« 千駄木Django楽団@Django | トップページ | ちもとのかしわ餅 »

2007.04.21

ロワゾー・ド・リヨン&パリット・フワット

昨日の夜、北床宗太郎クンと小林圭吾クンが三浦剛司さんと一緒にライブをするというので、会社帰りは千駄木に向かった。
湯島にハンバーグがすっごい美味しいお店があるという話を聞いており、途中寄ってみることにした。
歩いているうちにどこかで土日用のパンを~と思い出し、どうしようと思いながらレストラン前に到着。
見事に飲み屋街にあり、外に出ていたボードにも「カクテルALL500円!」の文字が…。
うーん、今日は飲んでる時間はないしなぁ、一人だしなぁ…とスルーしてしまった。

どうしよう~?と思いながら歩いていると、前から一度行ってみようと思っていた「ロワゾー・ド・リヨン」の前に出た。
ここはケーキ屋さんなのだけど、何となく覗いてみると少しだけどパンがあるのが見えた。
クロワッサンとパン・オ・ショコラを買って、美味しそうなケーキを横目にお店を出る。
うーむ、近々ケーキも買いに来なくっちゃ。

その後、結局どーしてもさっきのレストランバーに入る勇気が出ず、そのまま地下鉄で千駄木に移動。
どっかでハンバーグが食べたいなぁと思いつつ、宛てもないまま団子坂を登った。
途中、何度か行っている「ラ・カンパネラ」の”しばらく休業します”という哀しい貼り紙を横目で見ながら、更に更に歩く。

お店は少ないものの微妙~に商店街に入りかけたところで、ちょっと変わった作りの一角があった。
おやぁ?と覗き込むと、パンが見えた。
看板を見ると、前から評判を聞いていた「パリット・フワット」というパン屋さん!
うわぁぁ♪と早速入り、いかにも天然、そして手づくり感いっぱいのパンの中から厳選し、よもぎのパンや桜のパンなどを買った。
ビニールの手提げを持つと、それほど量は買ってないのにずっしりと重かった。

その後半分迷子になりながら、界隈を一周。
ちょうど到着したののさんと合流し、団子坂下交差点近くにある「Ryu」というレストランで念願の(?)ハンバーグで夕食をとった。
LUMも歩けば、またまた面白いもん&美味しいもんに当たった数時間。
楽しかったけど…パンプスだったのでちょーっと足が痛くなった。


で、本日のブランチとして食卓に並べたパンの数々。
2007042003
作り手の”思い”が伝わってくるかのような味だった。

|

« 千駄木Django楽団@Django | トップページ | ちもとのかしわ餅 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/14795667

この記事へのトラックバック一覧です: ロワゾー・ド・リヨン&パリット・フワット:

« 千駄木Django楽団@Django | トップページ | ちもとのかしわ餅 »