« 10/12の着物 | トップページ | DEAN&DELUCAのエクレア »

2008.10.16

高木正勝「タイ・レイ・タイ・リオ」(めぐろパーシモンホール)

くまちゃんこと熊澤洋子嬢が、お仕事で東京に来てる。
しかも何と、我が家のすぐそばのホールで演奏すると言う。
そら、行かない訳にはいかないっしょ!
ってことで、仕事帰りにホールでチケットを確保したのが2日前。
メインの方は全然知らない方で買う時に名前を間違っちゃったりする位だったし、どういうジャンルなのかもわからなかったのだけど、くまちゃんが出るならきっと素敵なライブでしょー!ってことで(笑)。

出演メンバーの中にはかなり有名な方もいらっしゃったのだけど、メインの高木正勝さんという方、かなり凄い方みたい。
でもって人気もあるようで、大ホールが2日間とも満員でした。
映像作家さんであり、ピアニストさんでもある方で、演奏と共にとてもアーティスティックな映像も映し出されてました。
映像と音楽はどちらが主ということもないバランスで進行されていき、新劇の舞台を観ているような不思議~な感覚でした。
こういう凄い方から声がかかるくまちゃんも、凄いなぁ。
かなり難しい演奏なのだろうけど、とても落ち着いていい音色を響かせてました。


終演後、くまちゃんにも言われてたのでちょこっとだけ楽屋訪問。
CD発売も近い彼女ですが、来年早々には関東のレコ発ツアーを予定してるそうで、今から楽しみです。

|

« 10/12の着物 | トップページ | DEAN&DELUCAのエクレア »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/42809907

この記事へのトラックバック一覧です: 高木正勝「タイ・レイ・タイ・リオ」(めぐろパーシモンホール):

« 10/12の着物 | トップページ | DEAN&DELUCAのエクレア »