« 2006年12月17日 - 2006年12月23日 | トップページ | 2006年12月31日 - 2007年1月6日 »

2006年12月24日 - 2006年12月30日の10件の記事

2006.12.30

年越しそば

今年は大晦日には年越しそばを食べる時がなさそうだということで、一日早く年越しそばにした。
2006123003
先日カットに行った時にスタッフにお勧めされた、琥珀エビスも飲んでみた。

テレビでは、何故か一日早い放送になったレコード大賞。
何だか、一日早く大晦日が来たみたいだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しずおかおでん缶

夕食の時、少し前に静岡の友人からもらって大事に取ってあった「しずおかおでん缶」をようやく開けた。
2006123002

何やら妙に盛り上がりを見せているしぞーかおでんだけど、缶入りも私が知っているだけで2種類出ているらしい。
近所のお店でも見かけるようになって、ますます人気。
地元の人は、そんなもんなんで今更?って感じなんだけど、郷土の味があちこちで楽しめるのはいいのかも。

ちなみにウチの実家では母が浅草出身なので、しぞーかおでんは駄菓子屋さんでの味。
え?駄菓子屋さんでおでんって、ヘン?
でもそれが、しぞーかおでんの特徴でもあるらしい。
東京でもあちこちで食べられるようになってきているようだし、近々そういうお店にも行ってみたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お正月飾り

ギリギリまで仕事して、その後更に遊んで、お正月の支度は本当に簡単に済ませてしまった。
でもこれだけはねとののさんにお願いし(一家の主ですから♪)、用意してあったお正月飾りを玄関に付けてもらった。

2006123001

去年は「笑門福来」と書いてあるのにしたのだけど、今年はひと目見てこれが気に入って買ってきた。
招き猫クンが、いっぱい福をもたらしてくれるといいな。

ところが。
近所のお飾りを見てきたののさんが
「あっちの家のんは、エレガントやったでー。」
と言う。
どんなんだろうと見に行ったら、なーんとカトレア付き!
うわぁ、どーも「笑い」に走る我が家(私?)とは発想が違うなぁ(笑)。

でもいいや。
ウチは来年も、福と笑顔がいっぱいある年であるようにと願っていよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.29

綾戸智絵@六本木STB

前々から行きたかった、綾戸智絵さんのライブにようやく行った。
どうせ行くなら中村さんが一緒の時、それもSTBがいいというちょっと難しい希望だったのだけど、何とかチケットも取れて初綾戸ライブである。
2006122804
実は、綾戸さんのSTBライブは前にも行こうとしてチケットが取れなかったことがあり、まさに念願のライブだった。

一日2ステージで、取れたのは遅い方の回。
指定された時間に整理券を受け取り、更に並んで番号順に入場する。
前にも行ったことはあったけど、とにかく人数も多いだけに整理券を受け取るだけ、入場するだけでもかなり時間がかかった。
2006122803
お店の前にいると、最初の回を終えたお客さん達が口々に「面白かった」「良かった」とニコニコしながら出てくる。
ジャズシンガーのライブの感想で「面白かった」なんて言われるのは、綾戸さんだけだろうなぁ(笑)。

開演1時間前に入場し、入る時に席の希望を聞かれる。
やはりここは観やすい席をと1階中央のテーブル席をお願いしたら、運良く後方の一段高くなった席の前の方に案内された。
隣りはファン仲間といった感じの4人組で、開演前から綾戸さんの話をしながら飲んだり食べたり賑やかだった。

洒落た食事や飲み物を堪能していると、いよいよ開演。
綾戸さんが
「うはぁ~、皆さん、いぃですねぇ。どんどん食べて飲んで下さいね。」
「あ、そこの人!顔がワインと同じ色になってますよ。飲みすぎたらあきませんよ~」
などと早速笑わせる。

