« 母庵 | トップページ | Tigre@Bluedrag »

2007.06.03

六月大歌舞伎

染五郎さんのご子息初お目見得~というのにも釣られ、歌舞伎座の昼の部へ。
中に入るといつもお知らせが掲示されている場所に直行すると、ちょっとした人だかり。
20070603
さすが御曹司である。

一、「妹背山婦女庭訓」
梅玉さん演じる久我之助清舟と、魁春さん演じる雛鳥の出会いの場で、腰元が二人には囁く道具として吹き矢の筒を使わせるなんていうほんわか~なシーンにウットリ。
ところがその筒を悪役には矢を吹いて、それが耳に刺さるなどという残忍な(?)シーンも。
懲らしめのシーンではあるのだけど、時代物ってこういうとこが結構残酷だったりする。
あれは痛いよなぁ。

物語のツボは、花渡し・吉野川の場。
真ん中には吉野川が流れ、その両側に両家がある。
それぞれの葛藤や悲しみが対比され、悲劇の結末へと向かう。
太宰後室定高を演じる藤十郎さんと、 大判事清澄を演じる幸四郎さんとの熱く気迫のこもった演技に、思わず引き込まれるようだった。

二、閻魔と政頼
狂言を元に、吉右衛門さんが新作として歌舞伎に仕立てた作品とのこと。
もちろん吉右衛門さんご本人が、主役の鷹匠役を演じる。

どことなくユーモラスな赤鬼と青鬼、そして閻魔大王。
閻魔様役の富十郎さんの息子さんである鷹之資クンが裃後見として登場し、思わず身を乗り出した。
お仕事的にはちょこっと物を受け取ったりするだけなのだけど、途中で鷹狩りについて鷹匠から説明を受けるシーンで
「鷹!?ワシは鷹には弱いんじゃー!」
なーんて鷹之資クンと見詰め合うといった楽しい場面もあるので、まぁその為にいたってことだろう。

吉右衛門さんのような人気役者さんがこういった作品を仕立てるのって、かなり珍しい気がする。
狂言でもめったに上演されない作品のようだけど、かなり面白かったし、また観たい~。
でも、内容からして演じる役者さんは限定しちゃうかな(笑)。

三、侠客春雨傘 ~藤間 齋 初お目見得~
さて。いよいよ今回の主役が登場だ。
この演目の上演は、かつて染五郎さんが初舞台を踏んだ時に上演されて以来だそう。

幸四郎おじいちゃまと登場した齋クンは、何とまだ2歳になったばかりとのこと。
おじいちゃまや大おじちゃまはもちろん、脇を固める仁左衛門さんや梅玉さん、みーんなメロメロ状態で目じりが下がっている。
…って、客席もだった(笑)。
ほんとにほんとに可愛いのだ。

当の齋クンは正面を見ないで、じぃっとカッコよく立っている染五郎パパを目で追う。
表情ひとつ変えずにいる染五郎パパ、心の中はどんなだろう?
20年後、30年後には、このパパと同じ立場に齋クンもなるのかもしれない。
そんな楽しみが持てるのが、歌舞伎の良さでもあるかな。

|

« 母庵 | トップページ | Tigre@Bluedrag »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/15302188

この記事へのトラックバック一覧です: 六月大歌舞伎:

« 母庵 | トップページ | Tigre@Bluedrag »