« 志摩観光ホテル・クラシック その1 | トップページ | 志摩観光ホテル・クラシック その3 »

2008.12.29

志摩観光ホテル・クラシック その2

ディナーは、「ラ・メール クラシック」で。
年末とあって、一族勢ぞろいなテーブルもちらほら。
当然子供連れもいましたが、さすがに騒いだりするような声は聞こえず、とても上品なお客さんたちばかりでした。
年末年始はこちらで過ごす、なーんて「華麗なる一族」もいらっしゃったんでしょうねー。

通された席に着くとウェイター氏が飲み物のオーダーを取りに来ので、ののさんはビール、私はワインをオーダー。
どーでもいーですが、普段行くようなレストランの1.5~2倍くらいのお値段でした(滝汗)。

ずらりと並んだお皿とカトラリーも壮観。
食器は、大倉陶園のものだそうです。

P1110158

品のいいブルーが素敵です。

さて、いよいよお料理が運ばれてきました。
まずは、「鮑のテリーヌ車海老添え ハーブ風味のドレッシング」。
P1110160
海物であるにもかかわらず、そんな感じがあまりしないほど上品な味でした。

続いて、名前を聞き損なっちゃったんですが、スティックサラダのようなものが来ました。

P1110161

クラッシュアイスが入ってたんですが、とにかくどの野菜もシャッキシャキ!
素晴らしい歯ごたえに、驚くばかりでした。

続いてシマカンと言えば!の超名物な「伊勢海老クリームスープ」。

P1110165

想像していたのとは違って小さなカップで登場したのにたじろぎ、更に焦げ目がついていたのにも驚きました。
その昔、入院した上司のお見舞いにこのスープの缶詰を持っていっていたく感激されたことがあるのですが、自分でいただいたことはなかったんです。
伊勢海老の旨みをたっぷり含んだ濃厚な味は、いろんなことを思い出させてくれました。

そしてこちらと一緒に出されたのが、フィンガーボール。

P1110167

これってむかーし行ったマナー講座では説明があったように思いますが、実際に出されたのはお初かも。
最近は、直接手を使わなくてもいいようにメニューが作られちゃってるのかもなぁ。
でも、こちらならではのオーソドックスさが、また素敵に思えちゃいます。

続いて、こちらもすっごく楽しみにしていた、「鮑ステーキ 2種類の香草バターソース」。

P1110169

これがまー、もーー、驚くほど柔らかい!
鮑ってお寿司とか、もっと言えば海に近い温泉旅館なんかに行くと踊り焼きなんてーので出てきたりしますが、割と固めでコリコリした食感のイメージがあります。
が、こちらのは一度ボイルしてから焼くそうで、すごく柔らかくって食べ易いのです。
これなら、ある程度年配の方でも安心してパクパクいけちゃいそうです。

かなりコーフン状態なお客の様子を見越してか、次はシャーベットでクールダウン。

P1110171

カムカムっていう聞きなれない果物のでした。
ウェイター氏にも聞いてみたんですが、アセロラとかグァバみたいなもので、熱いところで採れるそうです。
仰るとおり、酸味があって言われなければアセロラだろうと思っちゃいそうでした。

ところで、食事の時にパンをいただいてたんですが、そちらもまたかなりのレベルで美味しかった~。
担当のウェイトレス嬢がこちらの様子を見計らって追加もしてくれたんですが、ほとんどお替りしない私も、すっごく美味しかったのでシリアルのパンをいただいちゃいました。

次は、「シェフおすすめの牛フィレ肉ステーキ シャトウブリアンソース」。
「タイのポワレ フルーツソース」とのチョイスだったのでいつもならののさんと違うものにするのですが、今回は何だか二人ともお肉な気分だったようで、二人とも牛フィレを選びました。

P1110175

別のお皿にマッシュポテトが出されたのですが、ソースが濁らないように、かな?
ここまでのグレードのお店でされることって、いちいちその意味を考えちゃいますね(汗)。

いろいろな驚きと発見があったディナー、最後のデザートで更にまたです。

P1110179

デザートは数種類の盛り合わせだったんですが、どれも手が込んでいて素晴らしい~。
中でも驚いちゃったのがアイスクリーム!
何と、コニャックのアイスクリームでした。
未成年禁止(とまではいかないでしょうが 笑)の大人のデザート。
さすがさすが、素晴らしかったです。


レストランはかなり広い上に混みあっていて、スタッフは大忙しでした。
だから仕方ない部分もあったのでしょうが、料理名をもうちょっとはっきり言って欲しかったとシロウトは思うのでした。
ちゃんとメニューを美しく印刷した紙が置いてあったんですけど、書いてないのもあったのです。
あと、以前あった気軽なランチを復活して欲しいなぁ。
まぁ、ここまで足を伸ばすには、それなりの覚悟も必要ってことなのかな。

|

« 志摩観光ホテル・クラシック その1 | トップページ | 志摩観光ホテル・クラシック その3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/43722031

この記事へのトラックバック一覧です: 志摩観光ホテル・クラシック その2:

« 志摩観光ホテル・クラシック その1 | トップページ | 志摩観光ホテル・クラシック その3 »