« パティスリー サダハル アオキにて | トップページ | 鈴木ヒロミツさん死去 »

2007.03.13

30年振りのベルばら

映画「マリー・アントワネット」を観た後、自分の「ベルサイユのばら」に関する記憶がすごーく曖昧なのをとっても残念に思った。
登場人物の名前には覚えがあっても、コミックではどんな風に描かれていたのだったかを覚えていない人物が何人かいたのだ。

それで、なんとなーく図書館の蔵書検索をしてみたところ、意外にも借りられることがわかり、予約を入れてみた。
待つことしばし。
貸し出しOKの連絡が来て、図書館に引き取りに行った。

以前私が読んだのは、9巻の単行本に1巻外伝が入った10巻セットで発売されたものだったのだけど、今回借りてきたのは2巻にまとめられた愛蔵版なるもの。
20070313

前回、30年前(驚!)に読んだ時には、その面白さに夜中まで熱中してしまい、熱を出して学校を休み、こっそり寝ながら読んでしまったりした。
今回は、そういうことがないようにしないとね(笑)。

|

« パティスリー サダハル アオキにて | トップページ | 鈴木ヒロミツさん死去 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

大昔に買ったベルばらのコミック本、ボロボロになっても捨てられず、今も定期的に読んでいます。
セリフまで頭に入っている部分あり・・・
やっぱりアンドレが好き♪優しく包んでくれる系・・・^^

で、久しぶりに読んでどうでした?

投稿: ゆき。 | 2007.03.15 09:35

ゆき>
コミックで読んだ部分と、宝塚で観た部分がごっちゃになってる…。
まぁ、この2つは同じっちゃー同じ?

まだまだ読み始めたばかりでこれからって感じだけど、コミック自体ずぅっと読んでないのですっごく懐かしい感覚だよ~。

投稿: LUM | 2007.03.16 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/14264950

この記事へのトラックバック一覧です: 30年振りのベルばら:

« パティスリー サダハル アオキにて | トップページ | 鈴木ヒロミツさん死去 »