« 山本佳史&熊澤洋子@フリーテーション | トップページ | 大阪キャンプ合宿 »

2006.08.12

カレーライスの印度屋

お昼近くなって、ホテルをチェックアウト。
とりあえず何か食べようと、目に付いたカレー屋さんに入ってみた。
大阪まで来てカレー?とも思ったのだけど、既にかなり暑かったので、あんまりさ迷いたくなかったのだ(汗)。

奥に向かって伸びるカウンターの真ん中辺りに座ると、
「何しましょ~?」
と、人なつっこい顔のおばちゃんが覗き込む。
カウンターの中には似たようなおばちゃんがもう一人いて、他に青いターバンを巻いて何だかアヤシイけどどう見ても日本人だよねぇ?なマスターがいる(笑)。
そこでカウンターに貼り付けてあるメニューを見るが、種類がハンパじゃない。
とりあえず目に付いた「ビーフの一口カツカレー」なるものをオーダーし、じっくりメニューを観察する。

2006081201

どーでもいいけど、すんごいメニューの数。
牛すじのカレーがあるとこはさすがに大阪って感じだけど、親子カレーだの他人カレーだのがあったり、スタバかアイスクリーム屋さんかって位トッピングも豊富だ。

で、まぁまぁふつーな感じの一口かつカレーライスをいただく。
2006081203

すると後から来たお客さんが
「ビーフのダイナマイトね!」
などとオーダーしている。
え?ダイナマイト???
メニューをよっく見ると、辛さの加減が三段階あり、ダイナマイトは真ん中位らしい。
2006081202

なんか、楽しい。
お店は後から後からお客さんがやってきて、結構な賑わい。
そのメニューの豊富さとユニークさ、おばちゃん達の下町の定食屋さん系なあったかい応対で、ふつーに美味しいカレーのお店を魅力的にしている。
機会があったら、また行きたい。


|

« 山本佳史&熊澤洋子@フリーテーション | トップページ | 大阪キャンプ合宿 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/11703281

この記事へのトラックバック一覧です: カレーライスの印度屋:

« 山本佳史&熊澤洋子@フリーテーション | トップページ | 大阪キャンプ合宿 »