しばらくピアノの弾き語りがあった後、いよいよバンドのメンバーが登場。
一番端にいたギターの男性は…おぉ♪宮野弘紀さんだー!
綾戸さんとよくご一緒されているのでもしかしたらとは思っていたのだけど、顔を見て思わずにこにこしてしまった。
以前、D!Maxのライブに出かけた時にもギターをされていて、ののさんも好きなギタリストなだけに、ラッキーだった。
この日も「さざなみ奏法」が、炸裂だ。

ギター、ピアノ、ベース、パーカッション、ヴァイオリンという編成のバンドをバックに、綾戸さんがいつもの楽しいトークを挟みながらポップスやジャズや、よく知られた曲たちを綾戸テイストで歌っていく。
本当に歌が好きで好きで、歌っていてすごーく幸せだということがひしひしと伝わってくるようなライブだった。

途中、中村さんとのデュオコーナーもあった。
これはリハーサルをたまたま観る機会があったので、本番を観たいと楽しみにしていた。
もっと言えば、たまたまリハーサルを観たからこそ、本番を観たい気持ちが強くなったとも言える。
出会ってから14年になるという二人の息が合った演奏は、お互いがどんな世界を作り出したいかを瞬時に聴き分けられるほど。
綾戸さんの舌もより滑らかになって、
♪マコ、甘えてばかりでゴメンね~♪
などと歌ってみたりした。

この日は中村さんの奥様もいらしていたそうで、楽屋から二人の会話が聞こえていたそうだ。
「今日は、嫁はん来とんねんなぁ。良かったなぁ。・・・関西の人やねんな?」
「え?…いや、こっちの人…。」
「えー?そうやのん?バリバリ大阪弁しゃべっとったやん?」
「大阪弁て、感染るねん。」
この会話には、私もののさんも、くすくす笑いながら大きくうなずいてしまった。

さんざん会場を沸かせ、笑わせ、バラードではじっくり聴かせて盛り上がったステージの最後、客席にいらしていたひとりの女性を紹介した。
車椅子でいらしていた彼女は、故・夏目雅子さんのお母様だった。
早くに娘を亡くされたお母様の話をしながら、綾戸さんが言葉を詰まらせる場面も。
もちろんご自分の体験もあるからなのだろうけど、こういう人間らしい部分がたくさんあってこそ、味のある歌が歌えるのだろう。

歌もピアノもトークも素晴らしかったけれど、ぜーんぶひっくるめてエンターテイナーとしての彼女を観た、そんなライブ。
今年もライブにはたーくさん行ったけど、ライブ納めに相応しい充実した時間だった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

天下一品

夜、六本木でライブだったので、その前に軽く食事することにした。
そんなにオナカも空いてなかったので、先日ライブを観たばかりの夏木マリさんがプロデュースしているといううどん屋さんに向かう。
途中、坂道の名前についての説明を何気なく読んだら、「饂飩坂」とあったのでビックリ!
昔、うどん屋さんがあったのだそうだ。

ところが行ってみると、相変わらずの大賑わい。
外まで大勢人が並んでいるのでとっとと諦めて、どーしようと見渡して、目に付いた「天下一品」に行ってしまった。
京都で誕生し、近頃は東京でもますます店舗数を増やしている超有名店ながら、私は初めて。
勝手知ったるといった感じのののさんの手馴れた調子に引きずられつつ、へぇ~と店内を見渡した。

さーんざん迷って決めたオーダーは、豚キムチ定食♪
2006122802
京都風にあっさりラーメンかと思ったらそうでもなく、ご飯も美味しくってついついたくさん食べてしまった。

…あれ?あんまりオナカ空いてなかったんじゃ?(爆)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.28

竹とんぼでランチ

仕事納めの日。
待ちに待った青い封筒に対処すべく郵便局に行ったり、何かと忙しかったので外で慌しくランチした。

さてどこに行こうかと考えて、郵便局近くの秋田料理の居酒屋さんへ。
鶏そぼろのお弁当を、カウンターで大急ぎでパクつく。
2006122801

押し詰まっていたせいか、ランチタイムというのに店内はガラガラ。
徐々にかなりの常連さんらしいお客さんたちはやってきてはいたのだけど、数年前の大賑わいはどこへやらでちょっと驚いてしまった。

年明け早々に改装もするらしいので、それが終わったらまた行ってみようかな。
繁華街に次々オープンしている系列店も、ますます繁盛しているみたいだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.27

青い封筒、キター!!

