« キャナリー製靴が… | トップページ | 久々に東京ディズニーシー »

2007.01.26

石田節子プロデュース 和ごころをまとうお披露目展

ネットで偶然知った、石田節子さんのイベントを覗きに行ってみた。
受付の方が荷物を預かってくれ、身軽な状態で会場に入る。
アンティーク中心の「晴れ着」をうわぁと見ていると、スタッフがあれこれ説明してくれた。

染めも刺繍もさすがに凝った物が多く、小物使いもかなりカラフル。
一見地味に見えても、よ~く見ると漆が使われていたりして、昔の物って本当にすごい。
蚕が食べる葉、そしてその葉が育つための水が今とは違うということで、もう同じように作るのは無理だとのことで、ちょっと驚いてしまった。

石田さんのお店、「衣裳らくや」の商品あったので見せてもらい、こちらもあれこれ質問したりして目の保養をさせてもらった。
中でも面白かったのが、主に象牙で作られた帯留の数々。
瓢箪、龍、蜘蛛、兎、蝸牛。
これはこういう時にいいですよね~、こんな季節にいいですね~と、スタッフとお客(?)という立場を越えて、お着物好き同士の会話を楽しんでしまった。
驚いたのは、一見ただの楕円形でしかない帯留の裏にあった兎の彫り。
小さな赤い目が可愛い。
でもこれって…帯締めを解かないと見せられない訳で…どうするんでしょ?
自分ひとりでニヤニヤと楽しむ?それとも…(以下自粛)。

キモノネツ、また上がってしまいそう。

|

« キャナリー製靴が… | トップページ | 久々に東京ディズニーシー »

着物」カテゴリの記事

コメント

LUMちゃん、着物好きなの~~~!?

今度コンサートに着てきて!!

投稿: shoko | 2007.01.29 20:55

shokoちゃん>
うんうん、好きだよ~。
一時はしょっちゅう着てたんで、トレードマークになってました。
ジャズのライブだと結構着ていくけど、浜田さんのは両手挙げたりするし、無理かなぁ。
オフ会とかだと着ていくこともあるけどね。

投稿: LUM | 2007.01.29 23:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/13685349

この記事へのトラックバック一覧です: 石田節子プロデュース 和ごころをまとうお披露目展:

« キャナリー製靴が… | トップページ | 久々に東京ディズニーシー »