« POINT ET LIGNEのパン | トップページ | 初春花形歌舞伎(東銀座・新橋演舞場) »

2008.01.13

ALLAN HOLDSWORTH(六本木・STB139)

アラン・ホールズワース氏のライブで、六本木STB139に行って来ました。
2008011301
例によって整理券をGETし、その後一旦解散して(笑)各自2時間弱のお買い物。
私はすぐそばのミッドタウンや本屋さんをウロついていたのだけど、電車で移動しちゃっていたののさんが再び会場に戻って来たのは入場開始ギリギリ!
ヒヤヒヤもんでしたが、希望する2階席に無事案内してもらえました。

いつも思うし書いてると思うのだけど、ここって本当にスタッフさんが素晴らしいです。
今日案内してくれたスタッフさんも、2階禁煙席とリクエストしたら、一旦そちらに行ってから
”昨日アランさんはあちらの下手側に立って演奏されてたので、今日も同じですとほとんどご覧になれないんです。”
と、こちらの了解を得た上であえてアラン氏がよく見える喫煙席にご案内。
2008011302
ステージの見え具合の関係であまり人を入れておらず、テーブル間隔もゆったりなので喫煙席と言えどもとっても快適です。
スタッフさん、さすがです♪

ゆったりとした2階席から、既にセッティングされているステージや、さすがにオヤジ率(しかもギターオタク系 笑)の異様に高い1階の様子を眺めつつ、お楽しみのディナー。
2008011303
ものすごーく豪華という訳ではありませんが(ま、そういうものをたのんでないってこともありますね)、パスタやピザといった簡単なメニューをオーダーしても、かなり満足できてお気に入りです。

さてさて、肝心のライブはというと、ひたすらギターを弾きつづけるアラン氏、スティックを折りつつ飛ばしつつドラムを叩き続けるゲーリー氏、そして”ミスター’70年代”といった雰囲気のジミー氏と、曲とメンバーを紹介する以外はほとんどMCもなくひたすら演奏。
時々ののさんが家でCDをかけているので多少聴いてはいるのですが、あまりインパクトのない演奏方法なので途中で眠くなっちゃいそうなのが心配でした。
が、そんなこともなく、本当にあっちゅーまに2ステージが終了しました。

場内は、拍手の嵐。
1曲も知ってる曲がなかった私でさえかなりの満足感があったのだから、ファンには当然ながら堪らんステージだったのでしょう。
細かなことは一切わかりませんが(汗)、ほんと、素晴らしかったです。

ただ不思議だったのは、アラン氏は予備のギターをステージに置かず、途中で一切チューニングもしてなかったこと。
あれは、どうなってるのかしらん?
誰かナゾ解きして下さい。

|

« POINT ET LIGNEのパン | トップページ | 初春花形歌舞伎(東銀座・新橋演舞場) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/17683353

この記事へのトラックバック一覧です: ALLAN HOLDSWORTH(六本木・STB139):

« POINT ET LIGNEのパン | トップページ | 初春花形歌舞伎(東銀座・新橋演舞場) »