« 12/2の着物 | トップページ | Dole Juice Cafe »

2006.12.03

十一月大歌舞伎

”一度歌舞伎座で歌舞伎を観てみた~い”
というゆきのリクエストで、”お易い御用でぃ♪”と久々に歌舞伎座にお出かけ。
いぃお天気の中、明るい日差しを浴びつつ待ち合わせ場所で待つ。
2006120401

…来ない(汗)。
”せっかくだから、あちこちご案内するし、開演30分前にね~”
って約束だったのだけど、まぁいろいろあったようで(滝汗)。
何度かメールをやり取りした結果、どうやら時間もなさそうだったので、説明しながら一緒にと思っていたあれやこれやを一人でバタバタとこなし、開演ギリギリにようやくタクシーでご到着のゆきをお出迎えした。
事前に引き取って預かっていたチケットを渡し、席でパンフやらイヤホンガイドやら用意したものを渡すと、間もなく開演~。

■ 八重桐廓噺(やえぎりくるわばなし)
誰でも知ってる金太郎さんの、誕生秘話(?)を歌舞伎で表現。
いろんな形で登場する金太郎さんなんだけど、こーんな話は初めて聞いた。
結構よくやる演目だったようにも思うのに、多分私は初めて。
というのは、最近私が中々行けなくなってからやってるってことなのかしらん?
ぱぁっとハデな舞台面と、すっかり大人っぽくなった菊之助さんの堂々たる様子に満足だった。

終わって、30分の幕間。
本来ならここでお食事というところなのだけど、予約時間が開演ギリギリになってしまったことと、どうやらかなり大人数の団体さんがいたらしく、次の幕間の予約となってしまった。
ってことで、一階の売店を覗く。
お正月も近いとあって、可愛い飾り物がいろいろ。
ここに来ると、ついついついついお買物してしまう。

■ 忍夜恋曲者(しのびよるこいはくせもの)
金太郎さんの意外な(?)誕生秘話の次は、美しい妖怪変化。
歌舞伎って、○○実は○○ってーのが多いのだけど、こういう実は妖怪ってーのも結構ある。
美しさの中に怪しさがなくてはならないわけで、演じるのも難しいだろう。
でも観終わって感じたのは、なーんとなく一幕目のお芝居と作りが一緒な気が…。
最後の屋台崩しも、ちょーっと物足りなかった。

この幕が終わると、20分の幕間。
3階席から地下の食堂まで猛ダッシュ!
前は時々地下食堂で幕の内ってーのもしてたのだけど、そこそこのお値段なのと頻繁に行ってたので、かなり久々。
既に用意されているお弁当を、息もつかずに(汗)ぱくぱくいただく。
2006120403
元々30分でももったいないな~という内容なのに、こんなに必死で早食いしなくちゃならないなんてー。
お野菜の煮物が中心の上品な味で、すっごく美味しかっただけに残念。
デザートに干し柿のお菓子が二つ付いていたので、これはお持ち帰りにしてののさんへのお土産にした。

■ 芝浜革財布(しばはまのかわざいふ)
さて。今回のメインイベントのはじまりぃ~。
故桂三木助さんの落語でも有名な作品だけど、歌舞伎では菊五郎さんが当たり役。
何度か観ているけれど、他の役者さんのものは観たことがないほど。
飲んだくれのどーしよーもない亭主と、しっかり者のおかみさん。
ウソは嫌いだけど、こういうウソは、ウソも方便ってことになるんだろうなぁ。
アッサリ騙されちゃう亭主が、憎めない感じでいい。
江戸っ子歌舞伎のこういう役どころ、本当に菊五郎さんがぴったりだ。

■ 勢獅子(きおいじし)
最後の幕は、ちょこっとお芝居もありつつの舞踊。
前の幕に引き続き、江戸の風景が繰り広げられて気持ちがいい。
芸者姿の雀右衛門さんが、ちょっと元気なさそうだったのが気がかり。
高齢ながらいつも若く美しいしゃんとした方なだけに、ちょっと心配な気がした。
心配といえば、以前なら十二月は猿之助さん一門が総出演の月だった。
今月もお弟子さんたちが何人か出演されてはいたけれど、その後猿之助さんはどんな状態なのだろう。
その後報道も特にされていないと思うし、こちらもちょっと心配だ。


久々の歌舞伎座は、やっぱり魅力的。
来年は、もう少し行けるようにしたいなぁ。  

|

« 12/2の着物 | トップページ | Dole Juice Cafe »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

本当にお世話になりました。
サヨナラ東京イベント としては、最高の一日でございました。

お世話になったお返しに、来年の北海道遠征(勿論、省吾さん)の際は、色々とお世話させていただきますよぉ~♪
旭川のチケットをGETして、旭山動物園に行こうじゃないのぉ~♪@鬼が笑う来年の話で失礼!

投稿: ゆき。 | 2006.12.10 22:12

ゆき>
もっといろいろ説明したいとこもあったんだけど、それはまたの機会にということで。
いろーんな演目があるし、役者さんもいろいろなので、是非またご一緒しましょう。

旭山動物園、もうすっかり行く気なのでよろしく(笑)

投稿: LUM | 2006.12.11 00:49

楽しみぃ~♪@北海道遠征

そうそう、あれからずっと続いていた鼻血、どんどん量が増えたからとうとう耳鼻科に行ってきたよ。そうとう悪くなっていたらしく、薬がまた増えました。

いやぁ~ もっと前に見ていたら、きっとハマってたわ、歌舞伎!

投稿: ゆき。 | 2006.12.12 16:25

ゆき>
あらら、お大事にぃ~。
刺激物、アルコール、甘いもの、油分に、お気をつけあそばせ~。

投稿: LUM | 2006.12.12 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/12959587

この記事へのトラックバック一覧です: 十一月大歌舞伎:

« 12/2の着物 | トップページ | Dole Juice Cafe »