« またまた、省吾をROCKで♪ | トップページ | RUE DE PASSY »

2007.05.26

やねせん JAZZ FESTIVAL'07(上野・水上音楽堂)

週間天気予報ではずっと雨の予報だったのでスタッフ一同ヤキモキしていたのだけど、朝から快晴~♪
どこからか花の香りもほんのり漂い、まさに風と緑のジャズフェスティバルとなった。
朝からセッティングして、私は受付を担当。
会場から聴こえてくる演奏をBGMに、結構大忙しだ。
お客さんの数が例年に比べてかなり良かったそうで、去年も受付だったというスタッフも忙しさに驚いていた。

厳選された今回の参加ミュージシャンは、本当に実力者揃い。
途中、唯一メンバー全員の演奏を聴いたことのある千駄木Django楽団(北床宗太郎、西村俊哉、小林圭吾、三浦剛司)と、トリの八木隆幸ピアノトリオ(八木隆幸、、池田聡、水口泰邦)の演奏を会場で聴かせてもらえた。

ジャズとはいえ結構爆音系バンドが多く、完全アコギバンドの千駄木Django楽団はちょーっと大人しい印象。
2007052601
後でsotaクンに聞いたところ、ハウリング対策もあってあんまり音を上げられず、結構ギリギリの線だったらしい。
うーむ、難しいもんなんだなぁ。

それでも後から聞いた話によると、ギターを抱えた若い男性たちが会場脇から観ていて、小林クンの指の動きに目が釘付けだったそうだ。
会場の外から覗き込んでいたのをマスターが見つけ、特別に会場脇から見せてあげたとのこと。
フラメンコギターを習っている人たちだったようだけど、小林クンの演奏には特別の物を感じたのだろう。

演奏が終わると、次のバンドの演奏中はsotaクンが参加するNote NoireのCD即売のため再び受付に走る。
たまたま通りかかっていらしたのか、外国人カップルがカタコトの日本語を話して買って行ったり、中には数枚まとめてお買い上げして行く方もいて、結構な売れ行き。
慌ててsotaクンを探し出して、サインを入れてもらったりした。

八木さんの演奏が始まると、交代に来てくれたスタッフに促され、また客席に戻った。
すっかり暗くなった会場で、貫禄のステージが始まる。
2007052602
多くのスタッフが彼の演奏を絶賛するだけあって、素晴らしい演奏だった。
後ろの方から観ていたのだけど、ベースの池田さんの立ち姿がすっごくカッコよくってちょっとビックリ。
元々ルックスはいい方なのだけど、何度か拝見しているDjangoでのライブではいつも至近距離からなので、遠くから観たのは初めて。
ちょっと面白い体験ができた。
そういえば池田さんは、福島久雄さん率いるGYPSY SWING PROJECTというバンドでニューカレドニアでのジャンゴフェスに出演されるそうだ。
すごい!

終演後、撤収してDjangoで打ち上げ。
ピアノを弾き始めるミュージシャンがいたり、ご近所に住む常連さんが顔を出したり、いろんな方のいろんな話が聞けて楽しかった。
半年前に開催日が決定してから、いや、マスターに声をかけられてボランティアスタッフになってからだからそれ以上だ。
初めてフルで参加したやねせんフェス、それもスタッフとして参加して、大成功のうちに終えることができて良かった~。
たくさんのスタッフやミュージシャン、そしてもちろんいらしてくれたたーくさんのお客様たち、そしてそして風と緑と太陽にも感謝☆
でも、来年はお客さんで参加、がいいかな(笑)

|

« またまた、省吾をROCKで♪ | トップページ | RUE DE PASSY »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/15218745

この記事へのトラックバック一覧です: やねせん JAZZ FESTIVAL'07(上野・水上音楽堂):

« またまた、省吾をROCKで♪ | トップページ | RUE DE PASSY »