« 2008年9月21日 - 2008年9月27日 | トップページ | 2008年10月5日 - 2008年10月11日 »

2008年9月28日 - 2008年10月4日の2件の記事

2008.10.03

Bass Duo 低音・遊侠二人旅~中村 新太郎&廣田 昌世(千駄木・Django)

ベースばっかり、しかも女性3人という超珍しいユニット、その名も”低音一家”のレコ発ライブでもんのすごく久々に千駄木のDjangoへ。

もー、いつ以来だったか覚えてない位なご無沙汰で、入っていきなりマスターと握手!
壁一面に出演されたアーティストさん達の写真が飾られていたのでおぉ~と見ていたら、一枚だけ集合写真が。
ん?と思ってよく見ると、去年のやねせんフェスのスタッフ写真でした。
…えー、私もしっかりいましたとも(汗)。

さて。
今回は、低音一家を率いる廣田昌世さん、そして我が家から至近距離にあるジャズのお店にも時々出演されている中村新太郎さんのお二人のBass Duo。

2008100301

レコ発ライブでもあるし是非また低音一家のメンバー3人での演奏を聴きたいところですが、まー、縁の下の力持ち的存在であることの多いベースなので、Duoだけでも相当珍しいです。
当然メロディーもベースですし、スタンダードの曲でも、他の楽器が入るいつものとは違う独特の雰囲気があって、かなり面白いアンサンブル。
心がすぅぅっと落ち着く、そして幻想的な感じでした。

廣田さんの演奏は、最初にここDjangoでMusette Jazz Bandで出演された時に聴いたのが最初。
その後も高槻のフェスでソロ(!)や低音一家での演奏、そして今年は元旦もMusette Jazz Bandのライブにお邪魔しちゃってます。
そしてその度に、音楽やベースという楽器に向き合う真摯な、そして愛情溢れる姿勢を強く感じます。

今後、関西では低音一家に今回の中村さんを加えた、何とベース・カルテットでのライブが予定されているそう。
関東でのライブも期待できそうで、かなり楽しみです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.28

ステーキ食べに行っちゃった

このところ、二人ともどーも不調。
土曜日にいっぱい遊んでたら、今日はののさんがネムネム状態で、赤ちゃんかいっ!って位眠り続けてました。
いつも遊んでるみたいに言われることが多い私たち(汗)ですが、時々こういう”安息日”ってーのがあります。

こんな時は、お肉でしょ!
スタミナつけなくっちゃっ!!

でも、なんとなく焼肉の気分ではなかったので、ステーキにしちゃいました。
ご近所でってことでちょこっとののさんがぐぐった結果、自由が丘の駅前にある「海山」ってとこがヒット。
なーんか高級そうで私はビビリ気味でしたが、
”まぁ、一番安いコースやったらえぇんちゃう?”
などとアッサリ仰るので、行ってみることに。

お給料日直後の週末、しかも狭いらしいので電話で聞いてみたら、今は満席だけど30分位したら空くと思うので連絡しますとのこと。
少しだけ早めに出かけてお腹を空かせて待機していると、
”お待たせしまして申し訳ございません~!”
と、お店のスタッフさんから電話がきました。

自由が丘をちょこっとでも歩いた方は、あの独特の岩がゴツゴツしてるような外装に覚えがあるかもしれません。
私たちも何度か前を通っているので、地図を見て”あぁ、あそこかぁ!”って思っちゃいました。
通されたのは、その3階。
2階3階がお店なのだそうで、両方とも鉄板を目の前に7~8人ほどの席がありました。

かぼちゃのスープから始まり、色鮮やかな野菜、ふわっふわのとろろの鉄板焼き、サラダ、そして和牛のヒレステーキと続きます。
どれもこれも素材が素晴らしく、そして接客も素晴らしくて感心しきり。
シメの食事は、ご飯がガーリックライス、高菜チャーハン、梅しそご飯から選べました。
デザートと食後のコーヒーもしくは紅茶もサービスされて、一人5,000円ちょっとはお値打ちです。

ランチは更にコストパフォーマンスがいいようで、ディナー以上に要予約な感じですが、是非また行ってみたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月21日 - 2008年9月27日 | トップページ | 2008年10月5日 - 2008年10月11日 »