタッフに感謝します。そして清志郎の家族…良かったね。”
って言ってて。
本当にその言葉のひとつひとつが本当にあったかくて、じんときました。

そしてそして、アンコールでは、うわぁそうくるかぁ!な「よぉーこそ」でスタート。
そうそう、昔はこうやって始まったよねーって、懐かしさ百倍で会場も大盛り上がり。
その後、名曲「雨上がりの夜空に」も当然のごとく演奏されて、感無量でした。

そして、最後はキヨシローがギター弾き語りで1曲。
しみじみしたところへ若い男性と女性が花束を持ってやって来たので誰かと思ったら、息子さんと娘さん!
うわぁ。すごいなぁ。
キヨシローも
”家族を出すなよ~。”
って照れてましたが、こういうシーンもアリな状況、でしたよね今回は本当に。

正直私も、今日は短いんじゃないかなって思ってたのですが、終わってみたらうわぁ、3時間歌ってましたよ、彼。
声も全く衰えず、本当に完全復活ですんごいパワフルなステージでした。
でもって私は、立ちっぱなしで腰が少々…(爆)。

<某所で拾ってきた本日のセットリスト>
JUMP
涙のプリンセス
誇り高く生きよう
ダンスミュージックあいつ
NIGHT AND DAY
デイドリームビリーバー
いい事ばかりはありゃしない
君が僕を知ってる
チャンスは今夜
僕の好きな先生
私立探偵
多摩蘭坂
毎日がブランニューデイ
コーヒーサイフォン
GOD
スローバラード
激しい雨
ドカドカうるさいロックンロールバンド
キモチE
BABY何もかも

(アンコール1)
よぉーこそ
ROCK ME BABY
雨上がりの夜空に

(アンコール2)
夢のような

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年2月3日 - 2008年2月9日 | トップページ | 2008年2月17日 - 2008年2月23日 »