« 2007年5月13日 - 2007年5月19日 | トップページ | 2007年5月27日 - 2007年6月2日 »

2007年5月20日 - 2007年5月26日の4件の記事

2007.05.26

やねせん JAZZ FESTIVAL'07(上野・水上音楽堂)

週間天気予報ではずっと雨の予報だったのでスタッフ一同ヤキモキしていたのだけど、朝から快晴~♪
どこからか花の香りもほんのり漂い、まさに風と緑のジャズフェスティバルとなった。
朝からセッティングして、私は受付を担当。
会場から聴こえてくる演奏をBGMに、結構大忙しだ。
お客さんの数が例年に比べてかなり良かったそうで、去年も受付だったというスタッフも忙しさに驚いていた。

厳選された今回の参加ミュージシャンは、本当に実力者揃い。
途中、唯一メンバー全員の演奏を聴いたことのある千駄木Django楽団(北床宗太郎、西村俊哉、小林圭吾、三浦剛司)と、トリの八木隆幸ピアノトリオ(八木隆幸、、池田聡、水口泰邦)の演奏を会場で聴かせてもらえた。

ジャズとはいえ結構爆音系バンドが多く、完全アコギバンドの千駄木Django楽団はちょーっと大人しい印象。
2007052601
後でsotaクンに聞いたところ、ハウリング対策もあってあんまり音を上げられず、結構ギリギリの線だったらしい。
うーむ、難しいもんなんだなぁ。

それでも後から聞いた話によると、ギターを抱えた若い男性たちが会場脇から観ていて、小林クンの指の動きに目が釘付けだったそうだ。
会場の外から覗き込んでいたのをマスターが見つけ、特別に会場脇から見せてあげたとのこと。
フラメンコギターを習っている人たちだったようだけど、小林クンの演奏には特別の物を感じたのだろう。

演奏が終わると、次のバンドの演奏中はsotaクンが参加するNote NoireのCD即売のため再び受付に走る。
たまたま通りかかっていらしたのか、外国人カップルがカタコトの日本語を話して買って行ったり、中には数枚まとめてお買い上げして行く方もいて、結構な売れ行き。
慌ててsotaクンを探し出して、サインを入れてもらったりした。

八木さんの演奏が始まると、交代に来てくれたスタッフに促され、また客席に戻った。
すっかり暗くなった会場で、貫禄のステージが始まる。
2007052602
多くのスタッフが彼の演奏を絶賛するだけあって、素晴らしい演奏だった。
後ろの方から観ていたのだけど、ベースの池田さんの立ち姿がすっごくカッコよくってちょっとビックリ。
元々ルックスはいい方なのだけど、何度か拝見しているDjangoでのライブではいつも至近距離からなので、遠くから観たのは初めて。
ちょっと面白い体験ができた。
そういえば池田さんは、福島久雄さん率いるGYPSY SWING PROJECTというバンドでニューカレドニアでのジャンゴフェスに出演されるそうだ。
すごい!

終演後、撤収してDjangoで打ち上げ。
ピアノを弾き始めるミュージシャンがいたり、ご近所に住む常連さんが顔を出したり、いろんな方のいろんな話が聞けて楽しかった。
半年前に開催日が決定してから、いや、マスターに声をかけられてボランティアスタッフになってからだからそれ以上だ。
初めてフルで参加したやねせんフェス、それもスタッフとして参加して、大成功のうちに終えることができて良かった~。
たくさんのスタッフやミュージシャン、そしてもちろんいらしてくれたたーくさんのお客様たち、そしてそして風と緑と太陽にも感謝☆
でも、来年はお客さんで参加、がいいかな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.24

またまた、省吾をROCKで♪

先日池袋の居酒屋さんで「省吾」という焼酎を飲んだのだけど、それを知った某浜田な友人が
姉妹店のぐるなびサイトには、焼酎の詳しい説明も出てるよ!」
とメールをくれた。
見ると、こちらは大阪串揚げのお店。
「省吾」はもう飲んだばかりで一応満足だったのだけど、話を聞いて串揚げ食べたさに緊急オフ会することにした。

