« 2007年2月4日 - 2007年2月10日 | トップページ | 2007年2月18日 - 2007年2月24日 »

2007年2月11日 - 2007年2月17日の8件の記事

2007.02.17

トミー・キャンベル ボーカルセッション@BODY&SOUL

前々から行きたい~と思っていた、daisukeクンのBody&Soulでのライブにようやく出かけた。
たまたまついこの前近くまで来ることがあったので事前にお店の場所を確認しておいたのだけど、ナゼか雨の中をぐるぐる…。
肌寒い日だったのに、汗だくで到着した。

テーブルの間が結構狭いらしいことを聞いていたのだけど、運良く奥の広いテーブル席に案内された。
渡されたメニューを見て、シマッタ~!
思ってたより、料理のレベルがかなり高そう。
大したものはないだろうと思ったので、夕食を済ませてきてしまったのだ。
しかも、某チェーン系定食屋さんで(爆)。

気を取り直してワインかなんかいただいていると、daisukeクンがやってきた。
どんな感じのライブかとか、出ることになった経緯とか、あれやこれやとおしゃべり。
今日のメンバーは元々daisukeクン以外は固定で、daisukeクンのポジションに以前いたのはあのTOKUさんだったのだそう。まさに、白羽の矢だ。
話している途中、来週末に名古屋にライブ遠征する予定だという話をした。
するとdaisukeクン、
「ボクも土日は名古屋ですよー!」
ってことで、ダブルで遠征しよー♪と大盛り上がり。
途中、すんげーキレイな女のコがやってきて、誰かと思ったらもう一人のボーカリストである山口有紀さんだった。
伊藤君子さんのお弟子さんで、なんと神戸からやってきているとのこと。
とっても素敵な雰囲気を持った方で、daisukeクンとの息も合っているようだ。

そして、いよいよライブ。
オープニングでケイ柴田さん、グレッグ・リーさん、そしてトミー・キャンベルさんのトリオでのインストがあり、その後二人が入っての演奏。
あれ?なーんで曲が始まってるのに、daisukeクンてばまだ何か飲んでるのー?とヤキモキしていたら、何とビックリ英語で小芝居が始まった。
後で聞いたところ台本もなく二人のアドリブだそうで、バレンタインデーの後というシチュエーション。
「有紀がチョコレートをくれなかったー。」
と落ち込むdaisukeクンと、軽ぅ~くいなしてしまう有紀さんとの会話が可笑しい。
しかし、「ギブミーチョコレート!」って、どうよ?(爆)

ほとんどがトミー氏のオリジナルだという中で、1stでは早くも「スペイン」が登場。
かなり評判のいい曲なだけに、
「えー?もうやっちゃうんですかぁー?」
という感じ。
P1060989
いろーんなアレンジで多くのミュージシャンが演奏する曲だけど、今回はまた秀逸。
耳の肥えたお客さんたちが、どんどん引き込まれていくのがわかった。

休憩を挟み、多少のお客さんの入れ替わりはあったものの、満席状態で2nd開始。
歌はもちろん、小芝居も、そして当然のことながらトミー氏のMCも英語でのステージ。
ってことで、MCの大半は私は理解できず…。
時々ののさんをつついては簡単に訳してもらったのだけど、まるでNYのジャズクラブみたいだった。

1曲だけあったボサノバの曲は、なーんとポルトガル語で。
いいムード~♪
後半に入るとまずます盛り上がり、ステージも客席も熱気を帯びてくる。
ついにはdaisukeコールまで起こり、何だかもんのすごーく感動してしまった。
最後が「Goodtimes badtimes(ってタイトルだったと思う)」という懐かしい曲だったのも、感動の一因だ。

とにかく、お店の雰囲気といい、ママさんを始めとしたスタッフの接客といい、ミュージシャンの実力といい、そしてお客さんたちのレベルといい、全てが本当に素晴らしい。
お店全体が見渡せる席だったこともあって、いろいろな人の表情を見ることができた。
このメンバーでは、5月18日に横浜のモーションブルーでのライブが決まっているとのこと。
このお店にももちろんだけど、そちらも行かないと~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.15

冨岡雅佳ライブ&セッション

ジャン研HPのBBSにitoさんの書き込みがあり、ギターの富岡さんにクラリネットの方を含めたメンバーでのライブがあると知ってワクワクとBluedragにお出かけ。

書き込みでは、「お店のHPに出ていないので詳細がわからない」ということだったので、
”お店のHPってー。自分が出るんでしょうがぁ~。”
とツッコミを入れつつ行く前に覗いてみたのだけど、時間すら書いてない(汗)。
で、てきとーに早めに行ってみると、まだ先客が1名いるのみで、マスターすら詳細がわかってない(爆)。
”何時からなんだろ?えー?伊東さんも来るんだ?”
なんて状態。すごいなぁ(笑)。

