« パティスリー・サダハル・アオキ | トップページ | 久々に、SHANTI »

2007.09.29

坂本光世(阿佐ヶ谷・ヴィオロン)

才色兼備のアコーディオン奏者、坂本光世さんのライブで阿佐ヶ谷にあるヴィオロンにお出かけ。
今まで若柳吉三郎さん達との中目黒でのライブには何度か伺っているものの、ソロは初めてです。
ギターのライブにしか興味がないだろうと思われてらっしゃったのか、予約のメールをしたらかなり驚かれてしまいました。
そんなことないんですよ~(笑)

さて。
ヴィオロンには、ののさんは数年前に一度ライブで来たことがあるそう。
なんでも、関西系のバンドで、手品をしたりヅラを外して見せたりするような方たちだったそうで…(なんじゃ、そら~!笑))。
私は初めてだったのだけど、つい先日ヴィオロンの2階にあるエスニック料理のお店に来たばかり
”ヴィオロンには行ったことないもーん!”とののさんをイジメつつ(笑)、お互いの記憶を辿りながら住宅街の狭い道を歩いて難なく到着。
2007092905

店内には、既にお客さんがいっぱい。
坂本さんが案内してくれ、ひとりでいらしていた男性客と、相席させてもらいました。
レトロな雰囲気の店内には、朝顔形の蓄音機のスピーカーがズラリ。
蓄音機って結構見ることはありますが、こーんなに並んでるのって初めて見ました。
それをバックに、坂本さんが演奏します。
2007092904
ジャズのスタンダード曲を中心に、オリジナルもたくさん。
中目黒でも演奏された曲もあったし、私たちに気を使って下さったのか、ちょっとだけマニアックなジャンゴの曲もありました。

アンコールでは、大好きだと言うゴッドファーザーの挿入曲を演奏。
イタリア旅行を控えたファンの方へのプレゼントだそうです。
いつもいつも思うのですが、彼女のライブは演奏の素晴らしさはもちろん、時折軽いジョークを交えながらのMCもとっても楽しい。
大人をゆったりと楽しませてくれる、温かな雰囲気があります。

終演後、お支払いのついでにマスターと少しだけおしゃべり。
客席からレジカウンターの上にあるたくさんの物が気になっていたのですが、古い真空管でした。
気がつくと、店内のあちこちに並んでいます。
”ガラクタだよ~”とマスターが仰る小さな骨董達は、マスターご自身もあちこちで集めてらっしゃるそうですが、お客様が置いてらっしゃった物もあるそう。
以前中野にあったお店をお手本に30年近く前に開業され、かなりそのお店の雰囲気に近くなってきたと笑ってらっしゃいました。
時々SP盤を蓄音機で聞く会があることを教えてくださったので、是非その時も伺いたいと思います。


帰りに、「駅前食堂8 1/2」というお店で若鶏の竜田揚げ定食の夕食。
「駅前食堂」と言う割には、かなり今風な内装で、カウンターの後ろには大きな液晶テレビもありました。
でも、お値段は定食屋さん。
いいなー、こんなお店。
中央線沿線って今まであーんまり馴染みがなかったけど、素敵な街がたくさんありますね。

|

« パティスリー・サダハル・アオキ | トップページ | 久々に、SHANTI »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/16625190

この記事へのトラックバック一覧です: 坂本光世(阿佐ヶ谷・ヴィオロン):

« パティスリー・サダハル・アオキ | トップページ | 久々に、SHANTI »