« 2006年11月19日 - 2006年11月25日 | トップページ | 2006年12月3日 - 2006年12月9日 »

2006年11月26日 - 2006年12月2日の8件の記事

2006.12.02

12/2の着物

ノート・ノアールのライブは、”少し早めのクリスマス・パーティー”というのがテーマだった。

ってことで、クリスマス帯の登場♪
2006120306


…暗くてよくわかんないかも(滝汗)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノート・ノアール(ニグロッツ)@ブルドラ

何気に久々な、ニグロッツライブ。
ベースが楠井君になってから結構経つのだけど、彼はようやくのブルドラデビューだ。
しかも、お店に到着すると、itoさんが
”いやぁ~、店の雰囲気、変わったよねぇ~。”
などと店内を見回している。
”今頃何言ってんですかぁ~。”
とツッコミを入れたりしながら、いつも通りにライブが始まった。

とはいえ、今回はいつも通りではなかったことがいくつか。
まず、HPでの予告通り、この日からバンド名が”Swing Niglots”から”Note Noire”に変わった。
2006120201
ちぃとも知らなかったのだけど、”Niglots”というのは元々スペルが間違っていたそう。
参考にしたものがたまたま間違っていて、それをそのまま使ってしまい、それをジプシーの方々に指摘されてからずぅっと変えることを考えていたのだそうだ。

そして、バンド活動休止中のはずの元コントラバスの北島さん。
千葉合宿の大活躍以来、す~っかりヴォーカリストになっているのだけど、今回もゲストヴォーカルとして登場。
2006120202
ちょいとハデめなお衣装で、クリスマスソングを中心にノリノリ♪で歌いあげた。
甘く柔らかな歌声が、とっても素敵だ。

ライブの後は、恒例のセッション♪
ライブ前に初心者練習会を行ったkabutoさんとののさんも、もちろん参加。
2006120305_1
久々に北島さんのコントラバスも聴けて、拍手喝采。
大満足のクリスマスライブだった。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.01

お好み焼き・もんじゃ ぶんぶん

会社の後輩&元後輩たちと忘年会をしましょ~と盛り上がり、上野のお好み焼き屋さんに行った。

鉄板がずらりと並んだお座敷に上がり、ビニール袋に靴を入れて席に持ち込み、更に別のビニール袋には全員分のコートを入れてスタッフに預ける。
とにかく狭い中で隣同士ひしめき合ってなので、いろいろと準備はしないとという感じだ。

ジョッキのビールで乾杯し、壁にたーくさん書かれた中からあれやこれやとオーダー。
ま、とりあえず、明太子もんじゃは必須らしい(笑)。

第二クールはちょっと変わり系にも挑戦してみたりしつつ、ハートのもんじゃも作ってみたりして楽しむ。
20061201

飲んでしゃべって焼いて食べてまたしゃべって。
女だけの忘年会は、忙しい(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.26

上野動物園

本当に久し振りの上野動物園
美術館にも行ったことだし、今日はついでにちょこっとねーと言いつつ、一応順路通りにキジがいる鳥ゾーンから見始めた。
つい先日、
”キジって、今でも日本に野生でいるのかな~?”
なーんて言ってたら、偶然鳥取に住む友人が見かけた話を日記にUPしていて驚いたばかり。
こーんなのがウロウロしてたら…東京じゃ、即捕獲になっちゃうんだろうな(哀)。
でも、どこから入ってくるのか雀たちが結構入り込んでエサを失敬しちゃってる。
特に追い払うわけでもなく、悠然と構えている主たちも何だか素敵だ。

お次は、一時は見たい人たちが大行列を作っていたパンダ。
パンダ初来日当時、その大行列だけを見たことがある(笑)。
2006112606
今いるのはリンリン一頭だけだそうなのだけど、外に出ている時ばかりではないらしい。
寝そべってくつろいでるだけでみんなにわぁわぁ言われて、相変わらずの人気だ。
壁にはこれまでの上野動物園のパンダの歴史が書いてあり、リンリンに背を向けてついつい熟読してしまった。

その後、エサを食べるゾウやら、ウロウロと目の前を(もちろんガラス越し)歩きまわるトラやライオンやらを見て回る。北海道の旭山動物園に入園者数を抜かれるという都民にはショッキングな状態が続いているけど、それに触発されてか数年前に改装を終えた上野動物園、かーなり頑張ってる。

思ってた以上にすんごい感激しつつ園内をまわり、いよいよバードハウスへ。
実は上野動物園に来たのは、ここにいるハチドリを見るのが目的。
去年、ののさんがtorranceで見たという話を聞いたのがきっかけだ。
ただ、上野にいるハチドリは種類が違い、ののさんが見たのよりも3倍位大きかったそうで、世界一小さな鳥という印象ではなかった。
うーーん、torranceにいるちっちゃいハチドリが見たい…。

続いて、熊ゾーン。
ライオンたちと同じく、やはりウロウロしているホッキョクグマ。
2006112607

ツキノワグマはまだ子どもで、食事中も遊んでるみたいでカワイイ。
2006112608_1

それにしても上野の動物たちって、どうして昼間っからウロウロしてるんだろ?
他のお客さんも言ってたのだけど、ふつー動物園の動物たちって昼間は寝ていて動かなくってつまんなーいってことが多いのに。
楽しいけど…夜、寝ちゃってるのかな?平気なんかな???

