« 2006年8月6日 - 2006年8月12日 | トップページ | 2006年8月20日 - 2006年8月26日 »

2006年8月13日 - 2006年8月19日の13件の記事

2006.08.18

世界の山ちゃん

職場の元後輩のたっての希望で、「世界のやまちゃん」に行くことになった。
メールが来た時はなんだそれ?と思ったのだけど、なんとその日の帰りに本屋さんで「世界の山ちゃん伝説」なる本を発見!偶然ながら、その人気のものすごさを思い知らされてしまったのだった。

予約が取れたというメールを見ながら、ワクワクと現地へ。
少し早めに着いたので場所を確認しようとお店に向かうと、もんのすごい盛り上がった状態の(笑)看板発見!
2006081801
これなら誰も間違わない…(爆)。

ものすごーくお気に入りらしい元後輩がホームページその他での仕入れた情報を元に、あれもこれもと大騒ぎでオーダー。
やっぱり名物もんは外せないねーと、まずは幻の手羽先。
2006081802
他に、海老ふりゃ~だの、みそ串カツだのもいただく。
とりあえず、濃い!でも美味しい!

この日は元後輩による「ホッピー講座」も開かれ、ひとしきりレクチャーしてもらってホッピーデビューを果たした。
ずぅっとアルコール飲料だと思ってたので、かなり意外。
でも、ルートビアと何が違うのん???
2006081803
もちろんホッピーも、ビアジョッキも、山ちゃんのイラスト入り。
てってーしてる…。

シメはどうしようという話になったのであんかけスパをオススメしたら、その存在を知らなかったらしい元後輩はか~なり引き気味。
でも好奇心旺盛な彼女は、恐る恐るTRY。
するとかなり気に入った様子だったので、ヨコイのソースについても教えてあげた。

3日後、彼女からメールが来た。
どーしてもあんかけスパが食べたくなり、近くのスーパーに行ってヨコイのソースを探し出したのだそう。
しかもそれは、「お客様の強いご要望により」扱うことになったそうで(笑)。
ハマる人は、増殖中らしい(笑)。

そういやここって、台湾ラーメンはないのかなぁ。
あったらオーダーしたかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.17

GTB SUMMER FIESTA '06@TACT 

もしやしたらと早めにTACTに行ったら、案の定大行列。
うひゃーと思っていたら、列から離れた場所にタッキー鈴木クンを発見したので、すごいねーと言いつつ開場を待った。
15分ほど押してようやく中に入ると、小林クンがVIP席を確保してくれたとのこと。
ラッキー♪

それにしても、すごい人。
GTBのライブって結構何度も来てるけど、お店の前に行列ってのは初めて見た。
その原因の男性ボーカリスト氏の立ち位置前は、お目当ての女性ファンが席を確保していてそこだけ空気が違う感じ(汗)。
すぐ後ろにはオジサマの集団がいらしていて、ヤジなど飛ばして対照的。
それぞれにそれぞれの方法で盛り上がっており(笑)、いつものGTBのライブとは違う雰囲気だった。

今までドラマー氏製作だったオープニング映像は、今回は別の女性が作ったとのこと。
かなり凝った作りのキュートな映像で、それだけで「作品」って感じだ。
2006081701
最後にボーカルのCyuaちゃんがポージングのシルエットで登場し、ライブの始まり♪

私たちの世代にはめちゃくちゃ懐かしいオールディーズやポップスの曲は、若い世代には新鮮に感じられるらしい。いわゆるディスコでさんざんかかっていたのであろう’80年代のヒット曲をGTBなりに味付けし、次々と演奏されるライブの楽しさは相変わらず。
2006081704
Cyuaちゃんのファッショナブルなステージ衣装も、毎回楽しみのひとつ。
1stではチリチリボンバーなソバージュヘアに、白い帽子、メイクも衣装もキュートな’70年代風にしていてすっごく可愛かった。
彼女は少しだけウクレレも演奏したのだけど、これがまたすんごい可愛くって良かったー!
歌の実力はもちろん、華のあるボーカリストって、バンドにはすごく力になるなぁと思った。

それから特筆すべきは、イサカ氏のパーカッション!
相変わらず大所帯での演奏だったのだけど、小さな編成で聴く時よりもかなり映える感じで感動。
2006081710
特にすごい!と思ったのが、長く続く手拍子。
手拍子なんて誰でも~と思っていたのだけど、大きなマチガイだと思い知らされる”プロの演奏”だった。
あと、一緒に行ったy女史は、コーラスのフミちゃんの存在が良かったらしい。
確かにコーラスの有無で、厚みが全然違う。
ダンスパフォーマンスもできて、更に華やかさUPだった。