そろそろ~と待っていた、FC先行予約の結果が届きました!

2006122805

FC先行予約はひとり一公演のみなので、東京公演がなかった2006秋ツアーでは温存し、2007春ツアーのNHKホール2日目に出していたのです。
東京は全国から人が集まるし、しかも土曜ということで大激戦だろうと思ってこの日にしてみたのだけど、取れて良かったぁ。

少なくともそれぞれのクールで一公演ずつは行きたいし、特に東京は地元なので是非行きたかった。
こう考えると、東京の人間ってかなりハンデあるよなぁ。
後は初日と横浜公演、できれば大阪や北海道にも遠征したいけど、どうなることやら。

考えたら、ホールツアーのチケットを自力GETってすんごい久し振り。
ホールツアー自体も2001の時に久々だったから、ことによると10年以上振りだったりして。
来年は、ますますLUCKY LUMかも♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

フレンチレストラン ポムダダン

すっかりオナカも満足し、お茶でもしようということになった。

それなら!と妹が張り切って連れて行ってくれたのは、少し前にリニューアルオープンしてすごくお洒落になった丸の内ホテル
2006122704

既にお正月の飾りがされたロビーを通り抜け、階段を上がってレストランへ。
フレンチのコースもあるけれど、お茶だけもOKというお店とのこと。
2006122703
静かなピアノの調べが流れ、デート中のカップルが食事をする姿もちらほら。
ピアノの演奏が時折♪Happy Birthday~♪となる時もあって、店内から拍手が聞こえてきたりもした。

座る位置によっては自分のオフィスが見えるのだそうで、会社の人たちと来るとちょっとした騒ぎになるのだそう。
こーんなお洒落なところに会社の人たちとくるシチュエーションって、ウチの会社では有り得ないなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vin de Vie

久々に、妹と二人で食事。
彼女の会社に近い東京駅近辺のお店でということになり、後をついて行く。
お洒落なお店も多く、どこも満席で中々決まらない中ようやく空席を見つけた1軒に落ち着いた。

わいわいと飲む感じのワインバーで、軽く飲んで食べてというところ。
早速スパークリングワインと自家製のピクルスをオーダーし、あれやこれやとおしゃべり。
2006122701
ちょっと酸っぱめのピクルスは、いろんな種類の野菜を使っていてとってもカラフル。

”ピクルスって、一度自分で作ってみたいって前から思ってるんだけどね~。”
と言うと、
”また言ってるぅ~。”
と笑われてしまった。

あれやこれやとオーダーし、結構お料理も美味しい。
”いつも2軒目で来るお店なんだけど、これなら1軒目でもいいかなぁ。”
と、妹。
以外に店内が広く、奥にはいくつかの個室で会社の忘年会が開かれていた。

今年も、あとわずかだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.24

BEL AMERのクリスマスケーキ

今年のクリスマスケーキは、迷った末にBEL AMERで買うことにした。
雑誌のクリスマスケーキ特集に載っていた、白いツリー型ケーキがすっごく可愛かったからだ。

でも結局お店に出ていたサンプルを見て検討した結果、”これがいいんじゃない?”とののさんが選んだ小さなチョコレートケーキを買うことに。
やっぱりチョコレートショップだし、おっきぃのじゃ二人で食べきれないしね。

そうして、イブに受け取ってきたケーキ。
20061224
かなりオトナ~な感じで素敵♪
チョコレートでコーティングされた表面は、まるで天の川のようにキラキラと輝いている。

小さいと思っていたら、すごーく質感があって濃厚。
1/4食べただけで、かなりの満足感があった。

そうそう。
この冬こそ、このお店のショコラショーも試してみたいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年12月17日 - 2006年12月23日 | トップページ | 2006年12月31日 - 2007年1月6日 »