« 2007年10月28日 - 2007年11月3日 | トップページ | 2007年11月18日 - 2007年11月24日 »

2007年11月4日 - 2007年11月10日の5件の記事

2007.11.10

サタデーホットリクエスト

ABE-KOBAが、NHK-FMの公開生放送番組にゲスト出演しました。
観覧ハガキを当ててNHKまでいらしたファンの方たちもいましたが、全部だと結構な拘束時間になるなーと軟弱に考えてしまい、地味ぃ~に自宅でラジオ観戦(?)しました。

コーナー的にはライブをするコーナーではなかったのですが、「情熱」だけがCDで、他の「DJANGOLOGY」と「Etude」の2曲は生演奏で披露。
パーソナリティーの杏子さんから
”かっこいい~!”
”すごいコンビネーションですねー!”
などと言っていただき、何だかウフフ♪

だって私の世代では、杏子さんといったら大人気バンドのバービーボーイズのメンバーですから!
色っぽくってPOPでエネルギッシュなバービーの杏子さん、大好きでしたから!
彼女があのABE-KOBAのお二人と直接お話してるなんて~と、ちょっと感慨深かったりもしました。

ラジオとあって、トークもバシバシ。
新人でしかもインストで、その上ジャズですから、いろーんな質問が次々飛んできます。
ABE-KOBA、かなり苦戦~。
ちょっと言葉に詰まっちゃったり、中途半端な答えになっちゃったり…。
ラジオの前で、ツッコミを入れつつもちょいとイライラもしちゃいました(汗)。
ライブでのMCはかなり慣れてきたけど、ラジオはまだまだこれからですからねぇ。
あらかじめよく質問されるようなことには、答えを考えておいたりする方がいいのかも。

でもでも、ちょっといい感じのトークもあったのです。
ゲストがひと言書くというのがあって、小林クンが書いたのが「出会い」という言葉。
偶然に思える出会いも実は必然なんだという本当に素敵なコメントには、じ~んときました。
ABE-KOBAの二人も、最初は一度だけライブをするというというつもりがメジャーデビューするまでになったという話もあって、その最初のライブの時のことを懐かしく思い出しました。

ところでこの私、観覧には行かなかったものの、当然ながらリクエストは出しておきました。
ちゃんとリクエスト曲をかけてもらえるよう、今日のテーマである「インテリア」のネタも含めつつ、もちろんABE-KOBAの曲をリクエスト♪
ところが、彼らの出番が終わってかなり経ってからメッセージは読まれたものの、曲はかからず…。
意味ないじゃーん!(爆)

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2007.11.09

ロドルフ・ラッファリ&フェレ兄弟 with 阿部恭平(浜松町・文化放送メディアプラスホール)

ジプシージャズのアーティストが来日ということで、あんまりよくわかってないまま(汗)浜松町の会場へ行ってきました。
当日まで参加できるかが微妙だったののさんと併設のカフェで無事に合流し、軽くお茶。
どーもさっきから目に付くガイジンさんのグループが~と聞いてみたら、ご本人さん達でした(笑)。
ののさんは週末に銀座で行われたジャズフェスでもフェレ兄弟のステージを観ていたのですが、私は全くの初めて。メンバーの顔すらわかってないのでした~。

会場に入ると、一列目にはちょい前にNote Noireのライブでお会いしてチケット情報をくれたanchoさんをはじめ、ジャン研メンバーがズラリ。
他の客席にももちろん大勢来ていて、案の定ではありますがジャン研率がとっても高いライブでした。
その上なんとライブには、フランス帰りの若手ベーシストで、ののさんとも何度かセッションしている阿部恭平クンも参加というすんごい状況。
2007110901
更にオープニングの映像には、かなりお馴染みの某若手ギタリスト氏も登場していて、いろーんな楽しみがあったライブでした。

さて肝心のライブですが、途中、ジャンゴメドレーがあったりもしましたが、基本的にはそ~んなにジプシージャズっぽくない内容。
とはいえ、フェレ(兄)はジャンゴレガシーにも登場されていたそうで、ジャンゴファンにはかーなりお馴染みの方。
終演後は、マニアックな彼の話でもちきりでした。