そういえば、恒例だったはずの小林クンのギターを中心にしたインスト曲がなくって残念だった。
すんごい曲数だし、そこそこソロもあって演奏自体は良かったと思うのだけど。
2006081711
いつもすんごい盛り上がるのに、歌も聴けなかったなー(笑)。

お客さんが多くて狭かったせいなのか、以前は総立ちでダンス大会状態になったライブもこの日は座ったまま。
元の常連さんがどの程度来ていたのかわからないけど、ちょっと物足りなかったかも。
ま、私はここで立ち上がって踊ったことないですけども(汗)。

なーんて言いつつ、次回もかなり楽しみ♪
かなりあれこれ活躍中のメンバーが増えてるし、このバンドでのデビューとかないのかしらん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.16

daisukeクンが女性誌に載った!

東京に帰ってきて、久々にあちこちのホームページをチェック。
daisukeクンのサイトを見ると、なんと、Rosalbaという女性誌に載ったという書き込みを発見!
慌てて本人に内容を確認し、雑誌を探して買ってきた。

ジャズ特集が掲載されていたのだけど、「ちょこっとだけですよー。」と言うのでたまたま出ていたジャズのお店でも紹介されていたのかと思いきや、あらららスゴイじゃん!
小沼ようすけさんなんかと一緒におすすめされてるじゃないのー!!

小沼さんの左隣に、daisukeクン。
ん?この並びはどこかで?と思ったら、そっかー、前にお茶の水のNARUで観たんだわ~と、ひとりニヤニヤ。

南青山のBody&Soulのサイトでもめちゃめちゃ褒めて紹介されてたし、いよいよdaisukeクンの時代到来かも!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無印良品の眼鏡

そろそろ変えたいな~と思っていた眼鏡が、ついに壊れた。
このところゆるくなっていたネジが外れ、どこかになくなってしまったのだ。
ののさんには、自分なら修理するけどなぁと言われたけど、近頃は安くてお洒落な眼鏡も多いことだしと、y女史も気になってると言っていた無印良品の眼鏡を買うことにした。

広い広い有楽町店の一角の眼鏡コーナーで、フレームを選んでカウンターへ。
各パーツをそれぞれ選べ、そのたくさんの組み合わせの中から自分だけのオリジナルフレームを作れるというのがウリのようだけど、基本的に家の中でしか使わないし、まー別にそこまで凝ることもないでしょうと、無難なデザインで、色だけちょっと冒険したオリーブグリーンのフレームにした。
2006081602_1

コンタクトをしていると言うと、その場で外すようにと言われ、商品の受け取りをしたりお会計をしたりしている他のお客さん達の隣で、出された小さな鏡を見ながら外すことに…。
検眼するまでにしばらく時間を置いてからでないとということで、それは丁寧でいいのだけど、それならコンタクトを外すコーナー位欲しいところ。

20分間物の輪郭しかわからないような状態で大量の商品の間をフラつき、戻って検眼。
長い眼鏡暦の中でもトップクラスの丁寧な検眼で、ちょっと感心した。
そこから再びコンタクトをして(今度はトイレでと言われた→だったらさっきもトイレで良かったのじゃ?)、1時間辺りをウロつく。

カウンターで今度はかけ具合の調整をして、合計で約1時間半。
やたら大きな眼鏡拭きが入った紙製のケースに入れられた、新しい眼鏡を手にして帰宅した。
最近ちょっとした眼鏡ブームなんだそうだし、もいっこ位欲しいかもかも。
ののさんも、そろそろ新しい眼鏡に変えた方が…(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山野楽器銀座本店

銀座の山野楽器に、浜田さんのコーナーができているというので行ってきました。
店内は撮影禁止だったので眺めまわしただけでしたが、Historyの紙ジャケ版があったので、いそいそとお買い上げ~♪

今回はなんだかキャンペーンも大々的で、山野の外看板もこーんな状態でした。
2006081601

コーナーがあるのは28日までだそうなので、もう1回行けるかな~。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006.08.14

カルニチン堂

今週いっぱい夏休みのののさんを残し、大阪からひとりで帰宅。
夕食は、妹とジンギスカンのお店に行った。

入ってすぐのところにあるロッカーに大きな荷物を入れ、2階に上がる。
席に案内されると、更にその椅子が物入れになっていて、バッグはそこへ。
もちろん紙エプロンも渡されて、ニオイ対策&油ハネ対策にはかなり気を使っている感じ。

ブームと言われて久しいジンギスカンだけど、実はお店で食べるのは初めて。
前に一度、仙台の芋煮会オフに参加した時に
「せっかくラムが来るから!」
と、北海道出身の人が生ラムを取り寄せてくれ、一緒にジンギスカンもしたことがあるだけだ。