そんな訳で行ったのが、「大阪串揚げ・焼酎処 串の蔵」というお店。
久々の神田駅前には、コスプレした女の子たちが何人もビラ配りしてるし、オヤジ系な居酒屋さんもいっぱい。
ところがちょっとキョロつきつつもまっしぐらしてみると、神田駅からすぐということもあってか何と満席!
仕方なく近くのオヤジ系居酒屋に落ち着く。

…が、やはりそれではオフ会の目的が果たせないっつーことで(なのか?)、再度TRY。
空き次第に連絡してくれるという(さっき言ってよ~)のでお願いして待っていると、ほどなく無事に入店できた。

「省吾」は今回はパスして、たーくさんの焼酎リストの中からちょいと気になったネーミングの「風に吹かれて」を。
こちらは焼酎としてもかなりのコダワリもん&超レアもんらしく、お店のスタッフはそこを強調したかったようなのだけど…まぁ、よくわかんないし(汗)。
他にも「First Love」なんてのもあったし、350種類とかある焼酎の分厚いリストをじっくり見れば、もっといろいろ(何を?)発見できるのかも。

当然ながら楽しみだった串揚げも、最初に行ったお店でもあれこれ食べた後だったにも関わらずパクパク♪
たーくさんの焼酎と、美味しいお料理は、先日の「一心」にも負けず劣らず。
次回はオナカを空かせて、ちゃんと予約もして(笑)、ゆっくり行ってみたい。

そんな訳で、今回のレシートにはこんな印字が(笑)。
2007052403
入ってすぐにあるレジ前には「省吾」の入っている甕もどーんと置かれていて、ちょっとドキドキ。
いきなり「省吾」がお出迎え~なので、浜田な皆様は驚かないように注意です(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.05.23

サンリオ・ピューロランド

サンリオ・ピューロランドのパスポート券を2枚入手した。
あの手の可愛い系キャラクターも、ピューロランドで繰り広げられているというダンスやらのショーも、くにくには大好き。
前々から行きたがっていたので今こそチャンス♪とばかりに誘い、一緒に行ってみた。

新宿から多摩センターまで行き、しばらく歩いて行くと建物が見える。
P1070466
道の案内表示にまでキティちゃんが登場していて、ちょっとわくわく。
なんだかんだ言っても、私もサンリオキャラ第一世代。
学校帰りには、サンリオショップであれやこれやとお買い物をしたものだ。

入場する時にもらったガイドマップとショーのスケジュールを見て、まずは「フェアリードリーム」というショーを観ることに。
妖精だったりするきれいなおねーさん達も登場するのだけど、こちらの見所はやはり妖精として登場する、中国雑技団の皆さんのアクロバティックな動き。
P1070470_1
子どもを含めて何人かが登場したのだけど、体がどうなっちゃってるのかわかんないような方も。

出かけたのが遅かったので、これが終わるとすぐにお昼。
いくつかあるレストランから、フードマシンレストランというカフェテリア式のところを選んだ。
和食もあり、洋食もありというところだったけど、まぁ、内容はこんなもんですかねーってとこ。
ハンバーガーコンボのような物があるのを発見したので、それにしてみた。
P1070471
店内は特にサンリオ~♪って訳でもなかったけど、とりあえず、紙コップにはキティちゃんがいる(笑)。

食べ終わってからショーまで少し時間があったので、「サンリオキャラクターボートライド」というのに乗ってみた。
前に幼稚園の遠足らしい団体がいて、ちょっとたじろぐ。
私より若いお母さんたちが、子ども達を連れている…。
まぁ、この年代の二人連れって、この中じゃ私たちくらいだろうなぁ。
アトラクションは、TDLにある「イッツアスモールワールド」のサンリオ版といったところ。
P1070475
子供の頃慣れ親しんだ懐かしいキャラクターがいろいろ登場して、思ってた以上に楽しめた。

ボートから降りて、パレードのある下のフロアを見下ろす。
P1070477
隣のメルヘンシアター、音符の装飾が可愛い!