そのフェレ(兄)のまん前にいた全然マニアじゃない私からすると、
”このおっちゃん、子供の頃からこうやってギター弾くのが大好きだったんだろうなぁ。”
というのが正直な感想です。
ギターが好きで好きで好きで好きで…こうなっちゃいました~って感じで(笑)。
イマイチ音響がちゃんとしてなかったりしてヒヤヒヤするシーンもあったのですが、とにかく弾いてることがシアワセ!という彼の至福の表情は、中々素敵でした。

「スペイン」で、本編終了。
横一列に並んで、なーんと全員で”あざーす!”と頭を下げてのご挨拶!
これには微妙に驚愕でした(誰が教えちゃったんでしょうねー?)。
でもでも、アンコールの「枯葉」はさっすが~な雰囲気。
当然といえば当然なのですが、やっぱりプロフェッショナルなのですねー。

プロと言えば、彼らは終演後に六本木を経て池袋の某お店で朝6時まで盛り上がっていたとか。
チャボロ達シュミットさんご一行もそうでしたが、その辺りもプロってすごいなーと思いました。
今年はこのところ続いていた、プランクトンさんがらみのジプシージャズ系ライブがなくってちょっと残念~。
来年はどうかな?そろそろ、ローゼンバーグとか呼んでくれないかしらん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.07

新旧の大丸

大丸東京店が新しい店舗にお引越ししたというので、早速覗いて来ました。
2007110701
何ヶ所も入り口があるのですが、どこもすごい人です。
B1、1Fの、特にスイーツ系の売り場は大賑わい。
何件か気になるお店があったのですが、今日は下見だけにしました。

上の婦人服売り場もちょこっと覗きましたが、全体にスタイリッシュな作りになり、売り場も見やすく配置されていた気がします。
カフェに、気になるお店が数店。
…って、私が気になるのは食べるもんのお店ばかりだったりして(汗)。

一方、元の大丸。
シャッターが閉まり、メインの明かりも消されています。
2007110702
58年もあったんですねー。
張り紙をじぃっと見てから行く人が、たくさんいました。
私はたまーにしか行ってませんでしたが、それでもちょっと淋しい気分でした。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.11.04

浜田省吾(横須賀芸術劇場)

今回のツアー最終クールの中で唯一の参加である、横須賀まで行ってきました。
実はNHKホールのチケットを譲っていただける話もあったのですが、どこにも行けないって泣いてる仲間も多く、かーなり迷いながらそんな仲間にお譲りしたのです。
もちろんあちこちたくさん行きたいですけど、もし自分の立場だったらって思うと、そうせずにはいられませんでした。
でも横須賀の方が後だったし、万が一行けなくなったらどうしよう?って戦々恐々だったので、とにかく行けて良かったです。

とはいえ。
最初に目論んでいた「ついでに横須賀観光もしちゃおう」なーんてのは、急遽ABE-KOBAのライブに行かねばならないことになったので(ねばならぬライブでしょ?笑)、残念ながら中止。
ライブだけを純粋に楽しんできました。

うわさに聞いていた横須賀芸術劇場のオペラハウスのような作りを見上げつつ、定評のある音の良さも満喫できたライブ。
そして、譲ってくれた友達のおかげで前から5列目という素晴らしい席!
かーなり行ってる浜田さんのライブの中でも、これは1,2を争う良席だったのじゃないかしらん?
ただ、前のカップルが異常におっきく、しかも女性の方は幅もある方で多少見えずらいシーンも。
それでもまぁ、上手寄りでもあったおかげで花道に古村さんやら町支さんやらがいらっしゃるとすんごい近くって感動でした!

一応ここ最近のセットリストはざっと見ておいたものの、いくつか違う曲が演奏されました。
後から考えると、このところ演奏されてたあれも聴きたかったな~という曲もありますが、それは仕方ないですよね。
そしてそして、注目されていたアンコールの日替わり曲は、大好きな「ON THE ROAD」。
私が参加できるこのツアー最終日にピッタリな曲だし、すっごく嬉しくって思わずちょいとハメ外し気味に。
翌日(翌々日も 汗)、あれでよく筋肉痛にならなかったもんです(笑)。

