« 2007年2月11日 - 2007年2月17日 | トップページ | 2007年2月25日 - 2007年3月3日 »

2007年2月18日 - 2007年2月24日の12件の記事

2007.02.24

オーベルジュ・ラ・オリーブ(2)

夕食の時間になり、おずおずとダイニングルームへ。
暖炉を模した場所には、なーんと立派なお雛様が飾られている。
2007022406
なーんか、こういうのって素敵。

先程の男性スタッフが、ドリンクのオーダーを取りにやってきた。
チェックインの時にはラフな感じのシャツ姿だったのが、キチンとウェイターさん風な格好で胸にはソムリエバッチが輝いている。
ワインに詳しかったりたくさん飲める人だったら良かったのだろうけど、とりあえず赤ワインをグラスでオーダーしてみた。
”ゴクゴク飲めちゃう赤ですよ~。”
ニコニコして、彼は厨房に消えた。

この赤が…本当にゴクゴク飲めた。
”うわぁ~、飲みやすい~…ゴクゴク…”
”いかんいかん、飲みすぎちゃうね~…ゴクゴク…”
てな感じ。
普段あんまり飲まない私たちにしては、かなり珍しい光景だ。

お料理は欧風料理というのだけど、ちょっときちんと目なイタリアンといった雰囲気。
少し前に行った、神楽坂のれいじパパのお店「Les Brindes」をカジュアルにした感じだった。

まず、トマトとアンチョビ、2種類のブルスケッタ。
2007022407
口元まで近づけた時、早くもトマトのいい香りがして、思わずニコニコ。

お庭にはハーブがたくさん植えてあり、各部屋の名前もハーブの名前だ。
2007022408
サーモンに添えられたジェノバソースは、そんなお庭のハーブから作ったとのこと。

春らしく菜の花を使ったパスタは、オリキエッティといいつつちょいと巻貝風。
ま、手づくりしたシェフが「オリキエッティだ。」と仰るそうなので、そうなのでしょう(笑)。
2007022410
黄色いお皿で、まさに菜の花!いいなぁ。

赤ワインをゴクゴクやって顔を赤くしていたら、お水を持って来てくれた。
2007022411
このお水、なーんと2~3時間かけて、天城の山まで汲みに行くのだそうだ。
美味しくないワケがない。
グラスに残った飲みきれなかった分を、ペットボトルにでも入れて持って帰りたい位だった。

とろりとしたかなり濃いミネストローネの後、いよいよメイン。
朝霧高原放牧豚のローストだ。
2007022415
静岡育ちの私には、「朝霧高原」と言うだけでも懐かしくっておー!という感じだったのだけど、これがかなりの特選素材らしく、ものすごく美味しかった。
赤ワインを飲み終わって、この時は既にののさんはソムリエ源泉の伊豆の地ビール、私はドイツワインながらスッキリした味の白ワインを飲んでいたのだけど、赤と逆が良かったのかもなぁ。
ま、美味しかったからいいか♪

デザートは、バレンタイン月間ということで(笑)、チョコレートケーキ。
2007022416
パンもそうだということだったのだけど、こちらのケーキもソムリエのお手製。
バレンタインを意識して、いつもより少し甘めな味付けだそうだけど、大人の甘さ。
添えられたイチゴのアイスクリームも手づくりっぽくて、すごく美味しかった。

そしてそして。
チェックインの時からオーダーしてあった食後のドリンクは、スリランカ・ウバの紅茶。
2007022417
それだけ聞いてもどってことないけれど、なんと、ソムリエ自らスリランカまで出向いて買い付けた物だそうな。
ひょぇー。

何から何まで、本当にすごい。
それを、押し付けがましくなく、柔らか~で穏やか~な笑顔で事も無げに言っちゃうとこが、まだすごい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーベルジュ・ラ・オリーブ(1)

お宿は、うわぁと思わず見上げてしまうような素敵な建物。
既に暗かったのだけど、周りにお花がたくさん植えてあるのがわかる。
中に入り、玄関ホール奥に置かれた小さなテーブルでチェックインの手続き。
ものすごく穏やかな雰囲気の男性スタッフに連れられて、2階の部屋に案内された。

こちらにある家具は、イギリスからのアンティーク。
ベッド、ドレッサー、クローゼットがセットになった物らしく、クリームがかったアイボリーの上品な作り。
2007022401
花柄のカーテンがすごく可愛く、ちょっとたじろぐほど。

更にすごいのがバスルームで、ピンクの(汗)ドアを開けると、白地にピンクの花柄のタイルに囲まれ、ピンクベージュの浴槽に、洒落たカランが備えてある。
2007022405
女の子チックなのが好きな人だったら、大騒ぎしちゃいそうだ。
ののさんには、さすがにちょっと…という感じ(笑)。

