« ザ・プリンス箱根・3 | トップページ | ザ・プリンス箱根・5 »

2007.11.23

ザ・プリンス箱根・4

温泉は、ビックリするほどお洒落な雰囲気でした。
リゾート地の温泉施設というよりも、都会の真ん中にあるスパ施設といった感じ。
フロントでタオルやロッカーキーを受け取って中に入ると、結構な広さもありました。
内湯の他に広い露天風呂やミストサウナもあって、ゆっくり楽しめました。

部屋に戻る途中、レストランの前にかなりの行列ができているのを見て、ちょっとだけ部屋でくつろいでから行くことに。
案内された時に驚いたのですが、こちらのホテルってCDプレイヤーが各部屋にあるんです。
しかも何と、マランツっていう本格的なオーディオメーカーのお洒落なもの。
P1080400
CDプレイヤーくらい今時驚かないのかもしれないのでしょうが、マランツを置いてあるところは少ないのじゃないのでしょうか。
ベルのスタッフが、使用方法の説明をしながら、鳥の鳴き声などが入ったヒーリング系のCDを聴かせてくれました。

そんなプレーヤーで聴いたのは、持参したABE-KOBAの「情熱」
y女史は、
”直接二人にサインしてもらうんだもーん。”
と言って、まだCDを買ってないそうなのです。
彼女も前から何度か二人の演奏は聴いているし、お馴染みの曲も何曲か。
でも、”あれ?これってー。”と反応したのは、「最初から今まで」という冬のソナタのテーマ曲でした。
彼女は大変な韓流ファンでもあるのですが、アレンジも違っているせいか最初はあの曲だと気づかなかったのだそう。
”うわぁ~、でも、いいねぇこれ!”
と、かなりのお気に入り。

タワーレコードのフリーペーパーにも書いてあったのですが、今回のアルバムに入れたカバー曲の中でも、二人が意外に良かったと感じたのがこの曲だそうです。
そう言われてみると、確かに曲の雰囲気が彼らのギターの音色にもよく合っている曲なんですよね。

「情熱」をBGMにあれこれおしゃべりしているうちに、お腹も空いてきました。
そろそろ食事に出かけまーす。

|

« ザ・プリンス箱根・3 | トップページ | ザ・プリンス箱根・5 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/17246482

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・プリンス箱根・4:

« ザ・プリンス箱根・3 | トップページ | ザ・プリンス箱根・5 »