« 2006年4月9日 - 2006年4月15日 | トップページ | 2006年4月23日 - 2006年4月29日 »

2006年4月16日 - 2006年4月22日の8件の記事

2006.04.20

キムカツ銀座店

少し前から銀座で食事しようと約束していた会社の後輩と、キムカツに行って来ました。
行列ができるほどの人気店だとウワサには聞くものの、なんとなーく行く機会を逃していたのでかなり楽しみに行ってみると、案の定30分待ちとのこと。
席が空いたら携帯に連絡をくれると言うので、近くのデパートをウロウロ。
この間に、なんと後輩はとっても使いやすそうなバッグと出会ってしまい、その場でお買い上げ~♪
「こういうのが欲しいんですよねぇ。」
と話していた直後だったので、まさに運命の出会いでした。

そうこうするうちにお店から電話が入り、早速キムカツに戻ってカウンター席に案内されました。
向かい合った形で作られたカウンターですが、半透明の仕切りがあるので全く気になりません。
その後輩とはいつも同じテーブルでお昼を食べているのですが、たまたま座ったのがいつもとは違う並び順だったので、何だか新鮮な感じに(笑)。

オーダー後、まず出てきたのがキャベツの千切り。
もはやトンカツには欠かせないパートナーですが、そうそう、この組み合わせを考えたのって、確か銀座の洋食屋さんでしたよね。
2006041901
一緒に出されたドレッシング、よ~くかき混ぜないとすぐ分離してしまうと言われたとおり、本当にちょっとのことでは分離したままです。
容器が面白くて、ハンドルをぐるぐる回すとかき混ぜることができます。
雑貨好きの後輩がすっかり気に入って
「これ、欲しいですぅ~~!」
と言いながら、ぐるぐる・・・(笑)。

メインのとんかつは、いろいろある中から3品選べるセットにし、プレーンとチーズと梅・しそにしました。
2006041902
脂肪分の少ない薄切りのお肉をミルフィーユ状に固めてある、このお店オリジナルのトンカツ。
ひと口でほろりと崩れるような想像以上の柔らかさには、ちょっとビックリです。
後輩は、美味しい~!を連発しながら堪能しています。

ご飯は、おひつで出てきました。
2006041903
実は最近ずっと土鍋でご飯を炊いているのですが、この後輩のお宅では昔から土鍋で炊いているとのことで、きろいろ教えてもらっています。
本当はこちらのお店みたいにおひつに入れてみたいところですが、帰りが遅いののさんのご飯がそれでは美味しくなくなってしまうので、炊いたらすぐに炊飯器に入れています。

こちらのトンカツ、柔らかさがウリな部分がありますが、あまりに柔らかすぎて食べ進むうちにいわゆる「ガッツリ食べたいトンカツ好き」にはちょっと物足りないかもなぁと思ってしまいました。
隣に男性二人組がいたのですが、今までとは違う食感に、ちょっと戸惑っていたようです。
もちろん、あくまでも女性を意識してのおしゃれなトンカツ屋さんとしては、かなり大成功な感じ。
行くなら女二人で、かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ながさき角煮まんじゅう

デパートの九州展に行ったら、角煮まんじゅうというのがあったので買ってきた。
少し前にハマって見ていたドラマで、主人公の親友が「ミス角煮まんじゅう」だったという設定があったので、なんとなく興味がわいてしまったのだ。

冷蔵庫から取り出し、レンジでチンしてほっかほかを食べた。
20060419
皮はふっかふか。
身のしっかりした角煮は、味付けもしっかり。
こういうの、お土産でいただいたら、その人のこと尊敬しそう。

ちなみにこの時のお目当ては実は違うものだったんだけど、初日に行ったら既に完売だった。
もう、九州に行くしかない?・・・(っていうか、通販で買えよ 笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.18

東京大学中央食堂

ついに、東大構内の学食に潜入。
ありすさんと、もう一人の後輩と三人で、赤門から中へ。
この前来た時にも桜がきれいだったけど、この日は八重桜が満開だった。
後輩二人は初めての東大とのことで、何だか大ハシャギ。

途中、東大のキャラクターグッズなどを売っている、妙にお洒落な売店にひっかかったりしつつ、東大のシンボル安田講堂を目指す。
っていうか、安田講堂前に中央食堂への入り口があるのだ。
2006041801