しばらくすると、続々とお客様到着。
元々はキヨシ小林さんのセッションの日なので、そのつもりでいらした方がほとんどらしい。
そして、この日はキヨシさんがご旅行中でいらっしゃらないとか、お弟子さんの富岡さんがライブをするとかは知らない方がほとんど。
もしかすると、よくわかんない状態で行ったはずの私が一番わけわかってたのかも。

クラリネットの加藤さんを加え、ほとんど打ち合わせもなくライブがスタート。
富岡さんもなんだかんだでブルドラではお見かけする方なので知ってはいたのだけど、お馴染みの伊東さんとのツーショットはちょっと感動もんだった。
2007021501
ちぃとも知らなかったのだけど、お二人はジャン研ができる前からのお知り合いだそう。
まだまだジプシージャズファンも少なかった10年位前なのだそうで、当時まだ富岡さんは十代だったとのこと。
まさに、最近の日本のジプシージャズの盛り上がりと共に歩んできたお二人なのねぇ。
っていうか、富岡さんてそんなに若かったんだ~(爆)。
落ち着いてるし、なーんとなく一目置かれる感がある方なので、もう少し…と思ってた。

そんなお二人の演奏は、さすがに素晴らしい。
「次、どうするぅ?あれやる?」
などとステージの上で打ち合わせしつつな即興演奏だったのだけど、さすがの堂々たるステージ。
伊東さんの二本指による演奏には、客席からもため息やら唸り声やらも聞こえた。
クラリネットが入った編成はかなり珍しいと思うけど、ものすごくいい雰囲気が出る。
以前ブルドラでやった「Django's story」でもクラリネットの代わりにsotaクンがピアノを弾いたってことがあったけど、あの時加藤さんが演奏してくれてたら、また違った感じになったのかも。

二部は、キヨシさんのファンとして知られるユキナベさんの仕切りでセッションタイム。
ようやく到着したののさんも、早速引っ張り出されてステージへ。
2007021502
年配の女性が「禁じられた遊び」をソロで演奏したり、顔見知りになったアコーディオン奏者の女性がおにゅーのボタンアコをご披露したり、いつも私が行くセッションとはちょっと違った雰囲気もあって、中々楽しい。
ジャン研メンバーともキヨシさんファンの方たちとも親しいユキナベさんは、両方のメンバーに声をかけてセッションを進行させつつ、ご自身の演奏もさすがだった。

ついついいつものよく知った方のライブやセッションに行くことが多くなってしまうけど、たまには違ったとこを覗いてみるのも楽しいなぁ。
…え?覗きすぎ?(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.14

Pierre Marcoliniのチョコレート

今年のバレンタインデーのチョコレートは、いろいろ迷ってPierre Marcoliniに。
実は、去年ブリュッセルを観光した時に行けたらいいなぁと思ってたのだけど、時間がなくて結局行けず、心残りだったのだ。
2007021403
試食したりはしないで買ったので、甘すぎちゃったらどうしよ~と思っていたのだけど、シッカリ大人の味で、ののさんにも好評。
小さめでするるっとなくなってしまうのだけど、コクがあって、さすが~って感じだった。

え?もちろん、お相伴させていただきましたので。
ホホホ♪


| | コメント (2) | トラックバック (0)

HAMLET@サンシャイン劇場

くにくにに誘われて、「HAMLET」を観に行った。
2007021402
サンシャイン劇場って、いつ以来だろう?
ちょっとの間に、ずいぶん古くなってしまった気がする。

入り口には、役者さん宛てのお花がズラリと並ぶ。
2007021401
役者さんをはじめ、有名人からのものがほとんど。
中に「有志一同」「ファンより」っていうのもあったけど、こういう場所では初めて見た気がする。

お芝居は、超が10位付くような有名なもの。
ちゃんと観たことはないけれど、だ~いたいのあらすじや主な登場人物、代表的なセリフ位は知っていた。
「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ。」
とか
「行け!尼寺へー!」
とかね。
筋とは関係なく、そういうシーンが来るとおぉっ!と思ってしまったりして。
そーいや一応、演劇部にいたことがあるんだよねー。
こういう難しいのまでは、全然たどり着かなかったけど。

主人公のハムレット役は、元宝塚トップスターの安寿ミラさん。
宝塚時代は多分見ていないと思うのだけど、男役トップだった方にしては小柄な印象。
身軽に動き回って、若い男性役というよりも少年っぽい。
一方、ハムレットの母役は、なーんと舘形比呂一さんという男性!
かなり長身で、痩せてはいるけどいかにも男性なのだけど、なーんとなく妖艶な雰囲気の方。
舘形比呂という名前でTHE CONVOYに所属する、元々はダンサーさんらしい。
えーと、本当はオトコであるお母さんから、本当はオンナである息子が生まれてる…ってこと?(汗)

