« HOTEL SCREEN KYOTO その1 | トップページ | HOTEL SCREEN KYOTO その3 »

2008.03.15

HOTEL SCREEN KYOTO その2

部屋に入ってまず目に付くのは、テーブルの上の黒い箱。
P1080983

わくわくと開けてみると、中はこーんな感じでした。
P1080996

すぐ近くにある一保堂さんのお茶と、ホテルのお隣にある「菓匠柳苑」さんの「楽石」というお菓子のオリジナルバージョン。
こちらならではの品揃えが、何だかニクイところです。

張り巡らされたカーテンを開け、あちこち引き出しやらを覗いてみると、次々いろいろな物が姿を現します。
オーディオセットはBOSEのものですが、 i-pod dockがあって、妹のi-podに接続して好みの音楽を楽しめました。
冷蔵庫を開けてみると、ほほぉな内容。
P1080992
シャンパンのボトルも入っていましたが、ちゃーんとグラスが冷やされているのがさすがです。

でも、ミネラルウォーターって、こんな高級なのしかないのん?
でもって有料?
と思ったら、サービスのミネラルウォーターをエスプレッソマシンその他と一緒に発見。
P1080999
でもエスプレッソマシンて、豆はどうするんでしょ???
探したけどわからないまま、触らずにいちゃいました。

だってねー、とっても素敵なアマダナの電話があったのですけど、フロントの電話番号がどこにも発見できなくて質問できなかったのです。
他にも聞かないとわかんない~なことがあったのですが、深夜だったし、部屋から出るのも面倒だったので諦めちゃいました。
私はあちこち探していろいろと発見もしましたが、果たして全てを発見できてたのかは不明。

ん~~~、そういうデザインだから!ってことになっちゃうのかしらん?
せめて説明書をちゃんと整備するとか、もう少し機能面も欲しいけどなぁ。
そういえばホテルとのコラボCDがショップにありましたが、部屋でも聴けたらいいのにね。
あと、バスローブはあるのにナイトウェアの類が全く用意されていないのは驚きました。

|

« HOTEL SCREEN KYOTO その1 | トップページ | HOTEL SCREEN KYOTO その3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/40869029

この記事へのトラックバック一覧です: HOTEL SCREEN KYOTO その2:

« HOTEL SCREEN KYOTO その1 | トップページ | HOTEL SCREEN KYOTO その3 »