浜田さんは、昔から馴染み深い土地だということでいろんな思い出話をしてくれて、いつもよりかなりMCは長め。
ちょこっと記憶違いがあって会場からツッコミ入れられたりしたのも、ご愛嬌。
すっごく和気藹々とした、楽しいステージでした。
それは、いつも素晴らしい演奏を聴かせてくれているバックのミュージシャン達も同じこと。
今回は、浜田さんがデビュー当時を再現しながら「路地裏の少年」を歌うシーンでトランプゲームをしてるなぁと思ったら、負けちゃったらしい古村さんがオーバーアクションの後ひとり立ち上がって大きく手拍子をして見せたり、演奏をしていない時も一緒に楽しみ楽しませてくれました。
「最高級のバンド」って、こういうことも一因なんですねぇ。

そんな中、今回一つだけ残念だったことが(汗)。
前の方の席ではあったのですが、町支さんが花道からピックを投げると私の遥か後ろの席へ、正面からだと私には届かない。
ところがアンコール中に、前にいるカップルの間から突然ピックが飛んできたんです。
その時浜田さんの姿を追っていた私、町支さんの姿はカップルのおっきな体の陰になってで見えておらず、いきなり目の前に飛んできたピックに驚いて、咄嗟に避けちゃったんです!
あり得な~い(泣)。
当然ながらすぐ後ろの席の方がピックを手にしたのですが、ちゃんと見えてたら受け取れただろうし、いい記念になったのになぁ。
ちょっとっていうか、かーなり残念~。


会場を出ると、何やら二階から下を見下ろして写真を撮っているファンがいっぱい。
何かと思ったら、すぐ下に搬入口があって、トランポが停まってるじゃありませんか!
慌てて撮影開始~♪
2007110403
と、気づくとすぐ前にもトランポ、その後ろにもまたトランポと、他の会場ではあまり見かけない光景でした。

次に浜田さんのライブがいつ観られるのかわからないけれど、浜田さんの仰るようにその日まで心も身体も健康で、ちゃんとライブを楽しめるようにしておきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ABE-KOBA(六本木ヒルズアリーナ)

六本木ヒルズアリーナなーんていうお洒落な場所で、ABE-KOBAのフリーライブがありました。
2007110401
どーしてもな用事があって1stだけでしたが、かな~り堪能♪
ワンコ連れ&子供連れがたくさんのオープンスペースで、30分ほど二人の演奏を楽しみました。

<セットリスト>
1.DJANGOLOGY
2.小春日和
3.Etude
4.セ・シ・ボン
5.Kovals
6.Swing'07
7.VACATION
8.情熱

2007110402

10分前に駆け込んだら、周りには結構人がいるものの、ライブ用に用意された座席にはまだ人がおらず…。
でも、演奏が始まると同時に次々にお客さんがやってきて、終わる頃にはほぼ満席になりました~♪
皆さんとっても楽しんで聴いてらして、手拍子をしたり、特に子供さん達は踊ってたりで、ほのぼの~な雰囲気。
すっごくいいお天気で、見上げると青空が見えました。

メンバー紹介では、KOBAクンはABEクンを
”笑顔が眩しい阿部義邦~!”
なーんて紹介。
また、ノリノリな”VACATION”で会場に手拍子を求めると、皆さんちゃ~んと手拍子に応じてくれてホッ♪
MCもどんどん上手になってきてるなーと、こちらも思わずニコニコしちゃいました。

ライブ後にはCD即売会もあったのですが、結構行列に。
私は海外の友人用にと並んでいたのですが、後ろに並んでいた小さな女のコとママの会話が聞こえてきました。
”ギターのお兄さんたちに、握手してもらいましょうね~。”
”あれ?恥ずかしいかなぁ?ひろみちお兄さんには握手してもらったのにねぇ?”
うーむ、まだまだひろみちお兄さんの魅力には勝てないみたいです(笑)。

CDを買った後、見ていらしたABEクンのお父様にちょこっとご挨拶。
かなりあちこちから問い合わせの電話があったりするそうで、
”まだまだこれからですから~。”
と言いながらも、嬉しそう。
でも、私は何だかボロボロ涙が。
去年急逝されたお母様の話になって、更に涙…。
でもきっと、近くで見守ってくれてますよね!

ABE-KOBAの素敵な音楽、もっともっとたくさんの人たちに聞いて欲しいです~♪

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2007年10月28日 - 2007年11月3日 | トップページ | 2007年11月18日 - 2007年11月24日 »