« 「佳久」の花コース | トップページ | HOTEL SCREEN KYOTO その2 »

2008.03.15

HOTEL SCREEN KYOTO その1

さてさて。
今回の旅行を急に思い立ったのは、昨年末にオープンして以来気になっていた、「HOTEL SCREEN KYOTO」の格安プランを発見してしまったからなのです。
しかも、土曜泊に空室を発見!
ラックレートはため息のお値段ですが、今回出されていたプランならいいんじゃないのぉ?な感じだったので、いきなりスイッチ・オンしてしまった訳(笑)。

場所は、寺町通りをずずぅっと北上して御所のすぐ手前。
P1080960
交通の便も文句ないし、ふらぁと行くにはもってこいな場所にあります。

しかし、このホテルのウリは、ナンと言ってもそのデザイン!
入るとまずショップがあるのですが、そこから階段を下りるとロビー。
通りからは見えませんが、下から上を見上げると照明が和傘のようですごく素敵です。
P1080982
また、フロントのスタッフさんでお着物を素敵に着こなしてらっしゃる女性(マネージャーさんだそうです)がいて、この方の京都知識がスゴイです。
ちょこっと聞いてみると、後から後から京都情報が溢れてくるような方で、ずぅっとお話していたくなっちゃいました。
まだまだ新しいホテル、しかもチェーン系だったりはしないとのことで、スタッフさんの中にはまだまだ慣れない感じの方も。
皆さん黒服で、中にはカッコよかったりする方もいらして、何だかホテルというよりお洒落なレストランバーにいるスタッフさんみたいな雰囲気だったり。
こなれてきたら、また変わってくるかもしれませんが。

一方、13室全ての客室は世界中のデザイナーがデザインした、全て違うもの。
ホームページに内容が紹介されているので、お客はその中から好みのお部屋を選んでリクエストすることができます。

今回私たちが宿泊したのは、403号室
P1080985
部屋中の壁や仕切りに半透明のカーテンが引かれ、幻想的な雰囲気のお部屋でした。
入り口にある観葉植物を除き、全てが白と黒というのもスタイリッシュで素敵です。

|

« 「佳久」の花コース | トップページ | HOTEL SCREEN KYOTO その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。お着物のワタシです。
このたびはホテルをご利用いただいた上にと~っても嬉しいコメントをいただき、感謝感激しております!ホテルのレポートもとっても素敵にしていただいてありがとうございます。私たちも日々学び、サービス向上に努めております。ご存知のとおりの小さなホテル。旅館とホテルの間くらいでお客様との距離がとても近いのです。京都で生まれて育ち、父も西陣関係ですので着物に囲まれ今までやってきたことが少しずつ役に立って皆様の京都の旅の思い出づくりの片隅にでも残ればうれしいですし、京都を好きになっていただきまた戻ってきける場としてのSCREENでありたいと思っております。本当にありがとうございます!

投稿: mika | 2008.05.04 19:34

mikaさん>
うわぁ~、コメントありがとうございます!
感激です♪
私も興味津々な大注目ホテルでしたので、かなりムリヤリでしたが急遽伺ってみました。
元々旅好き宿好きな上に、京都大好きお着物大好きなので、とても楽しめました。

まだまだ泊まったことのない方もいらっしゃるかと思い、そういう方のご参考にもなればと思いました。そして、ホテルサイドの方たちにもお客の率直な感想を知っていただきたいと考えながらレポしたつもりです。

また次回、伺うことを楽しみにしております。

投稿: LUM | 2008.05.06 17:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/40526667

この記事へのトラックバック一覧です: HOTEL SCREEN KYOTO その1:

« 「佳久」の花コース | トップページ | HOTEL SCREEN KYOTO その2 »