« 志摩観光ホテル・クラシック その2 | トップページ | 絵に描いたような寝正月 »

2008.12.30

志摩観光ホテル・クラシック その3

一夜明けて。

昨日に引き続き、今日も快晴!
カーテンを開けると眼下に見えたのは、よくホテルの写真として見かける英虞湾の風景そのものでした。

P1110184

しばらく見とれた後、昨夜と同じ「ラ・メール」へ。

昨日は既に日没の後だったので外の景色は見えなかったんですが、今日はバッチリ。
部屋から見えるのと、ほぼ同じ角度からの風景を見ながらの朝食となりました。

朝食は、ワンプレートの洋食と和定食からのチョイス。
私たちは、二人とも和食にしました。
実は、部屋にあった野鳥の写真集が和食料理長氏撮影のものとのことだったので、夕食は洋食だったしなんとなーく和食もいただいてみたくなったのです。
ところがオーダーしてしまってからテーブルの上にあったジャムの瓶に気づき、ちょっと失敗だったかもーと思いました。
こちらのホテルのジャムってホテルメイドで、すっごく美味しいって何かで読んだことがあったんですよねー。
和食にしたら、ジャムが味わえないじゃないですか。
ん~~~、まぁ、それだけのことなんですが、ちょっと残念でした。

ま、和定食が美味しかったんでよしとしましょう。
野菜の煮物や炊き合わせ、出し巻玉子などが並び、体に優しいのかするするとお腹に収まっちゃいました。

P1110204

ご飯とお粥が選べたので、私はお粥にしてみました。

P1110205

出汁をかけていただくのですが、これがまた優しい味で、するすると…(笑)。
旅先の朝食って、本当に美味しくって食べすぎちゃいますよね。

途中、ウェイターさんから、

”ささやかですが、お誕生日のお祝いです。”

と、ホテルの手提げ袋を手渡されました。
あー、そう言えばホテルに問い合わせメールをした時に、お誕生日記念の宿泊だって書いたんだったー。
実は今回の宿泊、少し早目ではありますが、ののさんからのお誕生日プレゼントだったんです。
そう書いておくとホテルによっては部屋にお祝いカードが置いてあったりとかするんですが、今回は特に何もなかったんですっかり忘れてました。

部屋に戻って中を見てみると、あらー、ビックリ!

P1110232

シェフからのお祝いメッセージ入りデザートでした。
何だか感激~☆

|

« 志摩観光ホテル・クラシック その2 | トップページ | 絵に描いたような寝正月 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/43723085

この記事へのトラックバック一覧です: 志摩観光ホテル・クラシック その3:

« 志摩観光ホテル・クラシック その2 | トップページ | 絵に描いたような寝正月 »