« あ、開かない… | トップページ | ジプシー・スウィング・ナイト(国分寺・giee) »

2007.12.05

Les Pommes de ma Douche(飯田橋・東京日仏学院内ラ・ブラスリー)

フランスからジプシージャズのバンドが来日したので、久々に日仏学院に行ってきました。
こちらでは、以前Swing Niglots(現・Note Noire)がライブをしていて、特に最初の時には来日していたチャボロご一行がいらして一緒にセッションもしちゃったなーんて大感激なことがあった場所。
何だか、またチャボロ達が突然現れちゃいそうな気がしちゃいます。

実は私、このバンドのことはぜーんぜん知らないまま行きました。
プランクトンさんからinfoがメールされて来た時も、誰?ってなもんで。
ところが、私たちが到着した時既にメンバーやスタッフさんと談笑されていたジャン研千葉支部長からの情報によると、今フランスではチャボロ以上に人気があるバンドなのだとか。
すごい!
っていうか、そこに一緒にいる支部長がすごいよ(笑)。

フロントのギター2本の背後にコントラバス、左右からボタンアコとバイオリンが挟むという形。
この左右のお二人の演奏が凄まじく、ソロギターが霞んじゃうほどでした。
特にめーっちゃ笑顔でMCを務めるバイオリン氏が、自分のソロになると突然切ない表情になっちゃうので目が離せなかったです(笑)。

よーく知ってる曲もあんまり知らない曲もありましたが、全般にすっごく楽しい雰囲気の曲が多く、メンバーの楽しそうな表情もあって客席もすっごく盛り上がりました。
哀愁のあるジプシージャズも素敵ですが、元々ダンスミュージックでもあるので、こういう踊りたくなっちゃうようなノリもいいですねー。

ライブの後はCDサイン会だったのですが、あちこちで談笑しちゃってるメンバーを捕まえてサインしてもらうというパーティーみたいなラフなスタイル。
あっちでもこっちでも、フランス語やら英語やら日本語やらがごっちゃに飛び交って大騒ぎでした。

私はサインはもらわなかったのですが、ちょうどソロギターの方がいらしたので写真を撮らせていただいちゃいました。
2007120502
めーっちゃ笑顔です!

|

« あ、開かない… | トップページ | ジプシー・スウィング・ナイト(国分寺・giee) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/17320603

この記事へのトラックバック一覧です: Les Pommes de ma Douche(飯田橋・東京日仏学院内ラ・ブラスリー):

« あ、開かない… | トップページ | ジプシー・スウィング・ナイト(国分寺・giee) »