場内が暗くなり、いよいよパレードの始まりだ。
TDLなどと違って室内で、しかもエリアが狭いので結構見やすかった。
最初のショーにも出演していた雑技団の皆さんも再登場し、拍手を浴びる。
P1070484
まぁ、もちろん主役はキティちゃんなのだけどね(笑)
それにしても、パレードの音楽が角松敏生さんだったのにはちょっとビックリ。
言われてみれば、確かになつかしの角松サウンド。
CDも出ていて、ショップで売られていた。

終わって次は、いよいよお目当ての「ハローキティのくるみ割り人形」というショー。
その前にちょこっとトイレに行ってみたら、洗面台の所がすっごく可愛かった。
P1070488_1
どこかの男性用トイレにはキャラクターがいてビックリするという話を聞いたことがあるのだけど、女性用はこういうのだけなのかしらん?

さてさて。
オープンからの歴代のショーの写真などを見ながら、思いのほか本格的な作りの客席に座る。
今までもそうそうたるメンバーが演出その他で参加しているのだけど、今上演しているのは脚本から演出までかの宝塚歌劇団がやっているので、どんなことになっているのか宝塚ファンのくにくにも楽しみにしていた。

前半は、キティちゃんがお人形達とダンスしたりする夢の中のお話で、まぁそれなりに~という感じだったのだけど、すごかったのが後半。
見覚えのある階段がどどーんとしつらえられ、スパンコールキラキラの衣装で大真面目に踊る…。
P1070495
しかも、大階段で。

でも…やっぱり、顔のおっきな白猫には変わりないんですけど(笑)。
これは、パロディってことで笑うとこなのか?
どーなの?どーなの?
なーんて涙目になってウケまくっていたのだけど、フィナーレではなぜか感動の涙が~。
P1070503
この辺の感じは、ある程度キティファミリーにも思い入れがあって、宝塚のショーも観ている人でないと味わえないかも。
私とくにくには、当然ながら大満足♪

その後お笑いパフォーマンス系大抽選会やらを楽しんだ後、当然ながらサンリオキャラ満載のショップでお買い物。
懐かしいキャラ、知らないキャラ、グッズも数十年の間にいろいろ増えていて感心しきりだ。
レジ近くには、いちご新聞も発見。
これだけは変わらなくって懐かしかった。
いただきもんのチケットで、一日すっごく楽しめてその上親孝行まで。
下さった方に、感謝感謝☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.22

マックグリドル

もうすっかり出遅れまくりで話題にもならなくなってしまったのだけど、今朝ようやく久々に朝マックできるチャンススがやってきたので、マックグリドルに初挑戦してみた。

ベーグルにも心惹かれつつ選んだのは、ソーセージ&エッグ&チーズのマックグリドルにハッシュドポテトとドリンクが付いたセット。
トレーに置かれたグリドルは、思ってたよりもちょっと小さい気がした。

それでも、包装してある紙を開くと、かなり高さがある。
2007052201
「M」のロゴが焼印されたふわふわのパンケーキを口元に運ぶと、ほんわりと甘い香り。
メイプルシロップが、生地に浸み込ませてあるようだ。

中にはお肉感たっぷりのソーセージに、卵とチーズ。
あれ?野菜は?
普通のハンバーガーなら必ず入っている、レタスやらピクルスやらトマトやらといった野菜が、このセットだと全然取れない。
栄養バランス的には、ポテトでなくてサラダがいいのにね。
セットとは別オーダーしてねーってことなんだろうなぁ。

甘いパンケーキにしょっぱい中身っていうのは、ニホンジンにはちょっと馴染み難いのか、前宣伝の凄さの割には評判はイマイチらしい。
ずーっと前にNYのダイナーで朝食として食べたパンケーキが、ちょうどこれに近い感じ。
添えられていた一人用メイプルシロップの大きさに驚いていたら、隣の席にいたオバサマが嬉しそうにぜ~んぶかけていて、驚愕したのだった。

マックグリドルを食し、NYの朝を想う…そうなると、相変わらず薄いコーヒーも美味しく感じたりして(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月13日 - 2007年5月19日 | トップページ | 2007年5月27日 - 2007年6月2日 »