スタッフに教えてもらいながら生ラムやら野菜やらを焼き、2種類のタレで食べる。
20060814
昔のイメージと違ってクセもなく、柔らかいラム肉はかなり美味しかった。

また行きたい♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲子園第二回戦

大阪最終日。
と言っても、今日は帰るだけだ。

この日は、我が母校が「甲子園に出たら一回戦では負けない」というジンクス通り初戦を突破し、甲子園での第二戦があった。
第二試合だったのだけど、お昼過ぎには駅に向かわねばならず、お昼前からテレビの前をそわそわウロウロ。

第一試合が長引き、予定より少し遅れて試合開始。
慌しくお昼ごはんを食べながら、初めて母校の甲子園での試合中継を少しだけ観た。
時折、アナウンサーの実況の向こうに懐かしい応援歌が聞こえてワクワク。

実は、「微笑みのエース」と言われたピッチャーは、中学の後輩でもあることが判明。
印象深い甲子園出場となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.13

空中庭園展望台

たくさんの浜田さんを見て大喜びの私と、友達に私を紹介しそこなってちょいとばかり凹み気味のののさん。
でもまだ時間も早いしと、どうしようかということになり、オープン当初から行ってみたいと思っていた空中庭園展望台に行くことにした。

とはいえ、高い所が苦手な私。
高層階に向かうシースルーエレベーターでさえ身を固くしていたのに、更にエスカレーターやら階段やらで上に上がって屋上の展望フロアへ。
確かに夜景はきれいだし、夜風は気持ちいいのだけど…コワイ!
足をガクガクさせながら、それでもあっちこっちと夜景を堪能した。

パンフレットによると、ここの眺望はは日本の夕陽百選に選ばれているのだそうだ。
次は、夕陽を見に来てみたい。
・・・でも、ちょっとコワイ(汗)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅田地下街の浜田さん柱

「花外楼」を出ると、ののさんが梅田に行こうと提案してくれた。

ちょうど大阪の滞在中に梅田駅の構内に浜田さんの大きな広告が出ることを知って、キャンプの帰りにでも行こうとすごく楽しみにしていたのだ。
でも、家まで車で送っていただいちゃって行けなかった。
疲れていたし、暑かったし…。
で、浜田さんより車で帰ることを選んだワタシ(汗)。
それだけ大阪の暑さは強烈だったのだよ~。

梅田行きは無理だなぁと諦めていたので、そりゃーもう大喜び♪
駅に着くと、ののさんに場所を伝えてワクワクしながら連れて行ってもらった。
駅の表示を見ながらついつい早歩きで行ってみると、長い階段にある大きな柱全てが、浜田さんのベストアルバムのポスター写真になってるー!
2006081303
すごーーい!!

実は広告として使われる柱は他にもあり、私はそちらをイメージしていたので、はるかに大きくて大感激!
通行人もいる中だったけど、早速写真を撮ったりして大喜び&大コーフン!

そんな私を横目に、なぜか携帯で誰かに電話をかけ始めたののさん。
電話が大嫌いで、普段電話をかけることってほとんどないような人なのでどうしたのかと思ったら、なーんとこの日、梅田で大学の同級会があったとのこと。
「まだどっかにおるやろから、一緒に来るんやで~。」
とニコニコしながら相手が出るのを待っている。

って、うっそー!聞いてないよーー!!と、突然のことに私は大慌て。
でも結局、仲の良かった人たちは参加していないことが判明。
やれやれ。
ののさんにしてみたら、ちょうどタイミングよく二人で梅田に来たし、友達に私を紹介するチャンスだと思ったのだろうけど、残念でした~。
でも、ののさんの隠された(?)過去が聞けたかもしれなかったし、私もちょっと残念だったかな(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本料理 花外楼

のの家御用達の和食屋さんで、お食事。
行ったのはデパートの中のお店だったのだけど、本店は歴史上の舞台としても使用されているすんごい老舗だそうだ。

以前大阪のじゃんごに初めて行った時、のの家にご挨拶に寄った。
行く前ののさんがここで両親と食事しようよなんてーことを言い出し、丁重にご辞退申し上げたことがある。
”そっかぁ?松茸、旨いで~。”
などとお気楽なことを言われたのだけど、まだ付き合い始めたばかりの頃だったし、そもそもその時はのの家に寄ることすら考えてなかったのだ。
でも後から考えると、ちょっと残念なことをしたかも~とも思ったりして(笑)。

