« グリルアッキー | トップページ | 1/13の着物 »

2007.01.13

Swing Beaucoup&Dennis Chang@Bluedrag

ジャン研仲間のcozさんが、ついにブルドラでのライブデビューとのことで、わくわくとお出かけ。
直前になってカナダからDennis Changさんというギタリストと対バンということになり、ただでさえ緊張していたメンバーは更に…だったらしい。
cozさんも、ステージの時間が始まると、固い表情で店内をウロウロと落ち着かない。

とはいえ、ライブが始まってしまうと、いつもの力強い音を店内に響かせる。
後から後からやってきて立ち見客も多かった客席を、より盛り上がらせてくれた。
P1060690

演奏されたのは、なーんとほぼ全曲がバンドのオリジナル。
cozさんをスカウトしたもうひとりのソロギター氏が作曲したそうで、cozさんの演奏にほれ込んで口説き落としたのだそうだ。
その彼とcozさんとでのアンサンブルがある曲も多く、しかも早弾き。
作曲したご本人はともかく、全くのオリジナルを間違わないように弾くcozさんの練習量と緊張はさぞや…である。
今回はゲストがあったのでということもあるようだけど、次回はもう少しスタンダードも聴きたいところだ。

一方Dennis Changさんは、ブルドラの常連である富岡さん、河野クン、そしてsotaクンをバッグに据えてのスペシャルセッション。
P1060697
ピックアップを取り付けてエレキ系の音がするギターからは、時折おぉっ!というような面白いフレーズが飛び出して、特にギター弾き達は大注目だったようだ。
でも、私にはちょ~っと1曲が長かった…かも(滝汗)。
なーんせソロが3人。
誰か止めて~って感じで、ジャン研合宿のセッションも真っ青な勢いで続いていた(笑)。

休憩時間に耳にしたところによると、以前カナダからやってきたTV局の人たちが収録したジプシージャズの番組を観たのだそうで、
「東京といえばBlueDragって、カナダでも有名だよ!」
と言って、マスターを感激させていた。
ってことは…itoさんもか~なり有名なはず。
以前、番組を観てオランダからもお客様が見えていた位だし。
ノートノアールがカナダツアーをやったら、この日みたいに満員御礼かも!?

|

« グリルアッキー | トップページ | 1/13の着物 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/13483280

この記事へのトラックバック一覧です: Swing Beaucoup&Dennis Chang@Bluedrag:

« グリルアッキー | トップページ | 1/13の着物 »