« Chouette | トップページ | 三人吉三(渋谷・シアターコクーン) »

2007.06.23

Tommy Campbell Vocal Session Band@南青山「BODY&SOUL」

ののさんが出張ということで、たまには映画でも~とy女史を誘ったのだけど、あーんまりこれというのがなく、それなら~ってことで、「BODY&SOUL」のトミー・キャンベルボーカルセッションに久々に行ってみた。
2007062301
y女史は、千駄木のDjangoでDiscoveryの演奏を聴いているのだけど、daisukeクンの歌を聴くのは私の結婚式以来とのことだった。

ピアノを後方から観る最前列席で、まずはお食事。
前回行った後で食事が美味しいことを聞いたので、今回は是非にということで。
サラダやらパスタやらピザやら次々オーダーしたものだから、狭いテーブルに載せきれず、しかも相席ということで焦って食べてしまって何だか勿体無かった~。

食事中、ピアノの後ろにあるテーブル(っていうか、机?)では、怪しい黒人男性がずぅっとパソコンに向かっていた。
誰だっけー?と思ったら、超大物ベーシストのグレッグ・リー氏。
私なんかよく知らないから「怪しいおっちゃん」にしか見えないけど、ののさんに言わせると「雲の上の人」なのだそうだ。

お店のinfoにはUPされてなかったのだけど、なーんとピアノは野本晴美さん!
実はライブが始まっても気づかず、メンバー紹介があってからひとりでビックリする私…(daisukeクンのHPには書いてあったそうな 滝汗)。

野本さんは、daisukeクンが以前モーションブルーヨコハマに初出演した時のメインの方で、その後実家近くにある憧れだったレストランで演奏された時にも伺っている。
今回はそれ以来だった。
約2年半振りだと思うけど、思いがけず真後ろという素晴らしい席で演奏を堪能~♪
急に出演が決まったとのことで、しかもかなり難しいアレンジの曲が続くライブなので、さすがの彼女もあんまり余裕がなかった模様。
いつものように「英語での小芝居」をするとこでdaisukeクンに振られてもとっさに言葉が出ず、
”えー?私に振らないでー!”
と、困惑。
すかさずお茶目なリー氏に
”エイゴエイゴ!”
などと突っ込まれていた。

えーと、daisukeクンも相変わらず良かった~(←ついでかよ 笑) 。
舌先でチッチッとやりながら同時にハミングもするという、野本さんが最初大ビックリされていた必殺ワザも久々に聴けたし、歌詞がアドリブ(もちろん英語)というすんごい曲も難なく(?)こなして、またまた大喝采。
最前列のおねーさん二人、大満足♪
いつもながら、店良し客良しライブ良し。
ほーんと、素晴らしいわぁ。

休憩中には、daisuke応援団東京支部長氏ともようやく遭遇。
胸元を軽く叩きながら歌うdaisukeクンに、
”カスタネット、入れてやりたいんだよねー”
などと仰って大笑いだった。

ちなみに終演がかなり遅くなり、ライブ終了と同時にy女史と猛ダッシュで脱走。
なーんとか終電に間に合った。
やれやれ。
まぁ、時間を忘れる位中身の濃い、充実したライブだった訳だ。
また行きたーい。

|

« Chouette | トップページ | 三人吉三(渋谷・シアターコクーン) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/15541674

この記事へのトラックバック一覧です: Tommy Campbell Vocal Session Band@南青山「BODY&SOUL」:

« Chouette | トップページ | 三人吉三(渋谷・シアターコクーン) »