« 新旧の大丸 | トップページ | サタデーホットリクエスト »

2007.11.09

ロドルフ・ラッファリ&フェレ兄弟 with 阿部恭平(浜松町・文化放送メディアプラスホール)

ジプシージャズのアーティストが来日ということで、あんまりよくわかってないまま(汗)浜松町の会場へ行ってきました。
当日まで参加できるかが微妙だったののさんと併設のカフェで無事に合流し、軽くお茶。
どーもさっきから目に付くガイジンさんのグループが~と聞いてみたら、ご本人さん達でした(笑)。
ののさんは週末に銀座で行われたジャズフェスでもフェレ兄弟のステージを観ていたのですが、私は全くの初めて。メンバーの顔すらわかってないのでした~。

会場に入ると、一列目にはちょい前にNote Noireのライブでお会いしてチケット情報をくれたanchoさんをはじめ、ジャン研メンバーがズラリ。
他の客席にももちろん大勢来ていて、案の定ではありますがジャン研率がとっても高いライブでした。
その上なんとライブには、フランス帰りの若手ベーシストで、ののさんとも何度かセッションしている阿部恭平クンも参加というすんごい状況。
2007110901
更にオープニングの映像には、かなりお馴染みの某若手ギタリスト氏も登場していて、いろーんな楽しみがあったライブでした。

さて肝心のライブですが、途中、ジャンゴメドレーがあったりもしましたが、基本的にはそ~んなにジプシージャズっぽくない内容。
とはいえ、フェレ(兄)はジャンゴレガシーにも登場されていたそうで、ジャンゴファンにはかーなりお馴染みの方。
終演後は、マニアックな彼の話でもちきりでした。

そのフェレ(兄)のまん前にいた全然マニアじゃない私からすると、
”このおっちゃん、子供の頃からこうやってギター弾くのが大好きだったんだろうなぁ。”
というのが正直な感想です。
ギターが好きで好きで好きで好きで…こうなっちゃいました~って感じで(笑)。
イマイチ音響がちゃんとしてなかったりしてヒヤヒヤするシーンもあったのですが、とにかく弾いてることがシアワセ!という彼の至福の表情は、中々素敵でした。

「スペイン」で、本編終了。
横一列に並んで、なーんと全員で”あざーす!”と頭を下げてのご挨拶!
これには微妙に驚愕でした(誰が教えちゃったんでしょうねー?)。
でもでも、アンコールの「枯葉」はさっすが~な雰囲気。
当然といえば当然なのですが、やっぱりプロフェッショナルなのですねー。

プロと言えば、彼らは終演後に六本木を経て池袋の某お店で朝6時まで盛り上がっていたとか。
チャボロ達シュミットさんご一行もそうでしたが、その辺りもプロってすごいなーと思いました。
今年はこのところ続いていた、プランクトンさんがらみのジプシージャズ系ライブがなくってちょっと残念~。
来年はどうかな?そろそろ、ローゼンバーグとか呼んでくれないかしらん?

|

« 新旧の大丸 | トップページ | サタデーホットリクエスト »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/17028357

この記事へのトラックバック一覧です: ロドルフ・ラッファリ&フェレ兄弟 with 阿部恭平(浜松町・文化放送メディアプラスホール) :

« 新旧の大丸 | トップページ | サタデーホットリクエスト »