そーんなこんなで、最初のうちこそこっそりツッコミを入れつつ観ていたのだけど、二幕目に入った辺りからは徐々にお芝居に引き込まれ、最初は結構長いな~と思っていた3時間を越える上演時間もなんのその。
何度も何度もアンコールの拍手を送ってしまった位、大堪能。
それぞれ個性的で力のある役者さん達が揃い、実に見応えのあるお芝居だった。

しばらく新劇って観てなかったけど、やっぱり面白いなぁ。
この前すれ違った蜷川さん演出のシェークスピアを、一度観てみたいのだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.11

ミニシクラメン、その後

以前夏越えに成功した~と記事にしたミニシクラメン、その後もひと足先に春真っ盛り~!といった感じで、どんどんどんどん花が咲く♪
2007020401

と言いつつ、実は夏越えさせたまましばらくベランダに置いておいたら、急に寒くなってしまった日にグッタリしてしまって半泣きで大慌てしたことも。
去年と同じく日当たりのいいダイニングテーブルの窓際に移動させたら、すっかり元気になってほっ♪

まだ小さなつぼみも育っているので、これからもしばらく楽しませてくれそう。
みょ~に背が高くノビノビ状態なのが、何だか気になる…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

青山 助とら

バレンタインが近いということで、ののさんのリクエストでふぐ料理のお店に行った。
ふぐというと一昔前までは特別な接待だとか、別世界の雰囲気がある高級料理だったけれど、最近は庶民の手にも届くようなお店が増えた。
こちらは、たまにはいいかな~程度のお値段で、人気もあるらしい。

お得なコースでお願いし、ひれ酒を飲みながらお料理を待つ。
2007021202
すぐに竹に入れられた煮こごりが来たので、そちらを味わう。
フタ付きのカップをカゴの中に入れた、素敵な器も素敵。
インテリアといい、こういったところも魅力のお店だ。

続いて、てっさ。
2007021203
シコシコとした、いい食感。
結構なボリュームだ。

から揚げの後、いよいよてっちり。
人気のコラーゲン鍋にしてもらい、白子も追加してお願いした。
2007021205
ふるふるの半透明な物体が、温められて見る見る溶けていく不思議な光景。
スタッフが、ふぐのどこの場所なのかを説明しつつお鍋を作っていってくれた。
雑炊でシメて、更にデザートもいただき、美味しく大満足でお料理終了♪

私たち的には、久々にちょーっと頑張ってみたディナーだったのだけど、まぁ、たまにはいいよねーってことで。
ところが~。
お隣の席には、20代前半の感じの可愛らしい女性がお二人。
ひとりは結構常連さんなのか、スタッフに
「いつもありがとうございます!」
なーんて言われていた。
しかも、別に誰かのオゴリとかでなく、ちゃんと自腹らしい。
でもって、かーなり飲みながらあれもこれもといろいろオーダーしてる。
むぅ…。
ま、まぁ、人それぞれですからね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナイフレスト

美容院に行く前に、すぐそばにある「文化屋雑貨店」に、ものすごーく久々に入ってみた。
その昔、まだファイアーストリート(って今でも言うのかな?)にあって大人気だった頃、静岡から来ると必ずと言っていいほど立ち寄る数軒のうちの一軒だった。
買う時もあれば買わないで見るだけのこともあったけど、すっごく楽しい魅力的な商品が必ずあるお店だった。

裏原宿とこの界隈が呼ばれるようになる頃にお引っ越ししてきてからは、まだ数回しか行ってない。
キッチュな雑貨に、ののさんも目を輝かせている。

譜面がモチーフになったシリーズを発見し、ナイフレストを買ってみた。
20070217
これを置くだけで、食卓が楽しくなりそう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

UA CAFE

今日もいいお天気。
午後からカットの予約を入れていたので、表参道までお出かけ。
途中、カジュアルウェアのユナイテッドアローズが経営するカフェで、ちょこっとおやつ。

表参道ヒルズ周辺は混んでるだろうねーということで、ちょこっと遠回りながら裏原宿から行ったら、カフェの場所がわからなくなって行ったり来たり(汗)。
「あれー?なくなっちゃったぁ?」などとオマヌケなことを言いつつ、何とか無事に到着。

束矢焼きなる人形焼きみたいなのもあったのだけど、メニューに「パン・プディング」の懐かしい名前を発見したのでこちらに。
2007021201
結構しっかりした食べ応え。
昔自分で作った時は、もっとふわふわしてたんだけど。

ちょっと前に入ろうとして覗いた時は満席だったのに、今日はガラガラ。
時間的にちょうどお茶っていう時間だったのに、ナゼ?
結構お洒落だし、ちゃんとしたものが出てくるし、ランチも安いと思うんだけど。
向かいのショップには、お洒落な人達が出たり入ったりだったのにな。
名物らしい「束矢焼き」も、ちょっと気になる…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月4日 - 2007年2月10日 | トップページ | 2007年2月18日 - 2007年2月24日 »