・・・って、地下なんですよね。
2006041802
なんだか怪しげな入り口・・・。

中はかなり広く、当然だけど東大生とおぼしき若者達で大賑わい。
メニューのサンプルケースを覗き込む「若者達」に混ざって、ぐるぐる廻りながらさーんざん迷うOL3人。
結局、みんな仲良く定食を選んだ。

とは言っても、定食だけでも数種類あり、量も選べたりする。
私は、「バランス」という定食。
栄養士さんがバランスを考えて作ったとかで、本来ならご飯の量を減らしたりできないのだそう。
できればご飯を減らして欲しいとお願いしたら、ご飯を減らした人にサービスされるフルーツ(この日は黄桃)までちゃーんと付けてくれました。
食堂のおばちゃん(と、あえて言ってしまうけど)、ありがとう~♪
2006041803
ハンバーグのトマトソース、すっぱさが手作りっぽくて美味しかったです。

後輩達の定食。
目ざとくデザートもオーダーしてるとこはさすが!
2006041804

2006041805

安くて美味しくって、栄養満点(多分)。
日本の将来を担う頭脳は、ここで形成されているのだ~。


食事を終えて帰ろうとしたら、出口のすぐそばに生協の売店を発見!
東大グッズがたくさんあったので、ついつい東大ゴーフルなんてもんをお土産で買ってしまった。
中身は、ゴーフルの王道上野風月堂の物。
ちなみに、パッケージ違いで京大にもあるらしい。
気になる・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.16

キャトル@東京駅

少し前に、キャトルが東京駅にお店を出しているのを発見していたので、ののさんをお見送りした「ついでに」ちょこっと寄ってみました。

あれこれ悩んだ末、シュークリームとさくらのムースを購入。
2006041606
2つも~?と思ったんですが・・・まぁ、1つというのも買いにくいしね?(笑)

買う時には気が付かなかったのですが、家に帰って開けてみて、このさくらのムースを食べるのは2度目だと気づきました。

最初は、ちょうど1年前の桜の季節。
その頃は結婚準備の真っ最中で、ウェディングケーキをオーダーできるお店を探していました。
基本のケーキに少しだけ私たちらしさを加えてくれて、もちろん美味しくて、それから会場まで運んでくれることが条件です。
ネットで評判を調べたりして2店舗を選び出したのですが、なんとそのうちの一軒だった「キャトル」が新居から歩いて行ける距離にあることがわかったのです。
早速、既に契約が済んでいたマンションに行った帰りに、二人で偵察(?)に行くことに。
マンションのすぐそばから続く桜の遊歩道を満開の桜を眺めながら歩き、お店でオーダーについてあれこれ質問した後、2階のカフェでいただいたのがこのさくらのムースでした。

数ヵ月後にオーダーしたケーキは、チョコレートで作られた音符を飾ってもらった特別ヴァージョン。
パーティーに来ていただいた方たちにも、美味しいと大好評でした。

さくらのムースは、その時のほんわかした幸せな気分を思い出させてくれるような、甘くて柔らかなケーキ。
ほんとは、ののさんと一緒に食べられたらもっと良かったのですけどねぇ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿児島 地鶏幕の内

ののさんの出張のお見送りで、東京駅に行きました。
なんたって直前まで日程が決まらなかった上に、直前までライブ(しかもプチ遠征)に出かけていたものだから、一緒に食事をする間もなく、駅弁持参で慌しく乗車して行きました。

それならと、私も一緒に駅弁を購入。
久しく駅弁って買わずにいたら、いろいろ工夫された魅力的なメニューがたくさんあって、悩む悩む!
選んだのは、株式会社マコトの「鹿児島 地鶏幕の内」
2006041605
かなりコダワリ系で、たかが駅弁と侮るなかれの本格的な味でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャオロジー@結

愛知のキャオさんのリーダーバンドであるキャオロジーが、初となる東京での単独ライブを行うとのことで行って来ました。
会場であるカフェ&ギャラリー「結」(紹介サイトをリンク)があるのは町田とのことでしたが、最寄の鶴川駅から更にバスで10分ほど。
ちょっとした旅気分も味わえる、お得な(?)ライブでありました。
2006041604
閑静な住宅街にある、とても素敵なカフェ。
内装にも天然木が多用されていて、近くにあったら通いたくなるようなお店でした。

去年暮れのブルドラでのライヴでも披露された、バーチャルボタンアコが今回も登場!
2006041602
今回は特にアコーディオン奏者が大勢見えていたようで、前回以上の大ウケぶり。
とにかく、客席の反応がものすごーくいいライヴでした。

