« FIRE HOUSE | トップページ | 久しぶりのミュン »

2008.09.24

北床宗太郎他(本郷三丁目・gout) 

ヴァイオリンのsotaクンのライヴで、会社から徒歩5分ほどのお店へ。
勤めて20年以上になるけど、ライヴ場所がここまで近かったのは初めてです。
そして、西村俊哉さん、本川悠平さんというメンバーで一緒に演奏したのは1年位前だそうで、その時は自宅からも近いお店でした。
更に笑っちゃうのが、前回sotaクンのライヴに行ったのは、自宅の最寄りライヴハウス。
どーしてそんなに私の行動範囲に来たがるかなぁ(笑)。

とはいえ、いつオープンしたのか知らないけど、初めてのお店(どーやらこのお店になる前に居酒屋さんだった時には来てたらしい 汗)なのでちょっと早めに行ってみたら、まだリハ中。
でもって、ダントツで一番乗りしちゃいました(汗)。
いわゆる繁華街って土地柄でもないし、一瞬不安になったのだけど、後から後からいろんなお客さんがやって来て、1stが終わる頃には少なくとも私の視界に入るエリアは満席でした。

何人か知り合いもいたのだけど、お客さんのほとんどがミュージシャン。
2ndからは、sotaクンの”ご指名&お呼び出し”(まぁ、事前に知らせてはいたのだろうけど)により、次々セッション演奏が繰り広げられました。
名前は聞いてるけど初めてという方や、通常のジャズ・セッションでは珍しい(まー、私が行ってるセッションが”通常の”と言えるかはわかりませんが)ビオラを演奏される方もいらっしゃって、中々お得感もあったり(笑)。

でもまーやはり、圧巻だったのは”一緒にゴハン食べたりはしてるけど、演奏を聴くのはそういや久々?”なmizuyoちゃん。
比較的可愛いめな感じの曲ではあったのですが、彼女のソロの部分だけがsotaクンも笑っちゃうほど激しい激しい(笑)。
聴くたびに思っちゃうのですが、まだまだガチガチだった頃から知ってるだけに、その成長っぷりは驚きです。
あちこちでいろーんな方たちから声がかかる訳ですよー。
しかし、あの”見た目ほんわかなのに、弾くと爆裂”ってキャラは、sotaクンってーよりくまちゃんに近いかも。
是非、二人で威圧系ヴァイオリン共演をしていただきたいもんです。

とまぁ、メインの演奏メンバーとは違う人のことばっかり書いちゃいましたが、もちろんお三方もたくさん演奏(笑)。

2008092403

ABE-KOBAとの共演とか、何度かマカフェリでの演奏を拝見している西村さんですが、ナゼかこの日はフルアコでの演奏で、sotaクンも言ってたけどビックリしました。
ってこちらの方が本職でらっしゃるので、つまり、私がそういう時しか行ってないってことですけどね~。

それと、もひとつビックリしちゃったんですが、童謡を演奏する前にsotaクンが
”中田喜直さん作曲で、秋の歌です。さて、何でしょう?”
という問いかけに、
”八代亜紀!”
とお答えになったのにはひっくり返りそうでした。
物静かでクールなイメージを持ってたのにぃ…。
ま、ちょっと違う面白いとこもあっていいですよね。


いろんなサプライズもありつつ、賑やかに楽しいライヴでした。
sotaクン自身もいろんな方といろんな場所で演奏してるので、これからもいろんな場所に出かけてって聴いていきたいです。

|

« FIRE HOUSE | トップページ | 久しぶりのミュン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/42583343

この記事へのトラックバック一覧です: 北床宗太郎他(本郷三丁目・gout)  :

« FIRE HOUSE | トップページ | 久しぶりのミュン »