で、この日はそれ以来のリベンジ(?)だった。
外で待っているお客さんたちの前を通り、店内奥の個室に通されると、ちょっとあらたまった感じになった。

いただいたのは、先付けから始まる懐石料理。
それぞれ数品から選べるという、和食では珍しいプリフィクス・スタイルだ。
2006081301
それぞれの盛り付けに、素材に、そして器に季節感があふれ、さすがと思える内容。
日本料理って、いいなぁと思った。

食事中に、「東京で、老舗の和食のお店といえばどこか」という話になったのだけど、これといったお店が全く思い浮かばず、愕然としてしまった。
もっと、食べ歩かないと(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WAGOKORO JAZZ

福ちゃんを迎えに来たお向かいのご主人とお話していたのの母が、一枚のCDを手に戻ってきた。
なんとそのご主人はジャズピアニストさんで、演奏のお仕事もされているのだそうな。
CDは、ジャズミュージシャン仲間のものだとのこと。
2006081902
ギターとバイオリンとで、日本の童謡をジャズアレンジで演奏しているらしい。

ののさんはギタリストを知っていると言っていたけど、私には覚えのない名前だった。
ところが、「よく見てみぃ~。」とジャケットを再度渡されたので、ギタリスト氏のプロフィールをよぉく見てビックリ!
なんと、AITギタートリオの筒井さんじゃないのー!
しげちゃんと共演している井上さんの名前は覚えているものの、いつもはグループ名でしか聞かないので他のメンバーの名前までは覚えていなかったのだ。

へー、世間は狭いもんだ。
・・・と、一緒に演奏しているバイオリニスト氏のプロフィールを見ていてまたビックリ!
なんとこの方、我らが大好物の山本佳史氏とも頻繁に活動されてるゆーまさんじゃないのー!
しかも、プロフィールには山本さんの名前まで出てる。

ちょっとちょっと、近頃世間がヤケに狭くなってきてやしませんかぁ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福太郎だワン♪

キャンプからのの家に帰ると、ドアの向こうでキャンキャンと元気な鳴き声がする。
”うわー、福ちゃんが来てるぅ!”
思わず笑顔になった。

ミニチュアダックスの福太郎クンはのの家のお向かいのお宅のペットで、お留守にする時に預かっているらしい。
すごく人なつっこくて、私が初めてのの家を訪れた時もこの福ちゃんのおかげで”間”がもった(汗)、いわば恩人、いや恩犬である。
2006081903
でもって、すんごい可愛い♪
飼い主でもなんでもないけれど、福ちゃんと会った後、同じ種類の犬を見る度に
”福ちゃんの方が可愛い!”
と思うようになった。

あっちこっちとくるくると走り回りながら愛嬌を振りまいていたが、夕方ご主人が迎えに来ると大喜びで帰って行った。
当たり前なんだけど、ちょっとジェラシー・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪キャンプ合宿

大阪の能勢というところにあるキャンプ場で、お好み焼き屋さん「じゃんご」のマスター企画の合宿。
結構古くからあるらしく、大阪の方には馴染み深い場所らしい。
クワガタがいるということでも有名だそうだ。
ちょうど夏休み中になるののさんが「参加するでー!クワガタ、クワガタ~♪」と張り切っていたので、私も前後に休暇を取って参加することに。

とにかく暑い大阪の街を抜け出して、クーラーのきいた車でキャンプ場へ。
緑の中にあるキャンプ場は、やっぱり都会よりは涼しかった。
でも、やっぱり暑い(笑)。

汗を拭き拭き食材の支度をし、火起こし中の男性陣を振り返ると、ののさんが必死で愛用の扇子で風を送っている。
2006081205
なんとウチワがなく、このヤワな扇子だけが火起こしの手立てなのだった。
それでも何とかみんなで協力して、夕食の準備完了。

既に出来上がってる人もいたり、あれは~?これは~?と飲んだり食べたりに忙しい人もいたり、夜勤明けで早々に寝に入る人もいたり(汗)、それぞれ自由に楽しんでいる。
そういうするうち、ギターを手にする人が出始めると、おぉっ♪という感じでジャム開始。
2006081206
とにかくこれが目的で集まったような方たちなので、ギターを交換し合ったりもしつつ、熱く演奏。
夜も更けてくると、さすがに風も涼しくなってきた。

ジャムの合間、ののさんは念願のクワガタを発見!
2006081207
メスだったんですが、バンガローを徘徊してたらしく…。
他にも、すぐ脇を流れる川に下りるところには「マムシ注意!」の看板はあるし、イノシシが出るという話もあったし、オオサンショウウオもいるということで、野趣満点。
いえ…見かけませんでしたけども(滝汗)。

本当に久し振りに、「夏休み」っていう感じを味わえました。
マスター、そして参加の皆様、どうもありがとうございました~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月6日 - 2006年8月12日 | トップページ | 2006年8月20日 - 2006年8月26日 »