« 六月大歌舞伎 | トップページ | ジプシースウィングナイト・国分寺giee »

2007.06.07

Tigre@Bluedrag

Bluedragで、またまたTigre。
いつものように、カウンターの中にいる顔なじみのマスターやスタッフたちに挨拶していると、スタッフの中にFairlifeのアルバムに参加したPabloクンを発見し、ついつい手を振る(笑)。
客席に、またまたタダモノんじゃないオーラを放つ(でもどこぞでお見かけしたような 笑)男性がいらっしゃるのも気になりつつ、今年もサモアに行くというマスターと話しているうちに、ライブがスタートした。

セットリストは前回と特に変化はないものの、相変わらず彼らの演奏は毎回がスリリング。
「セ・シボン」「All of me」といった超スタンダードやら、普段あちこちで聴いているジャンゴをはじめとしたジプシージャズ・ギタリスト達のオリジナルも、すごく新鮮でワクワクする。
昔から聴いているはずの「オー!シャンゼリゼ」でさえ、彼らの手にかかると別物だ。

特に今回すごかったのが、それこそ大定番の「スペイン」。
彼らのライブでもお馴染みの名曲だけど、聴いているとなーんかいつもと違う雰囲気で素敵。
かぶりつきでジックリ鑑賞していたギタリスト氏達との会話を耳にしたところによると、あの難しい曲を小林君は同時に2音で弾いていたのだそうな。
で、あの早弾き。
しかもあの、美しい音色。
彼もすごいけど、一緒に演奏している阿部君もすごいと思う。
MCでは「セッションっぽい感じで~」なーんて言ってたのだけど、あんな演奏、一緒にできるのは阿部君だけかも。

Tigreファンで、彼らが「龍虎」名義で出したCDにライナーノートも書いているマスターも客席で一緒に楽しんでいる。隣で一緒に聴いていたPabloクンは、彼らのオリジナル曲がお気に入りらしい。

カウンター内のスタッフも一緒に盛り上がってアンコールの最中には、何とギタリストの富岡雅佳さんが乱入!
最初から超ハイテンションで、ソロを終えようとしても許してくれない(笑)。
ようやくアンコールを終えようとしても、
「えー?もう終わっちゃうのー!?」
と、大ブーイング。
元からもっと聴きたい客席とスタッフも一緒に更なるアンコール!

ということで、”耳から脳味噌が出そうな状態”だと言う(爆)ヨッパな富岡氏も一緒に演奏することになった。
”何かさー、疲れを癒してくれるようなシットリとしたのがいいなぁ。”
”うーーん…しっとりですかぁ?「ベサメムーチョ」とか演ろうかと思ったんですけど。”
”それはコッテリ!”
漫才のようなやり取りの後演奏されたのは、「Fry me to the moon」。
う~~ん、シットリ~♪

今後のワクワクな予定も聞き、大満足でお店を後にすると、駅に向かう途中で誰かが
”LUMさ~ん!”
と私を呼ぶ。
んー?と振り返ると、ギタリストの河野文彦くんだった。
あれー?彼もあの状態に合流するとなると、もしかしてこれからもっと面白かったのかしらん?
まぁ、でもそれは、いつかのライブに反映されることを期待しよう♪

|

« 六月大歌舞伎 | トップページ | ジプシースウィングナイト・国分寺giee »

音楽」カテゴリの記事