« 2008年1月13日 - 2008年1月19日 | トップページ | 2008年1月27日 - 2008年2月2日 »

2008年1月20日 - 2008年1月26日の8件の記事

2008.01.26

Note Noire(三鷹・カフェローツェ)

Note Noireのライブということで、三鷹のローツェにお出かけ。
彼らの今年初のライブだそうで、みんなで新年のご挨拶してみたりして。
なーんか髪も髭が伸びてたitoさん、何とインフル明けだそう。
新年早々家族全滅状態だったそうで、まだちょっと全快じゃなかったようです。

とはいえ。
相変わらずな抜群の安定感は、さすが。
お馴染みの曲も、お初な曲も、ゆったり~と聴かせてくれました。
2008012608
今日は、お店のメニューに初めて見たレモンのお酒を発見し、ベーグルと共にこちらを飲みながら演奏を楽しませてもらいました。

そして今日は、そんな彼らを愛するファンからの贈り物が。
何と、手作りのネクタイです。
2008012610
メンバーそれぞれが色違いで、バラの模様が浮き出ている素敵なもの。

そして、終盤にはスペシャルなダンサーも登場してみたり。
ライブ後には、当然ながらセッションタイムで、またまた盛り上がったり。
相変わらず楽しいNote Noireのライブ&三鷹ローツェでした。

でもって私的に一番の盛り上がりは、sotaクンからのライブ告知。
3/6にABE-KOBAのJZ Bratライブがあり、sotaクンもユニットを組んで対バン形式で演奏するとのこと。
思わず、
”聞いてねーよー!”
と叫びそう(あれ?叫んだんでしたっけ?笑)でした。
いやいやいやいや~~、こちらも楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JAZZBO

ランチの後、もう一軒近くのお店へ。
実は昨夜「じゃんご」で話していた時にレコードの話になり、
”心斎橋の「JAZZBO」に行ったらあるで。”
と皆さん事も無げに仰るので、気になったのです。

途中、昨夜もいらしていたミュージシャンの方が経営するお店の前を通り、一本裏の鰻谷通りへ。
歩道脇にあるポールには、鰻がにょろんといたりしました。
2008012606

ののさんもかなり久々で場所がわからなくなったとかでちょこっとウロついた後、ようやく看板を発見。
2008012607
残念ながらDjangoのレコードは売り切れてありませんでしたが、グラッペリのNUAGEが入ったアルバムを見つけて買ってきました。
今度、Note NoireのライブがJammin'である時にでも、ののさんがこの前実家から持ち帰ってきたDjangoのと一緒にかけてもらおうと思います。

ところでこちらの店長さん、何とついさっき、ストフォニに行った来たばかりだと聞いてビックリ。
ジプシージャズ・ファンでもあるそうで、「じゃんご」のことも心配されていました。

それにしても、すぐ近くにジプシージャズ・ファンが経営するお店が3軒も!
ののさんは”ゴールデン・トライアングルや~。”と言ってましたが、何とも羨ましい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「だいみょう」でランチ

お買い物を終えると、そろそろお昼。
近くには中々良さそうな飲食店がいろいろあるのですが、迷った末に「だいみょう」というお寿司屋さんに行きました。
何と、ランチにぎりは500円から!

オーダーしたのは、20食限定の北海丼。
2008012604
カニ、ウニ、イクラ、中とろ、鮭などなど、た~っぷり載って何と1,000円でした。
さすがに大阪は、安さが違いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストフォニでお買い物

東京に帰る前に、「ストフォニ」へ。
本当は朝帰ってもと思ったのですが、お正月の時に行けなかったこともあって、ののさんが”どーしても!”ということでネットカフェもゆっくり出発だったのです。
ま、仕方ないですよね。

実は昨夜「じゃんご」で、どーも見たことがある人だけど誰だっけ?と思ったら、こちらの店長さんでした。
いつもお店でしか会わないので、最初ぜーんぜんわからなかったのです。

”これって、持ってますぅ?”
と裏からも商品を出してきてくれて、そちらも含めてお買い物。
これからもずぅっとお付き合いが続くであろう、頼りになるお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長居で夜明かし

1時過ぎに「じゃんご」を出て、帰れない&帰らない組で、近々ジプシージャズのライブをやるという長居にあるBARに移動。
そちらで更に3時まで、数名でセッションしました。
マスターとは、今日はこちらまで。
再会を約束し、握手をして別れてきました。
近いうちに、また!