ちなみに、鏡もハートの形だった(汗)。
2007022514
「鏡よ、鏡ぃ~。」って感じ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突然、伊豆高原に行ってみた

楽しみにしていた名古屋遠征に行きそこなってか~なり凹んでいたのだけど、千駄木Django楽団のLIVEがとっても楽しかったこともあって、一晩寝たら何だかスッキリ。
お天気も最高。
旅モードでもあったので、どっか行く?行っちゃう?ということになった。
温泉、富士山、美味しいもんなどのキーワードから、静岡県内の宿を検索。
ようやく、行った方たちの評判も良くてしかも空いている宿を発見!
今度は路線検索をしながら、電車に乗った。

が。
行き当たりばったりのバタバタ旅は、最初から大騒ぎ。
静岡方面だし、とりあえずは新幹線だーと品川に向かっていたのだけど、途中で検索してみたらどうやら新横浜から乗った方が早いらしいと判明し、慌てて降りて逆方向の特急に乗り換えた。
そこからは順調に新幹線に乗って車窓からの景色を眺めたり、ちょこっとオヤツも食べてみたり。
熱海から乗ったローカル線からは、海も見えた。
そろそろ到着~。

わーいとちょっと素敵な作りの駅に降りたら…。
あ、あれぇぇ??ここじゃないよー、もうひとつ先だよーー!!(爆)
駅員さんに聞いてみたら、
「次の電車は、30分待たないと来ない。」
「タクシー乗り場にタクシーが待機しているのは、5時まで。」
と、気の毒そうな表情で言う。
その時、5時過ぎ。ぼちぼち寒くなってきた。
・・・ん?もしかして、タクシー呼んだらいいんじゃん?
ってことで、ホームから電話してタクシーに来てもらい、無事に宿へ。
良かったぁ。

2007022507
やれやれと、無事に(?)その日の宿、「オーベルジュ・ラ・オリーブ」に到着したのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.23

やねせん JAZZ FESTIVAL'07のチケット

5月26日(土)に上野公園にある水上音楽堂で開催される、「やねせん JAZZ FESTIVAL'07」のチケットが出来上がったと、マスターに見せてもらった。
2007022305

今年も、多くの素晴らしいミュージシャン達の演奏が、上野公園の緑の中に響き渡る。
私はちゃんと参加するのは初めてになるし、まだ演奏を聴いていないミュージシャンがほとんどなので、すごく楽しみ♪
実行委員でもあるので、フェスを作り上げていくという仕事もすごく楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千駄木Django楽団

名古屋行き断念が確定し、かなり凹みながらお買物。
がっかりはののさんも当然なのだし、連日連夜深夜までの残業だったからスタミナ付けなくちゃね!
美味しいもんでも作りますかーと気を取り直し、あれこれ食材を買い込んだ。
一度家に戻り、更に買い足りない物を買おうと外に出た所で、ののさんからメール。
”今、仕事終わりや。千駄木のDjangoにsota氏のライブ観に行くでー。”
既に7時30過ぎ。
おいおいおいおいっ!もー、B型なんだからぁと思いつつ、猛ダッシュで千駄木へ。
すると、お店の入り口に降りる階段上にスーツ姿のサラリーマンがいっぱい。
ありゃ?今日はお客さんがいっぱい?
と思ったら、お隣のカラオケスナックのお客さんだった。

なーんだと思ってDjangoのドアを開けたら、なーんとこちらもいっぱい。
うはぁ~と思っていると、常連さんがマスターを呼んでくれ、すいませんねぇといいながらカウンターの一番ステージ寄りの席へ。
隣りは、sotaクンの生徒さんでもある、お馴染みのmizuyoちゃんだった。

ついこの前買ったというマカフェリ”風?”ギターをバックに、バイオリン2本、ピアノ、ベースという珍しい編成。
「Django楽団なのにぃ~」という自己ツッコミを入れつつ、それでもかなりいい感じでライブが進む。
2007022303
お初だった柴貴子さんのバイオリンも、かなりいい雰囲気だ。
ま、私はほとんどステージの上みたいな席にいたので、背中で聴くという珍しい状態ではあったのだけど。

途中、ゲストとして平田誉典クンが、フルアコ(?)で参加。
彼のギターは久々に聞いたのだけど、かなり上手くなっていてちょっとビックリした。
すごーく控えめで大人しかった雰囲気も、ちょこっと変わった気がする。

