« 2006年1月29日 - 2006年2月4日 | トップページ | 2006年2月12日 - 2006年2月18日 »

2006年2月5日 - 2006年2月11日の6件の記事

2006.02.11

中村屋!

私がネット生活を始めた頃からずっと愛読している、OL美食特捜隊というメルマガの最新号を読んだ。すると、いつもの美味しいお店情報の前に、「中村屋」というのが笑えるサイトとして紹介されていた。歌舞伎ファンとしては気になるネーミングだし、とりあえず貼られていたリンクをぽちり・・・。

タイトルが表示され、スタートさせるとフラッシュムービーの開始。
新郎の父親の友人の結婚披露宴でスピーチするという内容なのだけど、この方が歌舞伎俳優だという設定だ。
そもそも「華右衛門」というテロップながら「ハナザエモン」と言っていたり、大向こうさんの掛け声のことを「合いの手」と言っていたりとツッコミどころは満載だし、しゃべりも歌舞伎俳優っていうよりも落語家って感じだけど、まぁ、面白いしかなり笑えるからいいかって感じ。

かーなり人気のサイトみたいだし、知ってる方も多いかもしれないけど、まだの方は是非一度。
あ。音声も聞けるようにしてからの方が楽しめるよん♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.09

H.M.S. SERAPIS

この前オープンした岩盤浴のお店に、今日は妹と行ってみた。
いつも行っているという別のお店との違いを聞きながら、前回以上に汗だく。

終ってからは、近くに見付けたハワイアンな雰囲気のお店へ。
ハワイアンキルトが飾られた店内を眺めながら、ハワイのビールで乾杯し、自家製ピクルスやロコモコプレート、パスタ、サラダで夕食。
p506ic0023462243.jpg
久々に食べたロコモコ、美味しかった〜♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.02.05

2/4の着物

とってもお洒落なレストラン、そしてバーでのライブだったので、着物も久々に絹物。
帯も半幅ながら、ちゃんと帯締め&帯留、帯揚げを使ってみました。

2006020411

すっごく寒かったので、私は長手袋、ストール、コート、フェルトの爪皮という完全防寒で出かけたのですが、ところが普段からマフラーも手袋もしないののさんがものすごーく寒がって、帰りは早足!
そもそもコンパスも違うので小走りでいたら、途中から汗かいちゃいました(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2/4 Gypsy Jazz Night@聞弦

前回大好評だった、聞弦でのジプシージャズ・ライブが再び企画されたので、食事やら着物やらいろんなついでを楽しみながらお出かけ。
お店の前には、気合の入った看板が出されていた。

2006020408

アコーディオンの坂本光世さんを中心に、ギターの若柳吉三郎さん、バイオリンの西田けんたろうさん、コントラバスの磯部英喜さんと、前回と同じメンバーでの演奏。

いつもユニークな発言で和ませてくれる若柳さんは、私の足元にフェルトの爪皮を見るなり
”あれ?スリッパ履いてる~!?”
と、相変わらずの天然ボ・・・いえ、今回はわかっていての冗談だとのこと。
ホントかなぁ?何しろ以前、大江戸ジプシーズの相方であるスパイダーTETSUさんに
”(今日は洋服だけど)いつもは着物なんだよ~。”
と私を紹介されて
”えぇっ!いつもはケモノなのーー!?”
と仰ったのをはじめとして、前科の多い方なのだ(笑)。

ライブは前回と同じように、和やかな笑いとレベルの高い演奏でオトナ~な楽しい時間が進んでいく。
相変わらずいじられキャラの西田さんと、彼をいじりまくる(?)坂本さんは、まるで姉弟のようだ。

2006020409

二人が作り出すおふらんすなムードを、若柳さんのギターと磯部さんのコントラバスがガッチリ支え、ミュゼットやジャズの名曲の数々に今回も大満足の夜となった。

2006020410

前回に引き続き、今回もののさんがジャン研代表の解説員(?)としてご指名を受け、隣にいらしていたkabutoさんと譲り合いつつ結局若柳さんが弾いていたOホールについてちょこっと解説。
まだまだ一般的には知られていない類のギターだし、短いながらもこのコーナーって好評だったりして。
となると、次回もまた解説コーナーがあるのかも???