残ったメンバーは、更にすぐ近くのカラオケ屋さんでセッション…を断念してネットカフェへ。
他の人たちは始発を待ったようですが、私たちはそちらで仮眠を取り、すっかり明るくなってからお店を出ました。
ネットカフェって最近すごく増えてるし、ホテル代わりにする人も多いようですが、思ってた以上にサービスもいいし安くてビックリでした。

お店を出ると、目の前にある長居公園をちょこっとお散歩。
以前実家にいた頃はののさんも時々自転車で来ていたそうで、かなり懐かしかったみたい。

広~い敷地には、二つの陸上競技場やプールなどのたくさんのスポーツ施設があります。
イヤに警察官が目立つと思ったら、明日行われる「大阪国際女子マラソン」のメイン会場なのだとのことでした。
セレッソの本拠地でもある、長居スタジアムもこちらで、すぐそばの地下鉄の駅にはセレッソ色の柱がたくさんありました。
2008012602
セレッソの大ファンだった、この前亡くなった浜田省吾仲間を思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「お好み焼き じゃんご」が閉店

大阪の「お好み焼き じゃんご」が閉店してしまうと聞き、仕事帰りに急遽大阪に行ってきました。
例によってののさんが仕事を終えられるかが問題でしたが、朝早くでかけたこともあって早く終われることになり、夕方になって行くことが確定。
マンションにギターを取りに行ったののさんと、東京駅で合流しました。

新幹線のホームに上がって既に乗車が始まっていた列車に乗り込み、ビジネス客で込み合う中、何とか席を確保。
何も考えずに乗ってしまったのですが、何だかいい乗り心地だと思ったらN700系でした。


「じゃんご」は、私たち夫婦には本当に大切なお店でした。
つい先日帰省した時にも、
”「じゃんご」が営業してたら行きたいけど、お正月休みだよね。”
なんて話していたのに、突然の閉店にはかなりショックを受けています。
今までも何度かライブに行ったり、ののさんは出張ついでに行って朝までセッションしたり、キャンプにも参加させてもらいました。
ののさんの実家からも近いこともあって、最初にお店に行った時は初めて一緒に実家に寄ってご挨拶したりもしました。
そして行く度に多くの仲間たちと一緒に、美味しいお好み焼きや素敵な音楽を楽しんできたのです。

私たちがようやくお店に着いたのは、もう深夜。
お店には溢れんばかりの人が集まり、セッションもかなり盛り上がっています。
座れなくて、調理場に立ったまま話し込んでいる人もいます。
遠方から駆けつけた人も何人かいましたが、さすがに関東からは私たちだけでした。
もう遅い時間だったので帰って行く人も出始め、マスターはその度にお見送りして出たり入ったり。
でも、その後もライブを終えたミュージシャン達が続々とやって来たりして、いつまで経っても人が減りません。

「最後の夜」だということを考えたり話題にももちろんなりましたが、セッションはいつも通りに賑やかに繰り広げられ、お好み焼きが焼かれていないことを除けば変わらない光景。
みんなの笑顔を見ていると、本当にこれが最後だなんて信じられませんでした。

それでも深夜1時に近くなると、さすがに住宅街なのでセッションは終わりにしなくてはならなくなって。
まだまだ大勢残っていた仲間たちにもちろんマスターも加わって、みんなで「Minor Swing」を演奏しました。
P1080743

長い長いセッションもついに終わってしまい外に出ると、看板の明かりが哀しく闇に浮かんで見えました。
P1080745
この直後、この明かりも消されてしまいました。
淋しかったです…。

マスターとは、これからも仲間であることにはもちろん変わりありません。
また落ち着いたら、今までと同じように一緒に音楽を楽しみたいと思います。
その日が一日も早くやって来るよう、今からみんなで心待ちにしたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.01.25

浅草今半の牛肉弁当

急な用事で大阪に行くことになり、仕事を終えると大急ぎで東京駅へ。

改札に向かう途中に先日帰省した時にも行ったグランスタがあったので、そちらで慌しく駅弁を買いました。
週末の夕方で混んでいるかなと思ったのですが、年末の状態しか知らないのでかなり空いた印象でした。
2008012501
「浅草今半」の、牛肉弁当。
いかにも下町らしいしっかりした味付けと、たっぷりの牛肉で、とても美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.20

映画・アース

「アース」という映画を、久々の六本木ヒルズで観ました。
かなりの人気作品ということで前日にネット予約しておいたのですが、とーにかくすんごい人!
もちろん他の映画にという人もたくさんいたのでしょうが、ごったがえすロビーで大変でした。

北極から南極に向かって多くの動物たちの生態を追う映画だったのですが、テーマはやはり地球の温暖化による影響。
生きていくための戦いが厳しくなっていく現実に、いろいろと考えさせられるシーンがたくさんありました。
迫力ある映像は、企画から長い年月を経て撮影されたもの。
動物たちの動きを追うのには相当の期間が必要でしょうし、多くの関係するスタッフ達の熱意と努力を感じました。
こういう作品ってあまり自分からは観に行かないのですが、本当に観た甲斐があった映画でした。

観終わって…動物園でもいいから、動物をじっくり見たくなっちゃいました。
多くの動物や植物と共存していくためを考えて、これからも生活していきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月13日 - 2008年1月19日 | トップページ | 2008年1月27日 - 2008年2月2日 »