« 2008年1月6日 - 2008年1月12日 | トップページ | 2008年1月20日 - 2008年1月26日 »

2008年1月13日 - 2008年1月19日の6件の記事

2008.01.19

ジプシー・ナイト(国分寺・giee)

毎度お馴染み国分寺のgieeで、kabutさんとののさんのナイロン弦ユニット「ナイロンズ」のライブがありました。
P1080719
何度も書いちゃいますが、たまたまちょこっとやってみちゃったユニットなので、ライブオファーが来ちゃった時にはほーんとビックリだったのです。
でも、さすがに二人も気合が入ったらしく、年末年始の忙しい合間を縫って数回のリハ。
普段ライブ活動を全くしていないののさんは、譜面台やらマイク用のプリアンプやら、果てはマイマイクまでここぞとばかりに買い揃えてました(汗)。

当日は、ずぅっと雪の予報が何と快晴♪
対バンの「マルディータ・ノーチェ」さんがどんなバンドさんなのかナゾだったので楽しみにしていたのですが、リハを覗いたらギターを弾きつつ歌ってらしてちょっとビックリ。
リーダーの方も仰ってたのですが、別にジプシー系のバンドではなく、フォークロアチックなオリジナル曲を演奏されてました。
P1080722
デュオから始まって結成8年になるそうで、ギター&ヴォーカル、マンドリン、ヴァイオリン、アコーディオンという編成で、何だか懐かしいあったかい雰囲気の音で楽しませてくれました。

そしてそして。
次は、かーなり緊張気味のナイロンズ!
MCはkabutさんが担当してくれたのですが、例によって時々客席の奥方からツッコミフォローが入ったりのゆるゆる体制。
ののさんは…とりあえず、今回はkabutさんを紹介することは忘れなかったみたいです(滝汗)。

とはいえ、周りの方からも言っていただけたのですが、最初の一音からこの私としてもちょっと驚いちゃう位ないぃ~い音色!
それぞれのソロも、え?って思っちゃうくらいに素敵だったのですー!
P1080727
やるじゃん~って、正直ちょっと思っちゃいました。
いつもセッションなんかでナイロンを弾いてるとやっぱりどうしても音が埋もれちゃいますが、ちゃんとマイクを通して音色を聴くと、なっかなかヨイものですねー。
次があるかどうかはまーったくわかりませんし、あったらどうしよう?(笑)位なユニットですが、私個人としてはまた聴いてみたいなと思いました。
ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました!!
終演後のセッションも、すっごく盛り上がって楽しかったです♪

<セットリスト>
1. J'attendrai
2. Django's Castle
3. Djangology
4. Nuage
5. I'll see you in my dream
6. Melodie au crepuscule
7. After you've gone

アンコール(セッションスタイル)
Minor swing

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カーラ・アウレリアのパン

先ごろオープンした大丸東京店にある、カーラ・アウレリアというお店のパンで朝食です。
2008011901

最近デパート内にオープンするパン屋さんって、国内外を問わず既にパン屋さんとして大人気となっているお店が多いですが、こちらは製糖会社さんが親会社だという変り種です。

今朝の食卓に並んだのは、りんごとサツマイモ、ゴルゴンゾーラ、甘栗と金柑が入ったパン。
もちろんバゲットやフィッセル、カンパーニュなどのスタンダードもあって、毎回のことながら選ぶのが一苦労でした。
大丸には他にも何店舗かパン屋さんが入っているので、他のお店でも買ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.18

流血騒ぎ

久々にやっちゃいました。

昨夜、寒いから野菜たっぷりのシチューにしよう~と思って、いろいろ野菜を切ってたんです。
そしたら、最後にニンジンを切ってる時に手が滑って包丁で指を…。
見る見る血が滲んできちゃったので、うああああーー!と慌てて水道水で洗い、とりあえず絆創膏を貼ってみました。
1枚だとまだ血が染み出してくるので、2枚。
大して痛くはなかったんですけど、微妙に凹みつつ、まだまだ仕事中のののさんにもメールで報告しておきました。