最後のセッションでは、「試し弾きを~」とマスターに言われて壁からマカフェリ”風”を外してののさんも参加。
う~~ん、やっぱり”風”かなぁ(汗)。
2007022304
ま、ま、「Django」ってお店なんだし、インテリアとしてだけでも雰囲気が違うし。

そうそう。
久々にマスターの料理をあれこれいただいたのだけど、やっぱり美味しかったぁ。
最近食事ができないことが多かったので残念に思っていたのだけど、また復活かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bellows Lovers Night@名古屋ボトムライン(未遂)

cobaさんがプロデュースするアコーデオンの祭典に、キャオ教授くまちゃんの「Duo Bramido X」が出演という情報を入手し、アコーディオンがマイブームなののさんが
”名古屋遠征、しますかね~。”
と突然言い出したのが、6日前。
たまたま翌日&翌々日にdaisukeクンも名古屋でライブということが発覚し、ダブル遠征を目論んでワクワク♪

まだあるかなぁと心配されたチケットも、無事に確保!
2007022306
ホテルも予約して~、私の休暇も無事取れて~。

だったのだけど…。
何とかなるはずだったののさんの休暇が取れず、連日深夜まで頑張って残業し、最悪土曜の3時頃に新幹線に乗れば~と言ってたのだけど、結局…(ため息)。

まぁ、ののさんの予定が立たないのは今に始まったことじゃないんだけど、いろいろ楽しみがあっただけにかなり残念…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ノイハウス・カフェ

ランチを終え、さ~て次なる目的地にと駅に向かっていると、地下鉄の入り口の向こうに何やら新しいカフェを発見。
しかも、「ノイハウス」とある。
これは、素通りできない(笑)。

そう言えば、つい最近どこかの雑誌で紹介されていたような~と思い、オープンがいつだったのか聞いてみたら、去年の10月だそう。
あらら、そんな前に?(汗)

真っ赤なテーブルがアクセントになっていて、かなりお洒落な雰囲気。
メニューを見たら、ケーキセットがあったのでオーダーしてみる。
2007022302
ポットもカップもかなりお洒落なんだけど、肝心のフォンダンショコラがアツアツとろ~りでなかったのが残念。

数年前に日本から撤退してしまい、嘆いているファンも多かったようだし、ここも週末は賑わっているのかも。
雨の平日の昼下がり。
静けさが、ちょっと贅沢だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洋食元祖 煉瓦亭でランチ

名古屋に行けるのー?どうなのー?と思いつつ自宅待機していたのだけど、お昼になっても連絡がないので、イザという時のための最低限な物だけ持って、ちょいとお出かけ。
平日の昼間ということで、「そうだ、こういうチャンスにイデミスギノへ!」と思ったのだけど、午後1時過ぎということで生ケーキのケースは既にカラッポだった。

打ちひしがれたまま、お昼どこを探して裏通りをさ迷っていたら、何やらお馴染みな看板が見えた。
銀座の煉瓦亭から暖簾分けされたお店が新富町にあるのは知っていたけれど、その更に支店があるのは知らなかった。
カウンターだけの1階に入ると、2階にと言われて狭い階段を上がる。
こちらには、L字型のカウンターと4人掛けテーブルが二つ。
カウンターの中央に座ると、ご主人とおぼしき初老の紳士がオーダーを取りに来た。
気が付くと、カウンターの中には「かくしゃくとした」という感じの女性。
銀座の老舗には、結構こういうお店は多い。

いくつかの魅力的なメニューは、どれも定番の洋食。
3種類あるランチの中から、「ハヤシライスとカニクリームコロッケ」なるものをオーダーした。
2007022301
このボリューム!

最初見た時、
「え?ハヤシライス?コロッケ?」
と思ってしまったのだけど、両方だったとは。
サックサクの衣ととろ~りな具が入ったコロッケも、じっくり煮込んだ感たっぷりのハヤシも、丁寧な味。
接客もかなりいい。
常連さんも多い様子なのが、うなずける。

いいお店を見つけた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.21

和可奈鮨でランチ

昨日よりはマシだったものの、引き続き忙しく、ランチでリセット。
もんのすごーく久々に、和可奈鮨に行ってみた。
中に入ってビックリ。
あれー?今ってこんな風になってたんだー。
…前来たのって、いつだっけ?

