« Pierre Marcoliniのチョコレート | トップページ | トミー・キャンベル ボーカルセッション@BODY&SOUL »

2007.02.15

冨岡雅佳ライブ&セッション

ジャン研HPのBBSにitoさんの書き込みがあり、ギターの富岡さんにクラリネットの方を含めたメンバーでのライブがあると知ってワクワクとBluedragにお出かけ。

書き込みでは、「お店のHPに出ていないので詳細がわからない」ということだったので、
”お店のHPってー。自分が出るんでしょうがぁ~。”
とツッコミを入れつつ行く前に覗いてみたのだけど、時間すら書いてない(汗)。
で、てきとーに早めに行ってみると、まだ先客が1名いるのみで、マスターすら詳細がわかってない(爆)。
”何時からなんだろ?えー?伊東さんも来るんだ?”
なんて状態。すごいなぁ(笑)。

しばらくすると、続々とお客様到着。
元々はキヨシ小林さんのセッションの日なので、そのつもりでいらした方がほとんどらしい。
そして、この日はキヨシさんがご旅行中でいらっしゃらないとか、お弟子さんの富岡さんがライブをするとかは知らない方がほとんど。
もしかすると、よくわかんない状態で行ったはずの私が一番わけわかってたのかも。

クラリネットの加藤さんを加え、ほとんど打ち合わせもなくライブがスタート。
富岡さんもなんだかんだでブルドラではお見かけする方なので知ってはいたのだけど、お馴染みの伊東さんとのツーショットはちょっと感動もんだった。
2007021501
ちぃとも知らなかったのだけど、お二人はジャン研ができる前からのお知り合いだそう。
まだまだジプシージャズファンも少なかった10年位前なのだそうで、当時まだ富岡さんは十代だったとのこと。
まさに、最近の日本のジプシージャズの盛り上がりと共に歩んできたお二人なのねぇ。
っていうか、富岡さんてそんなに若かったんだ~(爆)。
落ち着いてるし、なーんとなく一目置かれる感がある方なので、もう少し…と思ってた。

そんなお二人の演奏は、さすがに素晴らしい。
「次、どうするぅ?あれやる?」
などとステージの上で打ち合わせしつつな即興演奏だったのだけど、さすがの堂々たるステージ。
伊東さんの二本指による演奏には、客席からもため息やら唸り声やらも聞こえた。
クラリネットが入った編成はかなり珍しいと思うけど、ものすごくいい雰囲気が出る。
以前ブルドラでやった「Django's story」でもクラリネットの代わりにsotaクンがピアノを弾いたってことがあったけど、あの時加藤さんが演奏してくれてたら、また違った感じになったのかも。

二部は、キヨシさんのファンとして知られるユキナベさんの仕切りでセッションタイム。
ようやく到着したののさんも、早速引っ張り出されてステージへ。
2007021502
年配の女性が「禁じられた遊び」をソロで演奏したり、顔見知りになったアコーディオン奏者の女性がおにゅーのボタンアコをご披露したり、いつも私が行くセッションとはちょっと違った雰囲気もあって、中々楽しい。
ジャン研メンバーともキヨシさんファンの方たちとも親しいユキナベさんは、両方のメンバーに声をかけてセッションを進行させつつ、ご自身の演奏もさすがだった。

ついついいつものよく知った方のライブやセッションに行くことが多くなってしまうけど、たまには違ったとこを覗いてみるのも楽しいなぁ。
…え?覗きすぎ?(爆)

|

« Pierre Marcoliniのチョコレート | トップページ | トミー・キャンベル ボーカルセッション@BODY&SOUL »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/13927624

この記事へのトラックバック一覧です: 冨岡雅佳ライブ&セッション:

« Pierre Marcoliniのチョコレート | トップページ | トミー・キャンベル ボーカルセッション@BODY&SOUL »