« 素食おもてなし料理 野饗、再び | トップページ | 「やなぎさわ」でランチ »

2007.08.29

Vicco Tacco(御茶ノ水・オレゴンマジック)

直前になってライブ告知があり、会社帰りに御茶ノ水へ。
定時で上がってまっすぐ歩いて…あのー、10分で着きましたけど(笑)。
いくらなんでも早すぎるし~、ののさんも来れるかどうかの連絡ないし~ということで、久々に御茶ノ水をウロつく。
以前は結構雑貨屋さんだの本屋さんだの、足を伸ばして古書街だのも時々覗いていたのだけど、かーなり久しぶり。
結婚してからは、多分初めてじゃないかな?

徒歩1分の場所に、クロサワ楽器の「ギタープラネット」があったので入ってみる。
以前こちらにマカフェリがたくさんあるということで行こう行こうと言いつつ行かずにいたら、いつの間にかマカフェリは姿を消してしまったという話だった。
ウクレレでも眺めるか~と入ってみたら、ウクレレDホール発見!
ウクレレDホール、20万円以上するのに売約済だったよ~。

うわぁと見ていたら、店員さんが声をかけてきた。
ついでにといろいろ聞いてみたら、以前檜原のジャンゴフェスにも参加していた店員さんがこちらにいらした時にはマカフェリがあったのだけど、その方の近くにあるDr.Soundへ戻られたので、マカフェリも一緒に移動したとのこと。
なぁんだ~。

お店を出て、駅前の丸善でしばらく立ち読み。
ぼちぼち行こうかな~ってとこで、ののさんからメールが来た。
お店は地下で携帯も通じないだろうと場所を詳しくメールし、ひと足先にお店へ。

…ありゃ、お客さんがいない(汗)。
kabutさん、genクン、Nabyクンの3人が、ギターを抱えてそこにいた。
そういうことなら~と、しばらくおしゃべり。
何でも、練習の後にたまたま飲みに入ったらスカウトされたらしい。
さすがだ。

貸し切り?の文字がよぎった頃、男性のひとり客が来た。
ギターは弾くけど、別にジャズとかじゃないとのこと。
ミュージックチャージを取らないこのお店では、ふらりと来て生演奏を楽しみながらふらりとちょっと飲んで食事して~ということも充分可能なのだ。
私はキーマカレーをいただいたのだけど、中々美味しかった。
ライブが始まってしばらくすると、飲んだ後の2軒目風なスーツの団体さんに続いてようやくののさんも到着した。

半分は聴いて半分はしゃべって~という団体さんを前に、結構マニアックな曲目を楽しそうに弾く3人。
20070829
バンド名は、Vicco Taccoだということだったので、すかさず
”あれ~?Maccheroni Cafeのメンバーの方が多いのにぃ?”
といらんツッコミを入れてしまったら、2部になって
”Maccheroni Cafeでいきますー。”
と。
真面目なkabutさん、ゴメンナサイ。

2部が始まる前に団体さんがお帰りになったかと思ったら、入れ違いに似たような団体さんがご到着。
そして、同じように半分は聴いて…状態。
もう一組いらしたのだけど、こちらは結構ジャズ好きらしくジャズのお店の話で盛り上がっていた。

別にジプシージャズ好き!じゃないいろんな人の前で、だからこそのマニアックな選曲だったのかしらん?
最後はママさんから「マイナー・スウィング」のリクエストもあって、こちらはちょっとビックリ。
終演後は、ののさんも参加してちょこっとだけセッションも。

いろんなお店があるなぁ。

|

« 素食おもてなし料理 野饗、再び | トップページ | 「やなぎさわ」でランチ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/16311653

この記事へのトラックバック一覧です: Vicco Tacco(御茶ノ水・オレゴンマジック):

« 素食おもてなし料理 野饗、再び | トップページ | 「やなぎさわ」でランチ »