”大変やったら、今日は外食でえぇでー。”
なんていう返事が来たので、”心配かけてごめんねー”とメールすると、
”いや、それほど心配はしとらんけどな。”
ですってー!ヒドイっ。

それでも、帰ってくると、
”今日はお風呂は止めておけ~。”
”けが人は早く寝ろ~。”
と指示があれこれ(笑)。
でも、消毒した方がと探し出してきたオキシドールは、消費期限が”67年”でした。
これって…多分昭和の?(滝汗)
もちろん、ご辞退申し上げました(爆)。

今日は病院にも行った方がと言われて近所をに外科を探したんですが、中々ないんですよね。
別に痛くもないし、今度は家での処置方法を探してたら、あらビックリ!
最近は、切り傷に消毒はしちゃいけないっていう考え方が主流なんですか?
ちぃとも知りませんでしたー!
それで結局薬局に行って、新兵器の絆創膏を買って巻いてます。


そんな私のおにゅーな姿を見たい方!(我ながらムリヤリだなぁ笑)
明日は是非とも国分寺gieeへどうぞ~。
心配していたお天気も良さそうだし、あったかくして是非♪
ライブの後はセッションになるようなので、楽器もお持ち下さいませ。
それにしても、指を怪我したのがののさんでなくて良かったぁ。

*************************************
1/19「ジプシー・ナイト」
国分寺「giee」
http://giee.jp/top.html

19:00開場 19:30開演 ¥1500(オーダー別)
1stナイロンズ 
2ndマルディータ・ノーチェ
 (各40~45分)
*************************************

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ボビイブラウンのコスメケース

使っているコスメケースがそろそろ~な感じになってきちゃったので次を探していたら、
”ボビイブラウンのがいいですよー”
とたまたま見てたTVでやってたので、ちょこっとぐぐってみました。

すると、今年出たばかりの限定のがあって、しかも結構評判もいい。
そういえば、y女史も最近ボビイブラウンのコスメを使い始めたって言ってたなぁ。

とりあえずどんなもんか見てみようかなぁと、デパートの中にあるショップに行ってみました。
こちらでは、美容部員さんをアーティストって言ってました。
なるほど、メイクアップアーティストってことですよね。
あれ?最近はどこもそう?(汗)

この手の商品を化粧品メーカーさんのショップで買うって発想は、セットになってるもの以外今までありませんでしたが、結構種類もいろいろあるんですねー。
説明もしてもらいましたが、使いやすそうだったしすぐ買うことに決めました。
2008011801
私が普段持ち歩くには結構大きめなので、何を入れましょ?って感じもありますが(笑)。

ボビイブラウンってはじめて行ったけど、なーんかカッコイイ。
メイク商品中心のイメージがありましたが、スキンケア系も中々良さそう。
しばらく注目することになりそうです。

| | コメント (0)

2008.01.15

初春花形歌舞伎(東銀座・新橋演舞場)

くにくにへのお誕生日プレゼントで、久々に二人で歌舞伎鑑賞にお出かけ。
2008011503
今回はちょいとフンパツして花道脇にかなり近い席、それもいわゆる「とちり席」を押さえちゃいました。
「とちり席」っていうのは、前から7、8、9列目のお席のこと。
少し前までの劇場はいろはの順で席番が付けられていて、あまり前過ぎないこの辺りが観易いってことからそう言われていたようです。
花道脇の1列目!っていうのもかーなり気合入ってていいですけど、まぁ、観易さを考えるとちょっと離れた方がいいですからね。

歌舞伎座では団十郎さんがお家芸の「助六」を演じてらしてそちらも魅力的だったし、お正月恒例の浅草歌舞伎も気になるところだったけど、今年はやはり海老蔵さんが八面六臂しちゃう演舞場でしょう!ってことでそちらに。
なんてったって、正義の味方から悪の権化、果ては不動明王までひとりで何と5役。
その上お芝居の上演前には主役自らのご挨拶があったり、イヤホンガイドにも登場したりと、ファンにはたまらん「海老蔵祭り」状態だったのです。

