« 2008年ジャン研合宿(富里・Big Country)<2> | トップページ | 2008年ジャン研合宿(富里・Big Country)<4> »

2008.09.13

2008年ジャン研合宿(富里・Big Country)<3>

食事が終わると、間もなくライブタイム♪
なーんと今回は、10バンドもが登場するとのこと。
それって、ちょっとしたジャズフェスよりすごいのじゃ~?という声の中、マカロニカフェのお二人ととcozさんを中心としたバンドから、早速スタート☆

P1100227

国分寺gieeで毎度お馴染みなゆうこさんの歌からスタートというサプライズもあったのですが、もいっこ大注目だったのが福岡からたったひとりでやって来た15歳のジャックさん!
後でちょっとだけお話もしたのだけど、中々にマニアックで私なんぞじゃお相手にならないって感じでした。
ギターもちゃーんとマカフェリ持参で、今後が楽しみな逸材であります。

先日チャボロのライブ後のセッションにも参加してくれたタップダンサー嬢の華麗なダンスあり、キヨシ小林さんの生徒さんユニットあり、相変わらずマニアックなユキナベさんのユニットありと、それぞれ趣向を凝らした内容で聴かせます&魅せます。

と、ここで以前お宅で合宿させていただいたこともあるsayukiパパがマイクを取り、
”今日突然家にいらっしゃった、中村春子さんをご紹介します。”
と若い女性をステージに。
津軽三味線の演奏家さんだそうなのですが、ホントにホントに素晴らしくってみんな大感動でした。

P1100238

3曲演奏されましたが、”津軽じょんがら節”は高橋竹山さん(初代)で聴いて以来かなぁ。
いや、正確には…寺内さんでも聴いてますね(笑)。

津軽三味線は、元々家々を回って演奏しお金をもらう”角付け”から始まったと言われるし、その辺りはジプシーとも共通点があるかも。
戸外で演奏するのに適した叩きつけるような弾き方も全く同じだし、ジプシージャズと津軽三味線、ぜーんぜん違うようでルーツはとっても似てるんだなぁって、彼女の凛とした表情を見ながら思いました。

それにしても、こういうすんごい方が”突然家に来る”お宅って…。

|

« 2008年ジャン研合宿(富里・Big Country)<2> | トップページ | 2008年ジャン研合宿(富里・Big Country)<4> »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/42505724

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年ジャン研合宿(富里・Big Country)<3>:

« 2008年ジャン研合宿(富里・Big Country)<2> | トップページ | 2008年ジャン研合宿(富里・Big Country)<4> »