単独ライブということで、メンバーの簡単なプロフィールや、グループ名を付けた時の経緯も聞けました。
「ガソリン充分(?)」ということで、キャオさんの舌も滑らか。もちろん、指先も滑らか♪
2006041603

キャオさんの演奏は、GWにも遠征して聴く予定。
今からワクワクです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すし屋 銀蔵 鶴川店

ライブ前にちょこっとランチをと思ったのだけど、二人とも鶴川駅は初めて。
移動中に携帯で検索したら、駅前にあるマルエツの中にマックがあることだけが判明。
・・・ってことは~とビクビクしながら辿り着くと、なーんだ案外いろいろありそうだ。

まだ新しい建物が並ぶ駅前をキョロキョロと探すと、ビルの上の方のフロアがレンストラン街になっているという表示を発見!
ところが行ってみると、まだオープンしているのは一軒だけで、しかも夜だけ営業の居酒屋さんだった・・・。

ちょいとメゲつつ「ドトールにするぅ?」などと言いながら更に進むと、大きな写真入のランチメニューを掲げたお店を発見!
見ると、すし屋銀蔵というまだ新しいお寿司屋さんで、お値段も手ごろ。
そこに入ることに決めて、階段を上がった。

中々洒落た作りの店内は、奥が座敷で手前はテーブル席。
週末のお昼時とあって家族連れが多いようで、奥からは子供の声が聞こえていた。

オーダーしたのは、ちらし寿司と天ぷら刺身定食。
2006041601
中々のボリューム(私はちらし寿司のご飯を食べ切れず 汗)ながら、両方とも1,000円でおつりがきた。
こういうお店が近所にあったら便利だろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

郵便局のATM

図書館に行こうと途中下車した駅の近くに美味しいパン屋さんがあるのを知って、そちらに向かって歩いていた。
途中、大きな100円ショップを見つけてふらふらと入ってしまい、いくつか買いたい物を見つけてレジで支払いを・・・と思ったらなんと!!お財布の中身が150円位しかなかった(滝汗)。
♪買い物しようと街まで 出かけたぁ~が
  財布を 忘れて 愉快ぃ~な・・・♪
って、サザエさんかよっ!などと自分にツッコミを入れつつ、買おうとした品物を残して(当然ですが)お店から脱走!慌てて近くの郵便局へ駆け込・・・。
そこはATMの稼働時間が短く、既に終了。
がぁーーん!!

銀行やコンビニでも引き出すことはできるけど、手数料も結構高いしなぁと考えて、結局その日は100円ショップの品物も美味しいパン屋さんも諦めることに。
図書館は無料で利用できるし、いつも行くスーパーではそこのカードで払ってしまうので、それだけならお金は一切かからない。
電車は定期券だし、とりあえずは何も困らないのだ。
でも家に帰ると早速PCに向かい、またこういう時もあろうかと郵便局のATMが検索できるサイトを携帯に登録しておいた。


翌日はずっと家で過ごし、翌々日は近所のATMでお金を引き出してから出かけることにした。
ところが!!!
何とこういう時に限って、ATMが故障中
がぁぁぁ~~~ん!!!!!

途中の駅で降りて他のATMで引き出そうと思ったのだけど、ののさんが仕方ないな~とお金を貸してくれたのでそのまま目的地へ向かう。途中、そうだと思いついて登録してあった郵便局のサイトにアクセスし、行き先の近くの郵便局のATMが稼動していることを確認した。
実はこの日の行き先は、キャオロジーライブが行われるカフェ。
初めての場所だったので出かける前にしっかり地図をチェックし、すぐそばに郵便局があることがわかっていたのだ。
到着してカフェを確認すると、そのまま急いで郵便局に行ってお金を引き出した。

考えてみると、最初に行ったのがパン屋さんだったら100円ショップのように商品を簡単に棚に戻すことはできなかっただろうし、そのことがなければ携帯に登録することもなかった。
そもそも、お金がお財布に入っていないことにも気づかなかったかもしれない。
ライブ会場のカフェのすぐそばに、その日稼動しているATMがあったのもかなりラッキーだった。
お金を引き出し忘れていたのは私の大きなミスだったけど、いろんなラッキーな偶然で何も困らず、ののさんのすばやいフォローも嬉しかった。

私ってやっぱり、LUCKY LUMだわ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月9日 - 2006年4月15日 | トップページ | 2006年4月23日 - 2006年4月29日 »