それはともかく、次回ライブも♪と今から楽しみだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムッシュヨースケ

前回聞弦でのライブに行った時、すぐ隣がよく雑誌などで見かける「ムッシュヨースケ」というレストランだったので驚いた。聞弦は食事も美味しいお店だけど、せっかくなので今回はお隣で食事をしてから行くことにした。

人気店ではあったけど、6時の開店と同時に行ったらまだ2番目のお客だった。7時頃には予約客も含めてかなり混み合ってきたので、その頃に行く場合には当日でも予約を入れた方がいいかもしれない。

シェフのお父様の作品だと言う看板やメニューその他の素敵なインテリアを眺めつつ、何をオーダーするかわくわくした。何を聞いても詳しい答えが返ってくる優秀でにこやかなスタッフに相談しつつ、あれやこれやとオーダーした。

ワインも充実していそうだったけど、アルコールはライブでと思い、この日は二人ともソフトドリンク。聞こえてきたところによると、オススメのシャンパンがあったらしい。ワイン用のかなりしっかりした冷蔵庫もあって、こちらも楽しめそう。

まずはたらばがにとえのき茸のキッシュと海の幸のサラダのオードブル2品。
それぞれ中身のしっかりした内容で、期待以上の美味しさ。キッシュは2切れ単位でのオーダーなので、二人でシェアしたい時はちょうどいいかも。偶然私たちが行く直前にお店に行った同僚の話によると、このキッシュはコースにも組み込まれているそうだし、自信作なのじゃないかな。

2006020401 2006020402

そしておすすめだと言うかぶのポタージュがどーしても気になって、追加オーダー。
今が旬真っ只中の冬野菜であるかぶがとろりとスープに変身していて、おーいしぃ~!

2006020403

続いてお目当てのカレーは、チキンカレーとベジタブルカレー。それぞれカレーがなくっても充分”丼物”としてイケるんじゃないかというような具がご飯の上にたっくさん載っていて、それだけでも満足できる内容。チキンも野菜もすごく美しく、そしてもちろん美味しかった。そこに更に欧風のカレーをかけると、それはもう~♪

2006020404 2006020405

次々と感動しながらお料理をたいらげ、お腹イッパイ~と言いながら、壁のデザートメニューを見つめる私。
それを目ざとく見つけたスタッフが、早速デザートメニューを持ってきてくれた。
優秀なスタッフで、お店はさぞ・・・(笑)。

またまたそのスタッフと相談し、私は新メニューのショコラパルフェ、デザートなんか~と言っていたののさんも黒ゴマのアイスクリームをオーダー。
2006020407 2006020406

アイスクリームのようなムースのような~と言われたパルフェは、確かに不思議な食感。上に載せられたオレンジピールの酸味がよく利いていて、ひと口ごとにニッコリしてしまう味だった。
ところが後で知ったのだけど、こちらのデザートとして超有名なのはクレームキャラメルなのだそうだ。
それは・・・是非また食べに行かないと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/2 北床宗太郎&龍虎他

ニグロッツのライブの時にsotaクンに話したのだけど、毎月月初は忙しく、当日は案の定残業。早めに切り上げて途中からでも行こうかと思ったけど、調布だし、行ったことないお店だし、ひとりだし~ということで、無理しないつもりでいた。
sotaクンは

”LUMさんが来るんだったら、来るまで演ってますよ!”

なーんて言ってくれてたのだけど。

ところが夕方になって絶対深夜帰宅に違いないと思っていたののさんから、ライブに行くというメールが来た。
そうなると、私も~~!ということになって残業した後で不慣れな京王線に乗って、暗い夜道を少し迷いながらお店に向かう。

残業中にネットで確認したお店の地図を思い出し、考えていたルートからは外れてしまったものの1部最後の曲の演奏中に何とか到着。2部の開始に間に合うかどうかと思っていたので、上出来だ。

着いて早々オーダーしたスパゲティミートソースを食べ終わる頃、2部の始まり。
まるで全席が2階席のような不思議な造りの客席からステージを見下ろしつつ、初めて聴く曲やお馴染みの曲を聴いたことのないアレンジで楽しんだ。
20060202

聴きそこなった曲も含めて龍虎二人の新曲も何曲か披露され、その守備範囲の広さにあらためて驚く。
特に印象的だったのが、出来立ての阿部クンの新曲”SWING!!”。この手の明るい曲って、いろいろに表情が変えられるし、今後のライブでも楽しませてくれそうだ。

この日のリーダーであるsotaクンのMCは、まったりと落ち着いていて中々いい感じ。
龍虎とのコラボも久々に私は聴いたのだけど、みんなものすごく楽しそうだ。
この3人にパーカッションとアコーディオンという編成だったけど、もう少しこなれていけば結構面白いユニットになるかもしれない。
お店の場所も覚えたことだし、次も楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月29日 - 2006年2月4日 | トップページ | 2006年2月12日 - 2006年2月18日 »