« 2007年3月11日 - 2007年3月17日 | トップページ | 2007年3月25日 - 2007年3月31日 »

2007年3月18日 - 2007年3月24日の5件の記事

2007.03.21

桜のパン

昼間買ったパンを、早速その日の夕食にした。
赤ワイン、チーズ、野菜いっぱいのスープ、野菜と豚肉のローストといった、ちょこっと飲んで食べての、あーんまりお酒を飲まずメニューも和食中心の我が家にしては珍しい内容になった。

そして、いよいよ桜のパン。
花びらを合わせた形になっているのだけど、花びらが3枚しかないのが何だか笑える。
2007032104
ところが、少しちぎってみたらすごーくいい音。
これはっ!と思ったら、案の定ものすごく美味しい!
外はぱりっと、中はふわふわ~。
桜の花や葉っぱの塩漬けが中に練りこんであり、ほ~んのりいい香り。

う~む。
ビゴの店、さすがの実力だわ。
お花見には大人気だろうなぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

Esprit de Bigot

咲いている桜を発見したりしながら近所をぐるぐるしていて、自由が丘へ。
お気に入りの雑貨屋さんを覗いてみたり、相変わらず大人気のロールケーキのお店の行列に驚いたり、私の前で信号待ちをしていたカップルに
「この辺にある”揚げプリンのお店ってどこか知ってますか?”」
と聞かれてぜーんぜん知らなかった自分にちょっとがっくりきたり。

ちょっと歩き疲れてコーヒーでも飲みたいな~、どっかないかな~と思っていたら、住宅街に突然おフランスな雰囲気の素敵な建物が!
見ると、「ビゴの店」の系列店らしく、1階がショップで2階がカフェとのこと。

早速店内に入り、まずは2階のカフェへ。
人でいっぱいだった自由が丘から10分位なのに、こちらはゆったり。
コーヒーだけ~のつもりが、ここはやはり新規店舗調査の為に(笑)ケーキもいただいてみる。

選んだのは、スタッフがプレートに載せて持ってきてくれたケーキの中にあった、桜のロールケーキ。
2007032102
今日は、これに決まりでしょう!
ほんのり桜の花の香りがして、コーヒーもちょっと濃い目で私好み。
美味しかったぁ。

桜のパンもあったので、帰りはこれも買って帰った。
オナカの中から、まずはお花見♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

開花宣言直後

東京で昨日、開花宣言が出た。
近所の桜もまだまだつぼみなのに、靖国神社の基準木は数日前から3輪ほど咲いていると聞いていたのでいよいよ!という感じだった。

今日は、風が少し冷たいものの、いいお天気。
用事を見つけて外に出て、辺りをぐるぐる歩いてみた。

途中、毎年桜並木がきれいな緑道で上を見上げると、1本だけたくさんの花を咲かせている桜を発見した。
2007032101
お花見の誘いもそろそろ届いて、いよいよ春本番。

昼間からお花見で酔っ払うのも素敵。
夜桜も素敵。
2007032103
今年は、どこの桜を見に行こうかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.03.20

カモちゃんが死んじゃった…

訃報が続く。

漫画家・西原理恵子さんの元夫で元戦場カメラマン、多くの執筆でも知られる鴨志田穣さんが亡くなった
腎臓ガンだった。

結婚前から西原さんの主に旅行記などに登場し、結婚後しばらくしてからはそのはちゃめちゃな生活ぶりが怒りとため息混じりで紹介され、他人事ながらその様子をはらはらと見守っていた。
元妻や子供たち、そして母親の助けもあってアル中を克服し、復縁の話も聞こえていたというのに、今度はガン。
それでもweb上の何ヶ所かでエッセイを書いていたし、本も出版されてサイン会もあったようだ。

人は、いきなりいなくなるのだ。
どん底からようやく這い上がれそうだった人にも、
もう少しで再び穏やかな生活を取り戻せそうだった人にも、
神様は容赦しない。
まだ幼い子どもを残し、ずっと支えてきた家族を残して。

辛いニュースだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.18

パンと羊とラブレター

Fairlifeの新しいアルバム「パンと羊とラブレター」、ようやくこの週末に聴いてみた。
発売直後に早速聴いた浜田さんのファン仲間からの「…」な反応にちょいとビクつきながらではあったのだけど、そのせいか(笑)思いの他満足感が高い。

まず、のっけからドロ臭ぁい感じの音。
デビュー当時の浜田さんみたいな雰囲気があって、 やっぱりこういうの好きなんだなぁと思わずニンマリ。
作曲が浜田さんでアレンジが水谷さんだし当然といえば当然なのだろうけど、そこかしこに聴いたようなフレーズが登場する。2曲目の最後なんか私、渚園の映像が浮かんじゃった~ホホホ。
浜田さんファンとしては、”プレゼント”としてニヤリと聞き流すことにしよう(笑)。

前回より更にパワーアップしたボーカル陣は、曽我部恵一さん奥田民生さんポルノグラフィティの岡野昭仁さん、chieさん我那覇美奈さんゴスペラーズ古内東子さん森広隆さんNUUさんといった超豪華なメンバー。
もちろん、浜田さんがメインボーカルを勤める曲もあり、バッキングボーカルも数曲。

浜田さんの歌う「ソウルメイト」に関しては、基本的に浜田さんは詞も曲も書くので、今回のようにかなり年下でもある女性の歌詞というのは正直ファンとしてはちょっとした違和感もあったりもする。
浜田さんの声でこのメロディだったら、この次の展開はこんな感じに~というのが、長年の間に身についてるのかも。

そういった意味では、なーんの先入観も聴ける他のアーティスト達が歌う作品は単純に楽しめた。
というよりこのアルバム、もんのすごくクォリティが高いと思う。
それぞれ実力のあるボーカリストだし、楽曲も多岐に富んでいてそれぞれに素晴らしい。
中には私が今まで全く知らなかったボーカリストさんもいらっしゃったりするのだけど、そういった方たちも含めてすごいなぁと思わせる。
特に、「I love you…」「二番目に好きな人」「うつぼかずら」「七面鳥のうた」「モンスター」はすごーく好き。
…って、多すぎ?(笑)

そして、長年浜田さんのファンでいる私としては、参加している演奏メンバー達にもニヤリな方たちが満載。
中でも、西本明さん、古川望さん、矢野晴子グループ、そして古村敏比古さんといった名前にはうわぁ♪である。

あまりにもたくさんの”色”があり過ぎて、アルバムとしてのまとまりに欠けた感はあるかもだけど、逆にこのアルバムのメンバーで音楽フェスティバル的なライブとかやって欲しいなぁ。
チケット取るのもんのすごく大変そうだし、できれば広~い会場でね(笑)。

そうそう。
古村さんも参加している「七面鳥のうた」というクリスマスモチーフの楽しい曲には、Pablo Bentos という方がバンドネオンで参加しているのだけど、この方とは私さーんざん行っている池袋のライブハウスでお会いしたことがある。
その時は演奏もちらっと聴かせてもらって楽しんだってだけだったのだけど、その後知り合いで彼とライブ活動もしているギタリスト氏から彼が浜田さんのレコーディングに参加した話を聞かされた時には、ものすごーく驚いてしまった。

うーん、だんだん近づいてる…かも???(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年3月11日 - 2007年3月17日 | トップページ | 2007年3月25日 - 2007年3月31日 »