お店の前はよく通っているのだけど、そういえば前は手書きの小さな看板が出ていただけだったランチメニューが、いつの間にやら夜のメニューと一緒に大きなカラーポスターに変わって驚いたことがある。
その時、お店の中も改装したのだろう。
人気メニューで私も行く度にオーダーしていた中落ち定食も、多分その時なくなってしまった。

カウンターに座り、まぐろ丼をオーダー。
20070221
厚めに切られた赤身に、かなりわさびが利いたお醤油が染みている。
お店のご主人の柔らかな応対は、相変わらず。

パクついていると、ウチの会社の役員某氏が入ってきた。
本郷生まれ本郷育ちの方だし、子どもの頃からいらしているのかも。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007.02.20

ピアンタ本郷

ちょっと忙しくてテンパっていたので、お昼は外に出てひとりでリセット。
イタリアンな気分(←ってどんなん?笑)だったので、近くのイタリアンのお店へ。

カウンター奥の席に座り、パスタを選ぶ。
結構いろいろあって目移りしつつ、モッツァレラチーズが入ったトマトソースのパスタにしてみた。
20070220
トマトの自然な酸味があって、かなり美味しい~。
でも、どうも覚えのある味だと思ったら、更に会社から近いお店の姉妹店だった。

そっちのお店もそうだけど、かなりの人気店らしく、ひっきりなしにお客さんが来る。
「ウェイティング、2名様でーす!」
なんていう声が、ひっきりなし。
それはいいんだけど、そういうスタッフの声に応える別のスタッフ達の
「はいっ!」
というヘンに元気なお返事に、ちょっと違和感が(汗)。
明るく元気にっていうことなんだろうけど、
「はいっ!」「ハイっ!」
なーんてそこらじゅうで連発される中での食事って、どーにもくつろげない…。
うーむ。それが、回転率を上げるヒケツだったりして?
美味しいお店だとは思うし、決して感じは悪くないんだけどねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.18

幸せのちから

観たい映画がいろいろあって、もちろん優先順位はあるのだけど、どれか観られたらいいかな~と先に出かけていたののさんに様子を見てもらった。
結局一番と二番は希望の時間は満席で、三番目だった映画を観ることにした。
とはいえ、もちろん前々から観たいと思っていたし、大ヒット中の映画だ。

仕事が上手くいかず、妻ともうまくいかなくなってしまった男性が、小さな息子を苦労して育てながら新しい仕事を得て成功するまでのサクセスストーリー。
ちゃんとモデルとなった方がいて、しかも息子役が主役のウィル・スミスの本当の息子さんだという、話題がた~くさんの映画だ。

夫婦喧嘩や仕事上の様々なトラブル、果てはホームレスにまでなってしまった主人公の悲惨さと、その状況から何とか這い上がろうと明るく努力する姿にはこちらまで元気をもらえるようだ。
更に、小さな息子とのやり取りのシーンが素晴らしく、辛い日々を過ごしているとは思えないような温かさだった。

とはいえ、涙ナミダの感動シーンの連続と思いきや、ストーリーはクールに進む。
「お涙ちょうだい」には作られていないのだ。
予告や広告を見て「泣ける映画」を考えていた私には、ちょいと肩すかし・・・。
確かにいい映画だとは思うけど、ホームレスの人達がその日の宿泊場所を得るために長い長い行列を作っている切ない映像が、一番心に残ってしまった。
ドキュメンタリー的な部分もあって、社会の底辺にいる多くの人達について考えさせる、意義ある映画だとも言える。

あの大勢の人達の中から、彼のようにとはいかなくても、何とか這い上がれた人が少しでも多くいて欲しいと願う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VIETNAMESE シクロ

六本木ヒルズに映画を観に行くことになり、近くで食事してからということになった。
私がどーしよっか~とキョロキョロしていると、職場が近いののさんが裏通りに引っ張って行く。
よくランチに来ているらしい辺りだそうで、私ひとりなら行かない裏の通りにあるビルへ。
テナント名の並んだ看板を見ると、「VIETNAMESE CYCLO」とある。
前々から行ってみたいけどどこにあるんだろうと思っていたお店だったし、軽く済ませることもできそうだったので、ここに入ることにした。

テラス席には雑誌でも見たことのあるシクロが置かれ、大きなゴツい扉とで外から見ても雰囲気は満点。
2007021804

重い扉に四苦八苦していると、中からスタッフが開けてくれた。
外からは見えなかったが、奥に広いフロアがあってそちらに通される。
ほの暗い店内は、ほっと落ち着く感じだ。

あまり時間もないので、フォーと生春巻きで軽くいただく。
2007021801

久々だったフォーは、ちゃんと香菜も使いつつ、そーんなにディープでない作り。
お洒落な店内の雰囲気によく合っている。
2007021802

次に行く時は、ちゃんと時間を取って、あれこれゆっくり楽しみたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月11日 - 2007年2月17日 | トップページ | 2007年2月25日 - 2007年3月3日 »