« 満員御礼Vicco Taccoライヴ(西荻窪・toki) | トップページ | 駆け足で中華街 »

2008.06.08

「路地裏の少年」はもう聴けない

私が初めてカラオケボックスなるものに行ったのは、15年くらい前だと思います。
東京で営業マンとして活躍していた先輩が地方の営業所長に栄転となり、それからしばらくしてみんなで飲もうという企画があり、東京湾の納涼船に乗ったり、更にもう1軒と飲み、最後に行ったのがカラオケボックスでした。

それまです~っかり酔いつぶれて横になっていたその先輩が
”よし!俺も歌うゾ!”
とむっくりと起き上がって歌ったのが、なんと浜田さんの”路地裏の少年”。
長い歌を全部歌い切ることなくまたもや眠りに落ちてしまったのですが、何だかその姿が可笑しくてみんなでお腹が痛くなるくらい笑ったのを覚えています。

それからしばらくして、私がその先輩のいる営業所近くに旅行で行くことを知ると、
”お?なんだ、お前、来るのか?じゃ、飲みに行こう!”
とすごくお忙しかったのでしょうに同行した友人も一緒に飲みに連れて行ってくれ、我も我もと付いてきた部下たちと一緒にまたまた大笑いの大盛り上がり。
すっかり楽しい夜となりました。

そういえば、母校(なんと、鳥取の浜田高校でした 笑)の野球部が甲子園に出たと言っては大騒ぎで応援に行き、勝利にテンション上がりまくりで嬉しそうに話してくれたなんてことも。

そんな明るいキャラクターと抜群の求心力で、本当に誰からも慕われる人でした。
10年ほど前に退職されて独立。
小さいながらもご活躍と聞いていたのですが。

数日前に、癌で亡くなったという訃報が届きました。
危険な状態だと知らされていた人も社内にいたそうですが、何も知らなかった私は本当にショックでした。
旅先で一緒に大笑いしながら飲んだ友人から、こんな話を聞きました。
”素敵な人は、神様にも愛されて、早く神様の近くに行ってしまうんだって。”
そんな風に考えると、少し気持ちは安らぎますね。

でも、あの時聴いた”路地裏の少年”は、もう聴けません。
今日が、告別式でした。
ご冥福をお祈りします。

|

« 満員御礼Vicco Taccoライヴ(西荻窪・toki) | トップページ | 駆け足で中華街 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/41476912

この記事へのトラックバック一覧です: 「路地裏の少年」はもう聴けない:

« 満員御礼Vicco Taccoライヴ(西荻窪・toki) | トップページ | 駆け足で中華街 »