« Kanon at ease dining | トップページ | 王朝Cafe 韓花房 »

2007.02.04

若柳吉三郎氏によるGypsy Giutar Workshop

ライブにも度々足を運んでいる、大好きなギタリストである若柳吉三郎さんのワークショップが開催され、参加するののさんと一緒に私も見学でBluedragへ。

対象は”自称”他称”の「初心者」とにことで、貸しギターもアリとの告知がされていたのだけど、ライブその他でよく見かける顔もあり、毎度お馴染みな顔ありで、つまりはか~なり”自称”な方ばかりだった。
当然ながら、皆さんマイマカフェリ持参である。
実はあわよくばと思っていた私だったのだけど、そのまんま見学者となった。

まずは、「初心者」向きにピックの持ち方から。
いつもさ~んざん弾いている参加者達ではあるのだけど、皆さん独学で弾いているようで、細かいところをアドバイスされている。
さすがに個人レッスンもされている若柳さん、すごく教え方が的確で上手い。

その後、それぞれのレッスン目的を聞いたりしながら、御存知「マイナー・スウィング」を教材として弾きながら
”いかに、ジプシーらしい音を出すか”
”大きく音を鳴らす為には、まずどうすればいいか”
など、基本を中心にレッスンを進めていく。
ちょっとした手の形などを変えるだけで音が大きくなるのが後ろで聴いている私にもはっきりわかり、かなりビックリ。
また、ストロークの仕方などの基本中の基本の部分では、”自称他称”共に超初心者の私にはうってつけな内容で、一緒に手の形などを真似しながら、ついつい引き込まれて見学した。

と、途中、仕事帰りらしく、ひとりだけ遅れて参加してきた男性がいらした。
彼は他の参加者に比べるとジプシージャズに関しては初心者らしく、「マイナースウィング」も”聴いたことがある”とのことで、ちょっと着いていくのが大変そう。
それでも、若柳さんがその辺りを考慮して進めていくので、自分のペースで参加していた。

他に、「デュース・アンビエンス」を教材に弾いてみたり、結構高度な練習もあり、最後の方では私にはぜ~んぜん訳わかんない状態に。
ちゃーんとわかって弾き進めていく参加者の皆さんは、やはり”他称”な初心者だ。

終演後、後から参加した男性が、実は役者さんで、何とこの日も国際フォーラムで行われていたミュージカルの千秋楽を終えて駆けつけたと聞いて、みんなで驚いてしまった。
国際フォーラムでの公演なんて、かなりのレベルだ。
しかも千秋楽だったのにすぐにこちらに来るなんて、よほどこのワークショップに参加したかったのだろう。
若柳さんに連絡先を尋ねるなどかなり熱心で、このまま個人レッスンを受けることになるのかもしれない。
持参していたDホールも、最近買ったばかりなのだそうだ。

ところがその後、どんなミュージカルなのかな、どんな役者さんなんだろうと、ちょこっと興味を持って調べていたら、もんのすごい事実が判明して、またまたビックリしてしまった。

|

« Kanon at ease dining | トップページ | 王朝Cafe 韓花房 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/13798689

この記事へのトラックバック一覧です: 若柳吉三郎氏によるGypsy Giutar Workshop:

« Kanon at ease dining | トップページ | 王朝Cafe 韓花房 »