でもまぁ面白いので、ちょこっとハチドリを~のつもりだったのだけど、西園にも行ってみることにした。
っていうか、単にモノレールに乗ってみたかったんだったりして(笑)。
このモノレール、本名を東京懸垂電車というらしい。
2006112609
何となくわかるけど、懸垂って…(笑)。

西園では、水鳥ゾーンが充実。
サイやカバもいるし、歌で有名なアイアイもいる。
食堂には、なんと中村屋のカレーがあったので食べてみた。
広いし、内容も充実してるし、すんごい堪能。

つい先日、動物園デートをしていた某役者さん新婚カップルについて
”子どももいないのに、どうして動物園になんか行ったんでしょうね?”
なーんて言ってたコメンテーターがいてビックリだったのだけど、一度行ってみたらいいのにね。

ところで、いろんな動物を観たのに、写真を撮ったのはクマさんばかり。
さすが、ジャン研くま部長&婦人部(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新鶯亭

上野動物園に行こうと思っていたので、すぐ前の「新鶯亭」に行った。
鶯団子と書かれたのれんをくぐるのも、久し振りだ。

時が止まってしまったような店内で、やはりここは、名物のお団子をいただく。
2006112604
上品な味の3種類のお団子を、子ども遊園地や外の緑を眺めながら分け合った。

これぞ”東京風”なおでんも一緒に。
2006112605
なるとの「の」の字に、ちょっとウケた(笑)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

上野大仏

ダリ回顧展を堪能した後、公園内をちょこっと散策。
清水観音堂をお参りし、小腹も空いたね~と、近頃人気のお店も覗いてみたのだけど、すんごい待つらしい。

まぁ、予想通りだったので、そりゃそうだよねぇとアッサリ諦め、更に歩くと上野大仏に登る階段があったので、行ってみた。
2006112603
話には聞いていたものの、実際見るとかなりの迫力。
元々は「大仏」なわけで、当然ながら上ぇ~の方にあるお顔が目の前にあるのだから。

小さな観音様たちもお参りして、何だかほんわかした気持ちになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダリ回顧展

ジャズフェスの抽選が終わって、まだ9時過ぎ。
こんな時間に週末外にいることなど有り得ないし、抽選会場に向かう途中で既に大行列ができているのを目撃したので、前々から行こうということになっていた、「ダリ回顧展」に行ってみた。
2006112602

もちろん、更に大行列。
少し前に「仏像展」に出かけた時は、お昼過ぎだったせいかもっともっと凄かったように思うので、まぁしゃーないよねーと、温かい朝マックをもぐもぐしながらのんびり開場を待った。

ダリ展へは、ののさんのリクエスト。
私は、学校の美術の時間にも出てきてたし、多少は見たことがあるだろうなーっていう程度だったのだけど、思っていた以上に見覚えのある絵がたくさんあって、ビックリしてしまった。
ただ、「アンダルシアの犬」っていう映画は、凡人な私にはやっぱりよく理解できない内容。
好きな方たちには、すんごい内容だーー!!って感じだったのだろうケド…。

でも、彼の生涯に関する展示もあり、突飛なイメージだった彼の本当の姿もちょこっと知ることもできて、全般的にはかなり満足できる内容だった。
長い間多くの人たちを魅了し続けている、彼の魅力のほんの一部分を知ることができた、いい機会だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やねせんジャズフェス'07開催日決定

今日は、久々に早起き。
7時に家を出て電車を乗り継ぎ、上野公園に向かった。
ちょっと早めに到着してしまい、かなり寒い中、ジョギングする人たちや不忍池のカモ達を眺めながら、集合時間を待つ。
2006112601

・・・誰も、来ない。
そして、寒い。
15分前になって不安になり、実行委員長に電話してみた。

”あのー、水上音楽堂の前にいるんですけどぉ…。”
”あぁ~、そこじゃなくてね、東京文化会館の前の~…。”

きゃー!やっちゃった!!
ののさんと二人、走って走って、”ホントの”集合場所に到着(笑)。
あぁ、暑い(爆)。
既に10人位の、ほぼ初対面な実行委員の方たちがいらしていた。
間もなく、Djangoのマスターも登場し、皆さんに紹介していただいた。

この日は、恒例となったやねせんジャズフェスティバルの会場を押さえるための抽選日。
昨年は、浜田さんのツアーと重なってたまたまトップバッターだった龍虎のみ参加、今年は、ベルギーのジャズフェス疲れによる体調不良で不参加という状態なのに、ナゼか実行委員にされたのだ(笑)。

抽選は、11人がやねせん関係者、その後数人が別の方、更に数人がやねせん関係者と続いていた。
夏の開催となると何十人も並ぶそうで、これだけ人数がいれば~ということだったのだけど、いざ抽選となったら、私もののさんも見事に(!?)ハズレてしまい、その後も次々とハズレが出る。
うっそぉ~!と騒いでいたら、最後の11人目に引いた副実行委員長氏が見事に当たりを引いて、拍手喝さい♪
たまたま電話中だった事務所の方に、
”静かにしてくださいねー!”
と、怒られてしまった…。

そんなこんなで、無事に来年のフェスは5月26日に決定♪
でも私、今年は行けるのかな?(滝汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月19日 - 2006年11月25日 | トップページ | 2006年12月3日 - 2006年12月9日 »