« ひまわりの種 | トップページ | 麺屋八の坊 »

2006.07.16

すし勘

三連休明けがお誕生日になるののさんのリクエストで、久々にお寿司屋さんへ。
何度か前を通りかかっては、その凛とした佇まいに気にはなりつつも「縁のないお店」と思っていたお店に行くことにした。
ネット検索していて、良さそう&案外お手ごろだという評判を目にしたからだ。
一応予約の電話を入れて、ドキドキしながら暖簾をくぐる。

ところが。
二枚目のお店の扉を開けた瞬間、満員のお客さんの大賑わいぶりにビックリ。
休日だったせいもあったようだけど、ゴルフ帰りのオジサマ達や、カップル、家族連れ、そのほとんどが常連さんらしく、お店のスタッフ達とも親しげに賑やかに話している。

カウンター中央に案内され、目の前にいた店長さんおすすめのおつまみを用意してもらいつつ、ビールをいただく。
周りの意外なほどの大騒ぎと初めてのお店での緊張もあって、ウッカリののさんのお誕生日祝いだということを忘れてしばらく飲んでしまった(汗)。

おつまみにいただいたのは、まず、そろそろ旬も終わりに近づいた鰹のお刺身。
2006071601
ツヤツヤで、見るからに美味しそう。
で、もちろん美味しかった。

お寿司はにぎり一人前をいただくことにして待っていると、いきなりきたのが中とろ。
2006071602
美味しいだけあっていいネタだったらしく、他のお客さんにも勧めていた。

他には甘エビ、イカ、ウニ、イクラ、そしてあなご。
2006071603
私はあなご、ののさんはウニが一番美味しかったという感想。

最後に鉄火巻きが出た後、宍道湖から取り寄せているというしじみのお椀。
デザートに黒ゴマアイスまで付いたにぎりは、一人前2,500円。
おきまりのメニューは、このにぎりとちらしだけだそうだ。
鰹の他にものすごく立派な茗荷をの天ぷらもいただいて、二人で1万円ほどだった。

もう少し静かでテンポ良く出されたらいいなぁとは思うけど、混みあっていたし仕方ないかも。
活気があって、客あしらいも素晴らしい。
つくづくお寿司って、エンターテイメントだよなぁと思った。
帰りに可愛いウチワもいただいちゃった。
2006071604
美味しかったし、また行っちゃおうかな。

|

« ひまわりの種 | トップページ | 麺屋八の坊 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/10998031

この記事へのトラックバック一覧です: すし勘:

« ひまわりの種 | トップページ | 麺屋八の坊 »