« 石田節子プロデュース 和ごころをまとうお披露目展 | トップページ | kirakuでディナー »

2007.01.27

久々に東京ディズニーシー

5周年を迎えた東京ディズニーシーにお出かけ。
P1060812
福島のころんが、大のディズニー好きのゆきと前々から約束していたらしく、それに便乗させてもらったのだ。
行こうと思うとすぐ行けそうだけど、中々行けないし。
 
たまたまジプシージャズ・ギタリストの河野君がシーで演奏する仕事をしていることを聞いていたので、スケジュールや大体の場所を聞いておいて、そちらも覗いてみることにした。
ギターの河野クンに、アコーディオン&クラリネットの編成のバンドで、トリオ・メロディーアと紹介されていた。
P1060791
ハデハデな衣装で、いつもスーツ姿しか見ていないだけにちょっとビックリ。
でも、ニコニコとずぅ~っと笑顔でダンスしながら演奏したり、エンターテイメントな要素がいっぱいで、彼の違う実力を見せてもらった。
最後に、「一緒に踊りましょう~♪」と、子供たちと一緒に引っ張り出されたのには参ったけど(笑)。

いつもは「どうしようかぁ」と言っている間にどーんどん時間だけが過ぎてしまうのだけど、さすがに超リピーターのゆきが一緒なので、彼女の指示に従ってあちこちに移動し、いくつかのアトラクションをクリア。
「海底2万マイル」、「スカットルのスクーター」、「マーメイドラグーンシアター」、「インディージョーンズ・アドベンチャー」とこなした後、アラビアンコーストの野外ステージで「プレシャストレジャー・オブ・アグラバー」というショーを見た。
P1060801
ずぅっと雨の予報が出ていたせいか、か~なりいいお天気だったのにも関わらず、それほど混んでもいないこともあって、移動もスムーズだった。
寒さ対策に帽子も持って行ったのだけど、日よけの帽子が欲しい位。
嬉しい誤算だった。

ランチは、ユカタン・ベースキャンプ・グリルで、キューバから来たサルサバンドの演奏を聴きながら。
P1060806
以前よくライブにも行っていたオルケスタ・デ・ラ・ルスと違って、割りとゆったりした感じの曲が多い。
最後には観客をその場で立たせて簡単なダンスをさせるなど、いろんな形で楽しめるように考えられていた。

食事の後、ちょうど開かれていたショーを見ながらアメリカンウォーターフロントに移動し、楽しみにしていた「ビッグバンド・ビート」を鑑賞。
お馴染みのナンバーを演奏するビッグバンド、ダンサー、シンガーが次々と登場し、ワクワクするようなステージを繰り広げる。
ディズニーのキャラクター達も登場し、最後にはミッキーマウスがドラムまで叩いて大活躍!
”すご~い!ミッキーってなんでもできるんだぁ♪”
などと、ウッカリ思っていたりするからコワイ!(爆)

すっかりショーを堪能した後は、3人それぞれでショッピング。
早々にお買物を終えてしまった私は、またまたゆきの指示を仰いでお茶することに。
外のテーブルで飲んでいたのだけど、もうすっかり日も暮れていたのにさほど寒くなかった。
1月下旬のディズニーシーでこういう状態というのには、ゆきも「有り得ないよ~。」と驚くほどだった。

かなり晴れ女ですが、何か?(笑)

|

« 石田節子プロデュース 和ごころをまとうお披露目展 | トップページ | kirakuでディナー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

最近たーんと東京にいってるくせにティズニーランド
とか、シーにはすっかりご無沙汰。良くてボンボヤージュ
でお土産買うくらい。ゆきが居るうちに行けば良かった。
(^^;

投稿: さざえ | 2007.02.02 23:42

さざえ>
そういえば、ずぅ~っと前に、さざえの企画でTDLオフしたよねぇ。
ゆきはシーもランドもまだまだ来るつもりみたいだし、予定を合わせて行ってみたらどうかしらん?(^.^)

投稿: LUM | 2007.02.03 11:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/13685324

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に東京ディズニーシー:

« 石田節子プロデュース 和ごころをまとうお披露目展 | トップページ | kirakuでディナー »