« 夫の歌声で目覚める朝 | トップページ | クリスマスとハロウィンの交差点 »

2008.10.28

賛育会創立90周年記念コンサート(錦糸町・すみだトリフォニーホール)

先日日本橋まで出かけた時、こちらのホールの広告を地下通路で見かけました。
よく名前も聞くので何か機会があったらとは思ってたのですが、錦糸町にあるってこともその時知った程度の知識。
しかも、錦糸町って半蔵門線通ってるんだぁって思ったりして。
でも、渋谷から一本で行けるなら、私が行くのにも便利だなーって思ったのです。
で、その翌日にこのコンサートのお誘いがありまして、あまりのタイミングに即OK!(笑)。
何事も、タイミングって大事です。
出演された方も仰ってたんですが、”ご縁”って素晴らしいですよね。

職場から急行&直行で行ってみたら、錦糸町ってかなり都会でビックリ。
10年以上前にバイクで通りかかった時もデパートがどどーんとあって驚いたんですが、なんとなーくイメージ違っちゃって。
それでもどことなくローカル感というか親しみ易~い雰囲気の駅前から数分、ホールのあるビルはもんのすごい立派!
更に、ホールに入ると驚愕しちゃうほど立派!!
クラシック好きな後輩も一緒だったんですが、そんな彼女さえ驚く素晴らしいホールでした。

そしてそして、出演者も素晴らしく。
一部は、長富彩さんというピアニストのソロ。
海外でもリサイタルを開いたり、その実力と経験は若手ながら素晴らしいものがあります。
リストの「ラ・カンパネラ」とか、ムソルグスキーの「展覧会の絵」とか、私のようなクラシック素人さんでもよく耳にする曲をしっとり&じっくりと聴かせてくれました。

休憩の後、大谷康子さんというヴァイオリニストと藤井一興さんというピアニストのデュオ。
お二人の楽しい会話、特に大谷さんのおしゃべりがすごく楽しく、そして演奏は素晴らしい。

”皇后様から、「またご一緒に演奏させて下さい。」って先ほどお電話がありまして…。”

なーんて一般庶民には驚愕なお話もサラリと仰って、その大物っぷりにもビックリでした。

大谷さんは、かの有名な「ツィゴイネルワイゼン」を1600回くらい演奏されているそうで、おそらく世界一とのこと。
近く、その作曲家として知られるスペインのサラサーテの没後100周年記念として、彼女のコンサートを含めたスペインツアーまで開催されるのだとか。
いろいろと驚かせてくれる方です。
その上なんとアンコールでは、会場を歩き回りながら「チャルダッシュ」!
私は2階にいたのであまりよく見えなかったんですが、場内騒然でした。
こういうのって、クラシックのコンサートではかなり珍しいのじゃないかしらん?
いやいや、楽しかったし大満足でした。


帰りは、もちろん半蔵門線経由で渋谷までまっしぐら~。
だったのですが、所要時間30分は結構長かったです(笑)。

|

« 夫の歌声で目覚める朝 | トップページ | クリスマスとハロウィンの交差点 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/42967809

この記事へのトラックバック一覧です: 賛育会創立90周年記念コンサート(錦糸町・すみだトリフォニーホール) :

« 夫の歌声で目覚める朝 | トップページ | クリスマスとハロウィンの交差点 »