« Note Noire@西川口・如何屋 | トップページ | 千駄木Django楽団@Django »

2007.04.16

Tigre@Blue Drag

久し振りのTigre。
いろいろはあったものの、なーぜか予定が合わなかったりして、何と半年振りのライブだった。
着いて早々、行ったばかりの「Tigre」の話題で盛り上がる。
手づくりのイラストが入ったショップカードを見せたら、私が彼らのカードを作ったのかと思われた。

客席にはお馴染みの固定ファンに、対バンしたことがあるというミュージシャン、久し振りー!と思わず叫んでしまった元ギタリスト、ギターやウクレレの講師をしている小林圭吾クンの生徒さん、そしてそして、何やらタダモンじゃないオーラを漂わせているおっちゃん達のグループ。
おっちゃん達の中にひとり、特に「誰?」な雰囲気な方がいて、後から入ってきたお客さんがその人に向かってうわぁぁ~♪と突進するなんていうシーンもあった。
そんないろんなお客さん達を前にして、それでもリラックスムードでライブは始まった。

いいライブというのは、始まる前からわかるもの。
客席の雰囲気がいつも以上に熱く、「予感」のある始まりだった。

曲は、「オー・シャンゼリゼ」をジプシーアレンジにした1曲以外は全て今まで演奏していたレパートリーからで、久々のナンバーもあったものの、セットリストにこれといった変化はない。
ジャンゴの作品にシャンソンやポップス、それに二人のオリジナルを交えて演奏していく。
もちろん彼らの演奏は毎回違い、ソロの新鮮さとアレンジで私のようなヘビーリスナーも飽きさせない。

20070416

阿部義邦クンの、笑顔がいい。
口をヘの字にして、神経を張り詰めているような頃もあったのだけど、いつの間にか見るからに演奏することを楽しんでいる表情になった。
優しい柔らかなメロディーは、彼の温和な性格がそのまま出ているかのようだ。

小林圭吾クンの指の動きも、相変わらず軽やか。
フレットの上を軽くステップを踏むように指が跳ね回り、そこから彼独特の美しいメロディーが響いてくる。
それを「蝶のようだ」と評したお客さんがいたのだけど、まさにそんな感じだった。
そして、この日感じたのは彼のバッキングの素晴らしさ。
どうしてもソロの部分が目立ってしまうけれど、リズムギターこそジプシージャズの特徴だ。
去年チャボロ達がBluedragに来た時とたまたま同じ席だったのだけど、小林クンのDホールから聴こえる音は、あの時マヨのギターから聴こえてきた音を思い出させた。

MCで、小林クンはDjangoのことを「ジャンゴおじさん」と親しみを込めて呼んでいた。
Djangoが亡くなったのは、43歳だそう。
その年齢は彼にしたら「オジサン」かもしれないけどさー、えぇ、その通りなんですけどねー!(謎泣)

そんなこんなで、いつも通りの素晴らしい演奏とゆるゆるなMCではあったのだけど。
”この半年、彼らは一体何をしてたんだろう…。”
二人の演奏に完全に心を持ってかれた状態で、何だかぼんやりしてしまった。

駅へと向かう帰り道、感動と興奮とでちょっと震えているのに気づいた。
私はジャズに関してもギターに関しても素人だけど、本当にこの日のライブは凄かった。
できれば、客席にいたオーラ漂うおっちゃん達、ベテラン・ジャズギタリストの横田明紀男さんとスタッフの方達にも、感想を聞いてみたいものだ。

|

« Note Noire@西川口・如何屋 | トップページ | 千駄木Django楽団@Django »

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/14704284

この記事へのトラックバック一覧です: Tigre@Blue Drag:

« Note Noire@西川口・如何屋 | トップページ | 千駄木Django楽団@Django »