演目は、 「通し狂言 雷神不動北山櫻」
これだけ聞いちゃうとなんのこっちゃ~?ですが、歌舞伎十八番としても有名な「毛抜」、「鳴神」、「不動」の三作品は、こちらの一幕なんだそうです。
結構かかるお芝居ですが、そういう繋がりがあったんですねー。
ちぃとも知りませんでした(汗)。

花道でのお芝居も多く、いろーんな扮装での海老蔵さんをはじめ、いろんな役者さんたちが間近で演技されていて大迫力!
本当に汗が飛び散ってきそうな近さで、普段よく観ている三階席からはわからない、役者さんの息遣いまで感じることができました。

大活躍の海老蔵さんは、どのお役でも見事に演じ切って本当に素敵。
あらためて、姿良し、声良し、睨み良しを確認しました。
出開帳されていた不動明王様を幕間にお参りさせていただきましたが、さぞかしご満足だったことでしょう。
2008011502

そういえば海老蔵さんが初めて助六を演じたのが、演舞場でした。
1月か2月か、やはり寒い季節だった記憶があります。
ますます大きく、花のある役者さんに成長されてますね~。
これからも楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.13

ALLAN HOLDSWORTH(六本木・STB139)

アラン・ホールズワース氏のライブで、六本木STB139に行って来ました。
2008011301
例によって整理券をGETし、その後一旦解散して(笑)各自2時間弱のお買い物。
私はすぐそばのミッドタウンや本屋さんをウロついていたのだけど、電車で移動しちゃっていたののさんが再び会場に戻って来たのは入場開始ギリギリ!
ヒヤヒヤもんでしたが、希望する2階席に無事案内してもらえました。

いつも思うし書いてると思うのだけど、ここって本当にスタッフさんが素晴らしいです。
今日案内してくれたスタッフさんも、2階禁煙席とリクエストしたら、一旦そちらに行ってから
”昨日アランさんはあちらの下手側に立って演奏されてたので、今日も同じですとほとんどご覧になれないんです。”
と、こちらの了解を得た上であえてアラン氏がよく見える喫煙席にご案内。
2008011302
ステージの見え具合の関係であまり人を入れておらず、テーブル間隔もゆったりなので喫煙席と言えどもとっても快適です。
スタッフさん、さすがです♪

ゆったりとした2階席から、既にセッティングされているステージや、さすがにオヤジ率(しかもギターオタク系 笑)の異様に高い1階の様子を眺めつつ、お楽しみのディナー。
2008011303
ものすごーく豪華という訳ではありませんが(ま、そういうものをたのんでないってこともありますね)、パスタやピザといった簡単なメニューをオーダーしても、かなり満足できてお気に入りです。

さてさて、肝心のライブはというと、ひたすらギターを弾きつづけるアラン氏、スティックを折りつつ飛ばしつつドラムを叩き続けるゲーリー氏、そして”ミスター’70年代”といった雰囲気のジミー氏と、曲とメンバーを紹介する以外はほとんどMCもなくひたすら演奏。
時々ののさんが家でCDをかけているので多少聴いてはいるのですが、あまりインパクトのない演奏方法なので途中で眠くなっちゃいそうなのが心配でした。
が、そんなこともなく、本当にあっちゅーまに2ステージが終了しました。

場内は、拍手の嵐。
1曲も知ってる曲がなかった私でさえかなりの満足感があったのだから、ファンには当然ながら堪らんステージだったのでしょう。
細かなことは一切わかりませんが(汗)、ほんと、素晴らしかったです。

ただ不思議だったのは、アラン氏は予備のギターをステージに置かず、途中で一切チューニングもしてなかったこと。
あれは、どうなってるのかしらん?
誰かナゾ解きして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月6日 - 2008年1月12日 | トップページ | 2008年1月20日 - 2008年1月26日 »