« EMPORIO | トップページ | 秋祭り »

2007.09.16

STARS IN THE SUN ~SHOGO HAMADA SONGBOOK

FC会員限定販売で買った、お馴染み星勝さんがプロデュースのアルバムをようやく聴きました。

いつもなら、PCにセットしてあちこちサイトをチェックしながら聴くこともするのですが、せっかくのオーケストラでの演奏。
しかも、名門チェコフィル(昔、チャコヘル=チャコとヘルスエンジェルスっていましたね~ 笑)の演奏とあって、これはちゃんとしたオーディオで、音も大きめで聴きたいっ!と、その機会を待っていたのです。
今日はののさんが出勤し、特に予定もないのでチャンス☆だったという訳。
とはいえ、兼業主婦は何かと忙しく、洗濯機を回している間に慌しく(汗)。

そもそもやっぱりオリジナルが一番!と思ってしまう私は、今でも人気アルバム「Sand Castle」さえ好きになれません。
でも今回のアルバムは浜田さんの歌も演奏も入っていないので、逆に完全な別物として楽しめるかなぁと思っていました。
中に入っている古矢徹氏による、星氏へのインタビューを交えたライナーノーツによると、浜田さんご自身が星氏に、
「僕の曲をオーケストラで演奏するというようなことに興味ありますか?」
と聞いたことからの企画とのこと。
その上何と、
「オーケストラで”MONEY”というのはどうですか?」
とも。
元々浜田さんご自身もクラシックをよく聴いてらっしゃると聞くし、2001ツアーではストリングス・カルテットをバンドのメンバーとして迎えたりと、こういうアルバムの下地はあったのでしょう。でも、ROCK色が特に強い楽曲である”MONEY”をオーケストラで、とは恐れ入りました。
でもそれだけに、期待も高まっていた訳です。

収録されているのは、もちろん”MONEY”、そして”J.BOY”といったROCK系の代表曲が数曲、”THEME OF FATHER'S SON”なんていう微妙にマニアックな曲も入っていて、ちょっと驚きました。
でもやっぱりしっくりくるのは、”丘の上の愛”や”君が人生の時…”、”愛しい人へ”といった、バラードの曲。
オーケストラの演奏ということでちょ~っと音数が多すぎてうるさい部分もあるように思えたのですが、元のアレンジを生かしつつでゆったりと聴けます。
一方ROCK系の曲は、もう少し強いインパクトの演奏が欲しかったように思うし、テンポももったりしていて私としては少々欲求不満が残りました。
J-ストリングスが入った福田さんのアレンジが大好きだった”J.BOY”も、何だか平凡な感じ。
何度か聴いて完全にオリジナルとは別物の作品として自分の中で認識されれば、また違った感想も出てくるかもしれません。

セルフ・カヴァーも含めてカヴァー・アルバムというのは、毎回賛否両論&喧々諤々だったりしますが、このアルバムもそうなるのでしょう。
浜田さんがイメージしたオーケストラでの演奏とはどうだったのか、特に”MONEY”についてはどうだったのか、FCの会報には書いてない部分をご本人に聞いてみたいところです。

|

« EMPORIO | トップページ | 秋祭り »

浜田省吾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/16465327

この記事へのトラックバック一覧です: STARS IN THE SUN ~SHOGO HAMADA SONGBOOK:

« EMPORIO | トップページ | 秋祭り »